美容整形ならTOKYO ISEA CLINIC (東京イセアクリニック) - 銀座・渋谷- > スキンケア > 処方薬・ホームケア > ハイドロキノン

ハイドロキノン

  • 処方薬・ホームケアTOP

肌の漂白剤

ハイドロキノンとは、「肌の漂白剤」と言われ、強力な漂白作用のある塗り薬です。ハイドロキノンの美白作用は非常に高く、ビタミンCや化粧品に含まれるアルブチンの約100倍の効果があると言われています。そのため、誤った使用方法などでかぶれたり、ただれてしまったりすることもあるのです。
イセアでは、できるだけ多くの方に安全に使用していただきたく10%まで処方は可能ですが、5%の処方とさせていただいてます。
現在では、市販化粧品にもハイドロキノン配合のものは数多くありますが、濃度は低く、高い効果は望めません。安全・安心して使用するためにも、しみなど肌の状態を診察した上で、医療機関での処方をおすすめいたします。
また、ハイドロキノン単独での使用も可能ですが、フォトフェイシャルなどの光治療と組み合わせて使用することで、さらに高い効果が期待できます。

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンはしみの原因であるメラニン色素を合成する酵素(チロシナーゼ)の働きを弱め、メラニン色素を作る細胞(メラノサイト)の活性を抑える働きがあります。つまり、今あるしみを薄くする働き(メラニン色素を淡色化する還元作用)と新しいしみを作らせない働きがあります。

ハイドロキノンが効果的なシミ

  • ・老人性色素斑(紫外線によるしみ)
  • ・肝斑
  • ・そばかす
  • ・炎症後色素斑(ニキビ跡の色素沈着・火傷によるしみ)
  • ・脇や膝・肘などの摩擦による色素沈着
  • ・乳輪の黒ずみ

ハイドロキノンの使用・保存方法

夜1回のみの使用です。
洗顔後化粧水にて肌を整えたあとに、気になるしみの上に薄く塗ります。5分程放置した後、乳液などで保湿を行います。3日程使用後、赤み・かぶれなどの症状がなければ、ハイドロキノンを塗った後サランラップで10分程パックをすることでハイドロキノンの浸透を高めることができます。赤み・かぶれ・かゆみなどの症状がでた際は、すぐに使用を中止します。
ハイドロキノンは熱や光に弱いため、冷蔵庫で保管していただきます。

ご予約・ご相談 Reservation&Consultation 受付時間内はお電話でのご予約・ご相談をおすすめします(全院共通)。時間帯によってはかかりづらい場合がありますので、WEBからのご予約・ご相談もご利用ください。

フリーダイヤル 受付時間11:00~20:00 0120-963-866

WEBからのご予約はじめてご来院の方のご予約診察券をお持ちの方のご予約

ご予約・ご相談について 未成年の方へ 各院アクセス

患者様に愛されるクリニックを目指して

東京イセアクリニックは、患者様に愛されるクリニックを目指して、マニュアルではない、ひとりひとりの患者様に合った最適な治療法とサービスを考えていきます。

診療ポリシー

美容外科手術は多くの不安を抱えてご予約される方がほとんど。だから、その一歩を踏み出してご来院いただいたすべての患者様が、これからの長い人生、自信を持って楽しめるよう、全力でサポートしていくことをお約束します。

詳細はこちら
保険診療について

東京イセアクリニックではわきが、眼瞼下垂、陥没乳頭、副乳、でべそなどの症状でお困りの患者様を対象に、美容外科医による保険診療手術を行っています。お悩みの方はぜひご予約・ご来院ください。

詳細はこちら
  • 症例写真の掲載について
  • 交通費・宿泊費補助について

タトゥー除去専門サイト
目の下のたるみ治療
医療脱毛
目元の整形
メディア掲載
掲載一覧
美容外科・美容皮膚科 東京イセアクリニックのメディア掲載実績のご紹介です。
取材のご依頼はフォームからお願いいたします。

ISEAの医療脱毛

タトゥー除去専門サイト

目の下のたるみ治療

目元の整形