埋没毛の原因と処理法

  • 0120-963-866 11:00~20:00
  • ご予約・お問い合わせ

2017年2月1日

埋没毛の原因と処理法

埋没毛

 

埋没毛…と聞いて皆様は何のことだかわかりますか?

またその原因や処理方法はご存知でしょうか?

 

埋没毛とは字の如く、肌の中に毛が埋もれてしまっている状態のことです。

カミソリや毛抜き等の自己処理により、毛が出てくるはずの毛穴が傷付いて塞がっていたり、雑菌によってかさぶたが出来てしまったりして、表面に毛が出てくることができず埋没毛となってしまうのです。

 

そこで今回は自己処理で発生してしまう厄介な埋没毛について原因と処理方法を解説します。

埋没毛でお悩みの方、ご家庭で自己処理を行っている方は是非参考にしてみて下さい。

 

埋没毛とは?原因はなに?

 

埋没毛とは皮膚の中で毛が成長している状態のことです。カミソリやシェーバーで剃毛を試みたら剃れなかった!よく見たら毛が埋まっている!という経験がある方もいらっしゃるのでは?

この埋没毛は何故発生するのかというと、毛が出てくるはずの毛穴が傷付いて塞がっていたり、雑菌によってかさぶたが出来てしまったり、古い角質でふさがっていたりすると、表面に毛が出てくることができずに、毛が埋もれてしまうのです。

 

毛穴が傷つく…?と思うかもしれませんが、カミソリや毛抜きでの自己処理が毛穴を傷つける原因になっています。

ツルツルになる爽快感からブラジリアンワックスも人気ですが、こちらも毛抜きと同じ原理なので毛穴を傷つけている可能性があります。また脱色クリームや除毛クリームも毛のタンパク質を溶かすとともに肌表面のタンパク質も若干溶かしているため肌への影響があります。

他にも、剃って毛が尖っているため本来の毛穴ではなく別の場所から毛が皮膚に貫通して出来てしまう場合もあります。

 

自己処理を行う際は毛抜きで無理に抜いたり、カミソリの逆剃りは避けるようにしましょう。おすすめは電動シェーバーでの自己処理。電動シェーバーは肌に直接刃があたらないので比較的お肌に優しく自己処理をすることができます。

 

埋没毛が出来てしまった!どうしよう?

○埋没毛対処法1:放っておく

え!?放っておくの!?と思うかもしれませんが大丈夫。お肌のターンオーバーは大体28日周期で新しい表皮細胞が生まれ、古い角質は垢となって剥がれ落ちます。ですのでお肌が自然にターンオーバーする事を待つことで埋没毛が自然と肌表面に出てきます。

ですから気にならない部位であれば放置することをオススメします。

ただし、埋没毛が表面に出てきた際は抜いてはだめですよ!毛穴を傷つけない様、優しく自己処理をしましょう。

 

○埋没毛対処法2:スクラブでターンオーバーを促す

放っておくなんてできない!黒いポツポツが気になる…!という方にはスクラブがおすすめ。有名ボディケアショップが日本上陸したから購入した方も多いのでは?

ボディスクラブは塩や砂糖などの粒子を肌とこすり合わせる事で古い角質を取り除き、お肌を柔らかくするもの。やさしくこすることで肌のターンオーバーを促してくれます。

ただし、埋没毛が気になるからと言って毎日しようするのはNG。いくらお肌に優しい成分で、肌がスベスベになるからと言ってやりすぎると肌にダメージを与えてしまいます。

多くても週2~3回のペースで行いましょう。

 

○埋没毛対処法3:ピーリング

ピーリングにも3種類あり、酸性の薬剤を使って古い角質を溶かす『ケミカルピーリング』、工業用微小ダイヤモンドやマイクロクリスタルなどを使用して古い角質を剥がす『クリスタルピーリング』、レーザー光線をあてて古い角質を除去する『レーザーピーリング』があります。濃度によってはエステサロンなどでも行っていますが、より高い効果を求めるのであれば皮膚科をオススメ致します。

皮膚科のピーリングよりも効果は出にくいですが、ご自宅でピーリングをしたい場合は、AHA入りのピーリング石鹸などを試してみてください。こちらも過度の使用はお肌への負担になるので週2~3回を目安に行ってくださいね。

 

 

まとめ:埋没毛の原因は無理な自己処理にあった!

埋没毛の原因は、ほとんどが自己処理によるものです。永久脱毛をしない限りムダ毛の処理は女性には付き物ですよね。肌にポツポツと埋没毛が透けて見えるのは正直嫌だと思いますが無理にほじくり出すなんて事は絶対しないでください。

 

埋没毛を防ぐためにも永久脱毛をすることをオススメしますが、自己処理する場合は必ずお肌に優しい方法を選択してくださいね。

 

関連する脱毛基礎知識はこちら

脱毛基礎知識一覧へ戻る