太ももの脂肪吸引で美脚を目指す!知っておきたい注意点!

太ももは身体の中でも脂肪がつきやすく落ちにくく、なかなかダイエットの効果が出にくい部位のため太ももの脂肪吸引に興味がある人は少なくないでしょう。脂肪吸引は確かに短期間で部分痩せができるダイエットの心強い味方ですが、太もものような大きい部位を施術する際にはいくつか注意点があります。

そのたるみ…要注意!

体内にある脂肪細胞は思春期までにその数が決まり、それ以降数が変わることはありません。しかし体内に無駄なエネルギーが蓄積されると脂肪細胞が大きくなり、それが肥満の原因になります。脂肪吸引はこの脂肪細胞を物理的に取り除き、その「数」を減らす手術ですので効果的に部分痩せが可能なのです。「急激に痩せるので皮膚がたるんでしまうのでは…」と不安になる人もいるかもしれませんが、脂肪吸引後の変化は急激なものではなく、想像以上にゆっくりと行われるのでたるみが出ることはあまりありません。しかし、無理なダイエットなどによって元々皮膚がたるんでいる人は思ったような効果が得られないケースもあります。その理由は術後の経過を考え、たるみを抑えるために吸引する脂肪の量を調節する必要があるためです。調節をせず通常の脂肪吸引をしてしまうとたるみが更にひどくなってしまい、脂肪は減っても見た目にあまり変化が出ないという事態にもなりかねません。細くなるためには脂肪を吸引しなければなりませんが、たるみを悪化させないための吸引量の限界値があり、見た目を美しく保ちながら痩せるためにはしっかり担当医と相談して、その兼ね合いを決める必要があります。

15_2太ももの脂肪吸引で美脚を目指す!知っておきたい注意点!

洋ナシ体型だと難しい!?

またお尻や太ももの肉付きが良く、下半身のサイズが気になるいわゆる“洋ナシ体型”の人も注意が必要です。女性は男性に比べ下半身に筋肉や脂肪が自然とつきやすく、特に日本人は遺伝的に洋ナシ体型になりやすいとも言われています。洋ナシ体型の原因はいろいろとありますが、大転子(だいてんし)と呼ばれる太ももの骨が外側に張り出していることによって下半身を大きく見せていることがあります。この場合、太もものでっぱりは脂肪のみでなく骨の成分にもその原因があるため、脂肪吸引をしてもなかなか理想通りにいかずにガッカリしてしまうこともあるかもしれません。もちろん大転子の周囲に脂肪がたくさんついているケースも多く、余分な脂肪を取り除くことでサイズダウンができますが、骨格が外側に向いてしまっているので、真っ直ぐなキレイな足になるのは難しい場合があります。

15_3太ももの脂肪吸引で美脚を目指す!知っておきたい注意点!

筋肉質の人も気をつけて

また太ももを太く見せている原因としては脂肪の他に筋肉も挙げられます。太ももにある大腿四頭筋という筋肉は人体の中で最も体積の大きい筋肉で、歩いたり走ったり、身体を動かす際によく使う筋肉です。太ももの部分痩せが難しい原因として、スクワットのような一般的なトレーニングの場合は、ここに刺激が与えられ太くたくましくなってしまうため、見た目のスッキリ感が得られにくいことが挙げられます。
筋肉がしっかりついている人の場合、脂肪吸引は当然ながら筋肉を吸引することはできないので細くするには限界があります。しかし余計な脂肪がなくなることで筋肉のシルエットがわかりやすくなり、引き締まって見える効果があります。同じ太さでも筋肉質の人とそうでない人の場合、取れる脂肪量に違いはありますが筋肉のおかげで引き締まって見えるため、見た目の変化がわかりやすいです。
脂肪吸引は短期間で確実に効果のあるシェイプアップ方法ですが、自分の体型や体質によってその効果には違いが出てきます。理想のボディを手に入れるためには事前に納得のいくまでしっかりと担当医と相談し、起こりうるリスクも考慮した上で選択することが重要ですね。


ライター情報

Leave A Reply