TOKYO ISEA CLINIC (東京イセアクリニック) - 渋谷・銀座の美容外科 > コンセプト > 安心のために > 全身麻酔適用の手術について

全身麻酔適用の手術について

もちろん、どんなに医師の技術レベルが高くても、注意をしても、ミスや事故の可能性を0にすることはできません。しかし、医療機関にはできる限り事故やミスを避ける努力をする義務があるとイセアは考えます。

離島・僻地医療や緊急時の手術では、命のために、手術担当外科医が全身麻酔をかける場合もあるでしょう。しかし、美容外科手術はすべて予定手術ですから、手術をできる限り安全な環境で行うため、万全の準備を行うのはあたりまえのことです。

患者様のため、とは、何を最重要に考えることなのでしょうか。『低料金』や『便利さ』では他院に負けるかもしれません。それでも、私たちイセアスタッフには、料金や便利さより大切にしたいことがあります。

医療事故の多くは麻酔ミスが原因

患者様の意識のない状態での手術が必要な場合に行う全身麻酔は生命維持にかかわる器官に影響を及ぼす麻酔法。呼吸を遅くするため、呼吸をサポートするための装置(短時間の手術の場合には装置を使用せずに直接介助します)の管理が必要です。一人医師での全身麻酔手術が「片手間」で危険なのは明白です。

術前検査を徹底しています

既往歴、喫煙・飲酒の習慣、アレルギーなどの病歴、服用中の薬などの問診が手術中に使用する薬剤の選択をするうえで重要なように、血液検査、胸部レントゲン、心電図といった術前検査は生命維持にかかわる臓器(器官)が十分に機能しているかを見極めるために行っています。

麻酔担当医は経験豊富な医師が担当します

いくら医師2名体制で手術を行っても、緊急事態が発生した場合、その事態を正確に把握し、その危険度の判断と的確な処置を行う能力をもった医師が麻酔管理をしなければ意味をなさないと考え、必ず経験豊富な医師が担当します。

メディア掲載
掲載一覧
美容外科・美容皮膚科 東京イセアクリニックのメディア掲載実績のご紹介です。
取材のご依頼はフォームからお願いいたします。
ISEAの医療脱毛