目の下くま治療 - 原因に合わせたオーダーメイド治療

目の下クマ治療

目の下のクマの原因は人それぞれ。原因に合った治療が必要です。

黒くま

目の下のふくらみや頬の皮膚のたるみによる凹みが原因となる黒クマ(影クマ)。

黒クマ(影クマ)についての解説と治療方法はこちら
青くま

血行不良が原因の青クマ。

青クマについての解説と治療方法はこちら
茶くま
茶クマについての解説と治療方法はこちら

色素沈着が原因の茶クマ。

混合型

何種類かのクマが表れているクマ。

混合型についての解説と治療方法はこちら
お問い合わせはこちら

目の下のふくらみが原因の黒クマ(影クマ)について

目の下のふくらみ(下眼瞼脂肪)や頬の脂肪・皮膚のたるみによる凹みが影で色濃く目立つことが原因となるクマです。老化現象の一つで、20代後半からほぼ全ての人に徐々に現れ、老け顔・疲れ顔の原因となります。

凹凸を無くすため、一般的にはふくらみの原因となっている脂肪の除去と凹みの改善のための注入療法が必要になります。

対象の治療方法
当院では皮膚を切らずに行う施術の「下眼瞼脱脂術」「トラコンハムラ法」をおすすめしています。
どちらの施術も皮膚を切らないので、傷跡の心配もありません。

詳しくはこちらのページをご覧ください

青クマとは

何らかの理由によって目の周りの血行不良が生じると、黒ずんだ血液(酸素を運んだ後の還元ヘモグロビン)が透けて、青黒く見えてしまうことが原因の青クマ。
改善には血流を回復させ、肌にハリを出す治療が必要です。

血行不良が原因の青クマ治療

青クマの治療:目の下のクマレーザー(ジェネシス)

ロングパルスYAGレーザーによって、細胞の新陳代謝・血行を促進します。
青クマの原因となる血行不良を改善するとともに、線維芽細胞に働きかけてコラーゲンの増生を促し、肌のキメ・ハリを蘇らせます。もともと、たるみ・小じわに効果的な、コラーゲンの増殖を促すレーザー治療ですので、目元も小じわの改善にも効果的です。

目の下のクマレーザー(ジェネシス) 施術費用:1回 21,000円
青クマ治療プラン 目の下のクマレーザー照射5回+クマ専用クリーム(アンダーアイセラム) 施術費用:97,500円

お問い合わせはこちら

茶クマとは

「目の下のクマができやすかったけど、最近ずっと消えない」「寝不足でもないのに、疲れてもいないのに、クマが消えない」そんなクマは、すでに色素沈着となってしまった茶クマです。表皮のメラニン量が増加している状態が原因で、本来はいずれ剥がれ落ちるメラニンも、新陳代謝が乱れたことによって剥がれ落ちず、色素沈着を起こしている状態です。

色素沈着が原因の茶クマ治療

ハイドロキノン

「肌の漂白剤」と言われる、強力な漂白作用のある塗り薬により茶クマの原因である色素沈着を改善していきます。ハイドロキノンの美白作用は非常に高く、ビタミンCや化粧品に含まれるアルブチンの約100倍の効果があると言われています。
市販化粧品にもハイドロキノン配合のものは数多くありますが、濃度は低く、高い効果は望めません。安全・安心して使用するためにも、しみなど肌の状態を診察した上で、医療機関での処方をおすすめいたします。

ジェネシス

ロングパルスYAGレーザーによってレーザーで皮膚表面の古くなった角質を取り除き、代謝を高め、くすみを改善することで目元の明るさを出します。

目の下のクマレーザー(ジェネシス) 施術費用:1回 21,000円
茶クマ治療プラン 目の下のクマレーザー照射5回+ハイドロキノン5%×2個 施術費用:97,500円

黒クマ・青クマ・茶クマの混合型とは

目の下のクマは、いくつかの原因が重なって生じている混合型であることも多く、そのため、それぞれのクマに合わせた治療が必要です。黒クマの症状がそれほど強くなく、青クマ、茶クマの症状がみられる方にお勧めなのが「目の下のクマ撃退プラン」

クマの症状が混合型の「目の下のクマ撃退プラン」

血行不良によるクマ・茶クマはレーザー治療し、凹みによるクマはヒアルロン酸注入で改善します。
さらにホームケアを使用することにより、その効果をより高めます。

  • Step 1
  • Step 2
  • Step 3
  • ジェネシスによって皮膚表面の古くなった角質を取り除き、血行を促進。青クマ、茶クマを改善。
  • 黒クマの原因である凹凸にヒアルロン酸を注入し、ふっくらとさせます。
  • ホームケアとして、アンダーアイセラム、もしくはハイドロキノンを医師の判断のもと処方します。
目の下のクマ撃退プラン ジェネシス目の下3回+目の下ヒアルロン酸1回 3回来院 :126,000円
目の下のクマは、なかなかご自身では判断がつかないものです。まずはお気軽にご相談にいらして下さい。
お問い合わせはこちら

クリニック案内

セルリアンタワーイセアクリニック 銀座院
渋谷区桜丘町26-1
セルリアンタワー東急
ホテルロビー階
【Google MAP】
中央区銀座6-2-3
Daiwa銀座アネックス3F
【Google MAP】

院内設備

サムネイルをクリックすると画像が拡大されます。

ドクター紹介

吉種克之 東京イセアクリニック美容外科部長 兼 渋谷院院長
昭和61年 東京医科大学 卒
昭和大学形成外科 入局
外科、整形外科、麻酔科 研修後
大学関連病院にて形成外科、美容外科 研修
平成7年 大手美容外科勤務
理事、指導医、診察部長 歴任
平成22年 東京イセアクリニック 診療部長
平成23年 東京イセアクリニック 渋谷院院長就任
平成27年 東京イセアクリニック総院長就任 渋谷院院長と兼務
山田奈々 東京イセアクリニック美容皮膚部門指導医 兼 新宿院院長
平成13年 北里大学医学部卒業
北里大学(内科・皮膚科)勤務
平成15年 某クリニック(内科)、某クリニック(眼科)勤務
平成19年 東京イセアクリニック勤務
平成22年 東京イセアクリニック新宿院院長就任
平成24年 東京イセアクリニック美容皮膚科部門指導医
三苫葉子 東京イセアクリニック医師兼技術指導医
平成10年 東京大学医学部医学科卒
平成10年 東京大学医学部附属病院形成外科・美容外科 所属
平成11年 警察病院麻酔科、都立墨東病院救急救命センターで研修
平成12年 東京大学医学部形成外科・美容外科 関連病院にて勤務
平成14年 ソフィアクリニック院長勤務 東京大学附属病院形成・美容外科勤務
平成19年 ソフィアクリニック移転→クリニック日比谷 ソフィア院開院
平成21年 独協医科大学形成外科非常勤助教就任
平成24年 11月 東京イセアクリニック 医師兼技術指導医就任
朴寿恵
平成16年 杏林大学医学部卒業
平成16年 東京慈恵医科大学附属病院 研修医
平成19年 東京慈恵医科大学附属病院 形成外科入局
平成21年 町田市民病院 形成外科勤務
平成23年 東京慈恵医科大学附属第3病院 形成外科助教
平成25年 東京慈恵医科大学附属病院 形成外科助教、レーザー長
平成25年 東京イセアクリニック 入職
お問い合わせはこちら