シミ治療

シミの症状は4種類に
分けることができます。
この症状に合わせた
最適な治療を行う事が
非常に重要です。
まずはクリニックに
ご相談ください。

イセアでは、患者様のそれぞれ症状が異なるシミを専門家が見極め、
最適な治療方法をご提案致します。

間違った治療方法を提案してしまうと、十分な治療効果が得られなかったり、
悪化してしまう可能性があります。

シミ治療

シミの種類と治療方法

シミの種類は下記の4つに分けることができます。それぞれの症状の特徴と症状に対する治療方法をご覧ください。
シミの種類は下記の4つに分けることができます。それぞれの症状の特徴と症状に対する治療方法をタップしてご覧ください。
  • 老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)

    老人性色素班

    米粒大の小さいサイズのものから、丸く輪郭のはっきりした5センチ程の大型班、褐色のシミの事を言います。

    20代から発症することもありますが、加齢によって60歳以上では一般的なシミで、ご相談に来られる患者様の症状の中で最も多い症状です。

    老人性色素班の治療法

  • 肝斑(かんぱん)

    肝斑

    30歳~40歳にかけて発症しやすい症状です。主に、頬骨の辺りに左右対称に、または目尻の下辺りに左右対称にできるできるシミです。

    女性ホルモンのバランスの乱れが原因となります。

    肝斑の治療法

  • 炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

    炎症後色素沈着

    ニキビ跡や、ケガ、虫刺されなどなどの炎症が残って茶色っぽく後になる症状です。

    化粧落としの際に繰り返し擦ったりすることで肌が黒ずむのもこのタイプのシミです。

    炎症後色素沈着の治療法

  • 雀卵斑(じゃくらんはん)

    雀卵斑

    そばかすの事を指します。鼻を中心に左右対称にでき、大きさは人によって小さいものから比較的に大きな斑点状のものまであります。そばかすは、先天性で遺伝性要素のものが強いです。

    雀卵斑の治療法

それぞれの症状に対する
治療方法

  • 老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)

    IPL光治療
    アキュティップ
    シミレーザー
  • 肝斑(かんぱん)

    レーザートーニング
  • 炎症後色素沈着 (えんしょうごしきそちんちゃく)

    レーザートーニング
    ビタミンCイオン導入
  • 雀卵斑 (じゃくらんはん)

    IPL光治療
    アキュティップ
    シミレーザー

ご予約フォーム

イセアクリニックスキンケア専用ご予約フォームです。 ご予約は各種ご予約フォーム、お電話にて受け付けております。

はじめてのご予約の方

診察券をお持ちの方・再診のご予約の方

その他お問い合わせ

アクセス