傷跡修正について

麻酔

麻酔

局所麻酔または静脈麻酔

施術時間

施術時間

40分~
(サイズによる)

傷跡

傷跡

場所やサイズによる

術後通院

術後の通院

3回

料金

傷跡修正
最低施術単価 単価
1㎝幅 ¥80,000 ¥30,000

※レーザー・各切除術の施術費用は1ヶ所毎に計算します。各切除幅が最低施術料金に満たない場合、1回につき1ヶ所80,000円申し受けます。※表示金額は全て税抜価格となります。

傷跡を違った傷のカタチにすることもできる

怪我や他院術後の傷跡をZ形成術やW形成術といった傷跡の目立たなくなる方法で傷跡を違った形にします。傷跡の大きさは大小さまざまで1回で手術できる場合と複数回に分けなければならない場合があります。また、傷跡はその傷の深さや部位によっても治り方が異なるものの、基本的には綺麗に消えて見えなくなる治療ではありません。もしも消えてなくなるということがあれば、それは特別な条件下にある傷跡だとお考えください。

こんなお悩みを解決します

・怪我の痕をキレイに目立たなくしたい
・他人の視線が気になる

施術方法

傷跡修正

傷跡を目立たなくさせるためのデザインを行います。 笑気麻酔を行った後、局所麻酔の注射を行います。傷跡を切除後、十分に止血を行い、周囲の皮膚・脂肪を寄せて丁寧に縫合します。全体に軟膏を塗布し、ガーゼで保護し、しっかりと固定します。

W形成術・Z形成術とは
一直線の切除痕に比べ、ジグザグに切除痕の方向を変えるだけで傷を隠し、光の反射で傷を途切れて見せることが出来るようになります。また傷にかかる力を分散することにより、拘縮(ひきつれ)の予防も可能になります。

施術について

麻酔 局所麻酔を使用します。
痛みの感じ方に個人差はありますが、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。
場合によっては静脈麻酔を行う場合があります。
施術時間 施術部位や範囲によって異なりますが、多くは40分以上の手術になります。
傷跡 切開部位に傷跡が残ります。
入院 傷跡修正での入院は不要です。
術後通院 3日後:診察
7日後:抜糸
1ヶ月後:診察
※術後の通院日程・回数は患者様の状態により異なります。
洗顔 施術当日から可能です。ただし、抜糸まで傷口を濡らさないようにしてください。
メイク 施術当日から可能です。ただし、抜糸まで傷口を濡らさないようにしてください。
洗髪 施術当日から可能です。ただし、抜糸まで傷口を濡らさないようにしてください。
シャワー 再出血のリスクがあるため、施術当日のシャワーは控えてください。
入浴 再出血のリスクがあるため、施術当日の入浴は控えてください。