TOKYO ISEA CLINIC (東京イセアクリニック) - 渋谷・銀座の美容外科 > ボディデザイン > 男性特有の悩み > 包茎手術 > カントン包茎

カントン包茎

  • 包茎手術TOP

カントン包茎とは

包皮の入口が狭くなっていて皮をむくと首がしめつけられたような状態になってしまう状態です。通常時に剥けて、勃起時に剥けない状態、勃起時に剥けるが、締め付けられている状態、通常時も勃起時も剥けない状態のことを指します。亀頭が普段露出している人でも性行為時によく同じ場所に炎症(切れる所)がある人もカントン包茎の場合が多いです。

カントン包茎のデメリット

無理をすれば亀頭の露出は可能だが、先端部分の包皮が狭く、締めつけられている状態です。
包皮が戻らなくなることもあり、締めつけが強いと腫れ・痛みが出て亀頭が血行不良に陥る場合もあります。
性交渉に支障をきたしますので治療をお勧めします。

亀頭が壊死してしまうことがある

強引に包皮を剥いて亀頭を露出させてしまうと包皮が戻らなくなったり、包皮が反転してしまい、その状態が続いたままにしておくと亀頭部分が鬱血(血液の流れが悪くなる)して壊死してしまう危険性があり、壊死してしまうと再生はほぼ不可能となってしまいます。

包皮が切れやすい(感染症を起こしやすい)

カントン包茎は包皮の開口部が狭いため、勃起時に包皮が切れやすい状態になっています。そのためその切れた場所から雑菌や細菌が入り込み感染症や性病の原因となることがあります。

カントン包茎の原因

カントン包茎の原因は包皮の開口部が狭い事です。 包皮口が狭い場合、亀頭を露出するとことにより、亀頭の付け根が締め付けられ、包皮への血行も悪くなり包皮が水ぶくれのようにはれあがります。

イセアの包茎手術について

ご予約・ご相談 Reservation&Consultation 受付時間内はお電話でのご予約・ご相談をおすすめします(全院共通)。時間帯によってはかかりづらい場合がありますので、WEBからのご予約・ご相談もご利用ください。

フリーダイヤル 受付時間11:00~20:00 0120-963-866

WEBからのご予約はじめてご来院の方のご予約診察券をお持ちの方のご予約

ご予約・ご相談について 未成年の方へ 各院アクセス

患者様に愛されるクリニックを目指して

東京イセアクリニックは、患者様に愛されるクリニックを目指して、マニュアルではない、ひとりひとりの患者様に合った最適な治療法とサービスを考えていきます。

診療ポリシー

美容外科手術は多くの不安を抱えてご予約される方がほとんど。だから、その一歩を踏み出してご来院いただいたすべての患者様が、これからの長い人生、自信を持って楽しめるよう、全力でサポートしていくことをお約束します。

詳細はこちら
保険診療について

東京イセアクリニックではわきが、眼瞼下垂、陥没乳頭、副乳、でべそなどの症状でお困りの患者様を対象に、美容外科医による保険診療手術を行っています。お悩みの方はぜひご予約・ご来院ください。

詳細はこちら
  • 症例写真の掲載について
  • 交通費・宿泊費補助について

メディア掲載
掲載一覧
美容外科・美容皮膚科 東京イセアクリニックのメディア掲載実績のご紹介です。
取材のご依頼はフォームからお願いいたします。
ISEAの医療脱毛