TOKYO ISEA CLINIC (東京イセアクリニック) - 渋谷・銀座の美容外科 > コンセプト > 保険診療について

保険診療について

東京イセアクリニック銀座院で保険診療を行っています

2011年7月の形成外科保険診療開始以前、多数の眼瞼下垂手術、腋臭(ワキガ)・多汗症手術,陥没乳頭手術などを美容外科として保険外で行ってきました。もちろん、保険の適用がある患者様には「保険対応の通常の形成外科であれば、保険で安くできますよ。」と術前カウンセリングにてお伝えしてきましたが、「症状を改善するだけでなく仕上がりをキレイにしてもらいたいから、イセアでお願いします。」と当院での手術を希望される患者様も多く、美容整形クリニックとして『仕上がりの美しさ』を重視した手術に取り組んできました。

保険診療の場合、手術でどんなに独自の技術や工夫を取り入れても、決められた点数でしかご請求できません。また、しっかりと診察と行ったうえでの診断として『保険適応外(症状が非常に軽度)』となった場合、自由診療の美容整形手術の扱いとなることをご説明すると「保険で出来ると書いてあったのに、高額な施術を勧められた!」と誤解を与えかねません。

このような理由から、当院では開院以来4年半、保険診療は行ってきませんでした。
しかし、患者様から「保険を使いたい。でもイセアで受けたい。」というご要望が大変多く、この度、銀座院限定ではありますが、形成外科領域の保険診療開始に踏み切りました。

保険診療においても、美容整形外科であるイセアのホスピタリティ重視の姿勢は変わりません。
お悩み、ご希望、どんなことでも、安心して医師に御相談ください。

メディア掲載
掲載一覧
美容外科・美容皮膚科 東京イセアクリニックのメディア掲載実績のご紹介です。
取材のご依頼はフォームからお願いいたします。
ISEAの医療脱毛