適度な筋トレでむくみを撃退!ダイエットにもなって足痩せ実現!?

毎日のデスクワーク、夕方になると足がパンパン・・・足ツボを押してみたり、マッサージをしてみたりと足のむくみに悩まされたことのある人は多いのではないでしょうか。むくみは見た目にも悪く、ダイエットしている人にとっては大敵ですよね。中には足痩せを目指して懸命にむくみ対策をしている!という人もいるかもしれません。今回はそんな“むくみ”について詳しく知り、女性らしいほっそり美脚を目指してみましょう!

pixta_18309695_M

「むくみ」はなぜ起こる?

人間の体重の約60%は水分です。体内の水分は血管やリンパ管、細胞と細胞の間(細胞間液)にあって通常身体の中ではその水分量は一定に保たれています。しかし何らかの原因でそのバランスが崩れた時、「むくみ」の症状が現れるのです。原因はいろいろとあり、重大な病気のサインということもありますが、一過性のむくみの原因として考えられるのは大きく以下の2つです。

原因その1:老廃物
通常、下半身の静脈やリンパの老廃物はふくらはぎの筋肉がポンプのような働きをして上半身へと押し上げてくれます。しかし筋肉が衰えると老廃物がきちんと排出されなくなり、管から漏れ出してむくみの原因になってしまいます。
原因その2:冷え性
手足だけ冷たく感じる冷え性は運動不足などによって下半身の筋肉がエネルギーを生まなくなり、血行不良になることがその原因です。血流が悪くなると皮膚の下に水分が溜まった状態になってしまい、むくみが生まれます。そしてむくみは筋肉を硬くしてしまうので血液循環が悪くなり、ますます冷え性が進んでしまうという悪循環に陥ってしまいます。

筋力アップでむくみ対策!そして、足痩せも!?

むくみの原因を見てみると、下半身の筋肉の働きが大きく関係していることがわかります。ポンプの役割を果たしてくれるふくらはぎの筋肉が弱いと老廃物が溜まりやすくなってしまいますし、筋肉量が少ないとどうしても代謝が低下し血行不良になってしまいます。一般に男性より女性の方がむくみやすいのも、女性は男性より筋肉量が少ないためです。下半身の筋肉を鍛えることは単にダイエット効果が期待できるだけでなく、むくみ予防にも繋がります。しかし気合を入れてトレーニング!となるとなかなか長続きも難しいでしょうから、まずはすき間時間にちょっとした筋トレを取り入れて、足痩せをしながらむくみ解消を目指してみてはいかがでしょうか。

・つま先立ちトレーニング
通勤電車内で、あるいは立ち仕事の合間に、カカトをちょっと上げてつま先立ちします。その状態を30秒キープし、休憩を挟んでまた同じ動作をします。1日のちょっとした時間に何セットか取り入れ、慣れてきたら片足ずつやってみましょう。
あるいは座った状態でカカトを上げるのもトレーニングになります。もし可能なら膝に手を置き、上半身の体重をかけるように意識します。
pixta_17612801_M

ながらトレーニングで手軽に

・バタバタ運動
これは夜寝る前、あるいは朝起きたときにベッドの上で寝ながらできるトレーニングです。仰向けに寝た状態で両足を天井に向かって上げ、バタバタとふくらはぎを揺するように動かします。足首の力を抜いてタプタプとふくらはぎを揺らすだけで筋肉に刺激が与えられます。
また、ふくらはぎだけでなく太ももの筋トレもむくみ対策としてオススメです。太ももは身体の中で最も大きい筋肉ですので、ここを鍛えることでエネルギー消費量アップも期待でき、ダイエットにも役立ちます。
・イスを使ったトレーニング
イスに浅く腰掛け、片方の脚を床と平行になるまで持ち上げ、その状態で30秒キープします。背筋はすっと伸ばし、息を止めないように意識することがポイントです。反対の足も同様に行います。
「筋トレ」と聞くと太く、たくましい筋肉を作るのではと想像する人もいるかもしれません。しかし脂肪を燃焼させるためにはある程度の筋肉が必要ですし、きゅっと引き締まったボディラインは女性を更に美しく見せてくれるのではないでしょうか。適度な筋トレで、女性らしい素敵な美脚を目指してみませんか。


ライター情報

Leave A Reply