背中の毛の処理方法について

 
お電話の受付時間11:00~20:00 0120-963-866WEBでのご予約・お問い合わせはこちら
  • 0120-963-866 11:00~20:00
  • ご予約・お問い合わせ

2017年2月1日

背中の毛の処理方法について

背中

 

背中の毛の処理、皆さんはどのように行っていますか?

自分の目では見えないし手が届かなくて…なんて方も多いのではないでしょうか。

腕や脚など目に付くところの処理は完璧でも背中って意外と無法地帯だったりするのです。

 

背中の毛は自己処理が難しく、無理に処理することは危険です。

また、背中の毛の処理は毛嚢炎や増毛・硬毛化など、若干のリスクもございます。

 

そこで今回はそんな背中の毛の処理方法とリスクについて解説させて頂きます。

背中の毛の処理にお悩みの方は是非参考にしてみて下さい。

 

背中の毛の処理方法

○背中の毛専用のカミソリや電動シェーバーを使用した背中の自己処理

背中の毛を自己処理しようと思ってチャレンジしてみると無理!って思いませんか?カミソリにしても電動シェーバーにしても背中だと長さが足りないのと肩の可動範囲を考えるとどうしても処理できない部分がありますよね。

無理に処理するのは絶対にNG。特にカミソリなどは肩甲骨のまわりをケガしやすいので注意が必要です。背中をキレイにしようとしてキズが残るとなったら本末転倒ですよね。

 

○除毛クリームを使用した背中の自己処理

ドラックストアなどでも購入できるので手軽に試せる方法だと思います。ですが除毛クリームは毛の成分であるタンパク質を溶かすだけでなく皮膚表面のタンパク質も一緒に溶かしていますので、お肌にとって負担のある方法。特に背中ニキビなどがある方や肌が敏感な方は避けた方が良いと思います。それでも除毛クリームで処理したい方はアフターケアをしっかり行ってください。

除毛クリームはアルカリ性です。ですが、私たちの肌は弱酸性なので除毛クリームでの処理後は弱酸性の化粧水などで保湿するようにしましょう。背中は皮脂分泌が多く、古い角質と共に毛穴を塞いでしまいニキビが出来やすい部位でもありますので注意しましょう。

 

○エステサロンで行う背中の制毛・抑毛

自己処理には限界があるからプロにお任せしよう!となって考えるのがエステサロンでの脱毛。脱毛するためには一度剃毛しなければならないのですが、背中はどうしても剃り残しが出来てしまいますよね。額面の金額が安くても剃毛料が毎回掛かってしまうと高くなってしまうので剃り残しの剃毛料が掛からないエステサロンをおすすめ致します。

ただし、エステサロンでの脱毛は一時的な制毛・抑毛のため通い続けなくてはなりませんので忙しい方などには向いていないかもしれません。

 

○医療機関で行う背中の永久脱毛

約5回の施術で永遠に自己処理の必要がなくなる医療脱毛。エステサロンのキャンペーン価格などに比べると少々高価に感じられますが確実な効果を求めるのであれば医療脱毛がおすすめです。

 

背中の毛を処理する上での注意点

背中の毛の処理には若干ですがリスクが伴います。そのリスクを承知した上で処理をしましょう。

 

○毛嚢炎

毛嚢炎とはニキビと間違いやすいのですが別物です。毛嚢炎とは毛包の上部がブドウ球菌に感染し炎症を起こしている状態です。背中はこの厄介な毛嚢炎が出来やすい部位なので注意が必要です。きちんとした処理をすれば問題ないのですが悪化してしまうと色素沈着やニキビ跡に繋がるのでアフターケアを行ってくれる医療機関を選びましょう。

毛嚢炎について詳しくはこちら

 

○増毛・硬毛化

これは脱毛を行うことにより、以前より毛が濃くなってしまったり、増えてしまう現象のことです。医学的に原因が解明されていないので対処法が難しいのですが脱毛し続けることで治ることもあります。

産毛など毛が細い部位に起こりやすいとされているので背中の毛も要注意。このようなやむを得ない現象にもきちんと対処してくれるクリニックやエステサロンを選びましょう。

 

増毛・硬毛化について詳しくはこちら

 

 

 

まとめ:背中の毛は無理して自己処理しない!

背中の毛は自己処理が難しい部分です。無理やり自己処理をする事は危険ですので、お母さまや姉妹に頼んだ方が賢明かと思われます。

エステサロンや医療脱毛などプロにお願いする際は背中脱毛のリスクヘッジをきちんと行っている所をおすすめ致します。背中が綺麗になると水着や大胆なお洋服が楽しみになりますよ。

 

あなたも背中美人を目指しましょう。

関連する脱毛基礎知識はこちら

脱毛基礎知識一覧へ戻る