TOKYO ISEA CLINIC (東京イセアクリニック) - 渋谷・銀座の美容外科 > コンセプト > 安心のために > 医療機器メーカーとの共同研究

医療機器メーカーとの共同研究

美容医療で使用する機器の大半はアメリカや欧州製。白人の肌質に合わせて開発されているため、そのまま使用すると日本人(東洋人)の肌質には合わず、火傷や色素沈着のリスクなどが高まります。
イセアでは導入前にしっかりとその機器の特性を把握し、照射出力や照射方法の検討を重ねてから施術を提供するための独自勉強会を行うことで、「きちんと実感できる施術」を行っていますが、美容医療業界全体での医療機器操作ミスによる「事故リスク」「効果のない施術」の回避には至りません。

日本人の肌質にあった施術をするために

米国ルミナス社との共同研究を実施しています。

イセア×ルミナス

ライトシェア・デュエットでの国内最多脱毛症例数クリニックとして、米国ルミナス社と東洋人における最適な脱毛法の共同研究を実施しています。この研究を皮切りに、患者様にとってベストなスキンケア治療のための研究にもイセアは今後取り組んでいきます。

メディア掲載
掲載一覧
美容外科・美容皮膚科 東京イセアクリニックのメディア掲載実績のご紹介です。
取材のご依頼はフォームからお願いいたします。