美容整形ならTOKYO ISEA CLINIC (東京イセアクリニック) - 銀座・渋谷- > ボディデザイン > 男性特有の悩み > ED(勃起不全) > EDの原因-血管や神経の障害

血管や神経の障害

  • ED(勃起不全)TOP

血管や神経の障害はEDの原因のひとつです

勃起は性的刺激が脳から神経に伝わり、陰茎海綿体の血管を拡げ、そこに血液が集まって起こります。 したがって血管を拡げる神経と血液を送る血管に障害があると、陰茎海綿体に十分な血液を送り込むことができず、勃起しない、または不完全な状態になります。 原因としては、糖尿病、高血圧などの生活習慣病にかかった場合や、手術で前立腺がんなどの摘出時に神経を痛めた場合、事故で脊髄に損傷を負った場合ED(勃起不全)のリスクは高くなります。

加齢

加齢に伴って、どうしても勃起機能は低下します。色々原因はありますが、肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症、心臓病などの生活習慣病は大きな原因と考えられています。
また、これらの生活習慣病の治療薬には、実は男性機能を低下させる副作用を持つものもあります。

神経の障害

勃起するために、重要な役割を担うのが神経です。性的刺激を受けると、脳が中枢神経、脊髄神経、末梢神経を介して、その信号を陰茎に伝えます。そこで初めて勃起するわけです。しかしいずれかの神経に異常があると、脳からの信号が陰茎まで伝わらず、勃起しないということになります。 脳出血、脳外傷脳腫瘍、アルツハイマー病、パーキンソン病などの疾患は、自律神経に障害を起こすため、EDの原因となります。

手術や外傷

前立腺がんや膀胱がんなどの骨盤内臓器を摘出する手術の際に、陰茎海面体の血管や神経を損傷してしまった場合、EDになることがあります。

※陰茎海綿体とは?
体内の会陰部から陰茎の先端まで続いており、陰茎の大半を構成しているのが海綿体です。
陰茎の内部には、左右1対の陰茎海綿体と、その下側にある尿道海綿体の、計3本の海綿体があります。尿道海綿体には中に尿道が通っています。陰茎の先端まで続いているのは尿道海綿体であり、これが亀頭を形成しています。
実は、以前までがんの手術の際には、再発を防ぐためできるだけ多くの部分を取り除くというのが常識でした。しかし、最近では勃起機能を残すために神経や血管をなるべく残す手術法をとっている医師がほとんどです。こういった手術を行う際には、手術前に医師と相談することが大切です。
また、骨盤骨折や脊椎損傷などの外傷が原因でEDになるケースも少なくありません。外傷の場合、症状によって違いはありますが、治癒する場合もあります。特に若い方の場合、ED治療薬の効果が高いと言われています。

その他

前立腺炎や精巣静脈瘤、前立腺肥大症などの泌尿器科系の疾患が原因でEDになるケースもあります。 また、血液透析を受けている方や慢性腎不全の方は、ホルモンバランスが変化したり、動脈硬化や神経障害が次第に進行しEDが起こりやすくなります。
そのほか、椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍などの疾患もEDの原因となることがあります。 何かしらの疾患をお持ちの方は、その疾患が原因の可能性が考えられるので、お気軽にご相談ください。専門医による無料カウンセリングをさせていただきます。

ED(勃起不全)治療について

ご予約・ご相談 Reservation&Consultation 受付時間内はお電話でのご予約・ご相談をおすすめします(全院共通)。時間帯によってはかかりづらい場合がありますので、WEBからのご予約・ご相談もご利用ください。

フリーダイヤル 受付時間11:00~20:00 0120-963-866

WEBからのご予約はじめてご来院の方のご予約診察券をお持ちの方のご予約

ご予約・ご相談について 未成年の方へ 各院アクセス

患者様に愛されるクリニックを目指して

東京イセアクリニックは、患者様に愛されるクリニックを目指して、マニュアルではない、ひとりひとりの患者様に合った最適な治療法とサービスを考えていきます。

診療ポリシー

美容外科手術は多くの不安を抱えてご予約される方がほとんど。だから、その一歩を踏み出してご来院いただいたすべての患者様が、これからの長い人生、自信を持って楽しめるよう、全力でサポートしていくことをお約束します。

詳細はこちら
保険診療について

東京イセアクリニックではわきが、眼瞼下垂、陥没乳頭、副乳、でべそなどの症状でお困りの患者様を対象に、美容外科医による保険診療手術を行っています。お悩みの方はぜひご予約・ご来院ください。

詳細はこちら
メディア掲載
掲載一覧
美容外科・美容皮膚科 東京イセアクリニックのメディア掲載実績のご紹介です。
取材のご依頼はフォームからお願いいたします。
ISEAの医療脱毛