痛みへの取り組み

痛みへの取り組み

イセアができる最大限の努力で
あなたの痛みと不安を和らげます

「整形手術ってやっぱり痛いの?」
「痛みが不安で手術を受けるのを迷ってる…」
そんな方も多いのではないでしょうか。

目元の整形手術には、痛みが起こり得るタイミングが「術前・術中・術後」の3回あります。
全ての痛みをゼロにするのは難しいですが、クリニック側の努力で和らげることはできます。
イセアでは、あなたの痛みを少しでも軽減できるよう、
3回全てのタイミングにおいて無料で痛み対策を行っております。 「痛みが怖くて諦めてしまう」患者様をゼロにするため、
出来得る全てのことをしています。

1.術前
1.術前

術前の痛み

目元の手術で一番痛みを感じるのは、局所麻酔の注射針を刺す時です。
イセアではそんな局所麻酔の痛みに対し、3つの対策を行っております。

表面麻酔

痛みへの取り組み1 痛みへの取り組み1

表面麻酔

局所麻酔の注射を打つ際、目元に触れられると抵抗感を感じることがあります。事前に目薬タイプの表面麻酔をすることで、局所麻酔を打つ際の抵抗感を軽減することができます。

※表面麻酔にはクリームタイプもありますが、皮膚が膨張することがあり手術に影響を及ぼす可能性があるため、点眼麻酔のみを使用しております。

針の比較

痛みへの取り組み2 痛みへの取り組み2

細い注射針

目元の局所麻酔では、一般的に30Gという細さの注射針が使用されています。30Gでも十分細いですが、イセアではそれよりも更に細い34Gという細さの注射針を使用しています。細い注射針には、痛みの軽減だけでなく、内出血を抑えるという目的もあります。

笑気麻酔

痛みへの取り組み3 痛みへの取り組み3

笑気麻酔

鼻から吸い込むタイプの麻酔です。笑気麻酔を吸っている間は酔っぱらっているような感覚になり、痛みや恐怖感を和らげることが期待できます。
笑気麻酔は喘息を誘発する可能性があるため、ご希望の場合は過去の疾患など、予め担当スタッフにご相談ください。

2.術中
2.術中

術中の痛み

術中は、目元にメスを入れたり、医療用の針と糸を使って縫合をしますが、
局所麻酔をするため切る痛み・縫う痛みを感じることはありません。

局所麻酔

痛みへの取り組み1 痛みへの取り組み1

局所麻酔

局所麻酔をすることで、術中は痛みを感じません。「触られている」「引っ張られている」などの感覚がわかる程度です。

3.術後
3.術後

術後の痛み

術後は2~3時間で局所麻酔の効き目が切れ、鈍い痛みから徐々に
ジンジンとした痛みが出る可能性があります。イセアでは痛み止めを
無料で処方しております。

痛み止め

痛みへの取り組み1 痛みへの取り組み1

痛み止めの処方

術後は痛み止めの内服薬を処方いたします。麻酔が切れ、鈍痛があるようでしたらご使用ください。

24時間電話サポート

痛みへの取り組み2 痛みへの取り組み2

24時間電話サポート

痛みの他にもご心配なことがございましたら専用ダイヤルにて24時間お電話でのご相談を受け付けております。

電話 0120-963-866 カウンセリング