部位によって違う!脂肪吸引の手術時間やケアを解説

脂肪吸引は、ダイエットやエクササイズでは落としにくい脂肪にも効果がありますので、多くの女性が注目しています。お腹や太ももなど様々な部位に対して吸引が可能ですが、それぞれ手術時間やケアに違いがありますので、正しい知識を得てトライしてみるといいでしょう。良いクリニックを選ぶことも大切です。
pixta_17143411_M

太ももの脂肪吸引

太ももは脂肪がつきやすいところですので、この部分の脂肪吸引をしたいと考えている人は多いでしょう。脂肪吸引以外の運動やダイエットでは落ちにくい部分ですので、脂肪吸引に対する期待が大きい部位でもあります。
脂肪吸引手術はカニューレと呼ばれる管を吸引したい部分に挿入する方法で行われます。手術時間は、どれだけ脂肪を吸引するかや最終的にどういった体型にしたいかによって変わりますが、おおむね2時間程度の場合が多いです。入院せずに日帰りで帰ることが可能なケースが多いのでその点もメリットでしょう。術後は圧迫固定と鎮痛剤で対応することになります。

お腹の脂肪吸引

お腹の脂肪吸引の場合は、他の場所に比べるとかなり大がかりな吸引になるケースがあります。そのため、事前の診断を通してしっかりリスク管理をしてもらって手術を受け、術後も適切なケアをすることが大切です。
どんな体型になりたいかによって吸引量や吸引場所がかわります。一気に吸引しすぎると皮膚のたるみが残ってしまうなどの後遺症が残りますので、技術水準の高く経験を積んだドクターがいるクリニックで手術してもらうといいでしょう。
手術時間も千差万別です。規模によっては40分から50分で終わる場合もありますが、場合によっては3時間かかるケースもあります。術後は筋肉痛のような痛みを感じるでしょうが、クリニックの指導に沿った術後対応を心がければ問題ないでしょう。
pixta_13107344_M

おしりの脂肪吸引

おしりの垂れや大きさを気にする女性は多いため、おしりの脂肪吸引は注目されています。ダイエット等の他の方法では脂肪を落としにくい部位でもありますので、脂肪吸引は効果的でしょう。
おしりの脂肪吸引手術の時間は、人によって多少の誤差はありますが、比較的短く平均40分程度で終了します。麻酔も局所麻酔や硬膜外麻酔での対応で済ますことができます。
おしりの脂肪吸引は、単に脂肪を吸引して小さくするだけでなく、術後のおしりの形の良さも求められます。また、上手くいかなければぼこぼこになってしまうなどリスクもありますので、経験豊富のドクターに手術してもらうことがポイントです。術後は痛みを感じますが、1週間程度で軽い運度はできるようになります。

二の腕やふくらはぎの脂肪吸引

お腹やおしり、太ももといった部位以外にも二の腕やふくらはぎは、脂肪がつくのが気になる部位でしょう。その部分も脂肪吸引手術を行うことができます。二の腕は加齢とともに脂肪が付きやすくなる部位ですし、ふくらはぎは脂肪をとることで美しい脚のラインを見せる効果が期待できます。
脂肪吸引手術にかかる時間は、二の腕が40分程度、ふくらはぎは40分から50分程度で終わることが多いですので、比較的軽い手術で済むはずです。
ともにダウンタイムは短いですが、術後適切な時期からマッサージを行うなどのケアをしっかり行うことがポイントです。クリニックの指導に沿ってケアするといいでしょう。

信頼できるクリニックを選ぶ

脂肪吸引は対象となる部位によって手術時間だけでなく注意点も違ってきます。体型改善しようとして結果的に後遺症が残ってしまうようでは後悔することになってしまいます。そのため、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。
信頼できるクリニック選びのポイントが3つあります。一つがドクターの質です。経験が豊富なドクターが揃っていることはもちろん、クリニックとして指導体制が行き届いていることも確認するといいでしょう。二つ目のポイントは、リスク管理体制が整っていることです。術前術後のケアによって脂肪吸引の成否が分かれます。三つ目は、各個人に合わせて手術方法を適切に選んでくれることです。特定の術式に固執するクリニックは避けた方がいいでしょう。


ライター情報

Leave A Reply