TOKYO ISEA CLINIC (東京イセアクリニック) - 渋谷・銀座の美容外科 > スキンケア > シミ・くすみ > 肝斑

肝斑治療 ─見せたくなる、素肌─

  • 当日施術可
  • 施術について
  • 料金
  • よくあるご質問

どうして肝斑はできるのでしょう?

肝斑は、淡褐色のシミが目の周りを避けるように左右対称にあらわれるのが大きな特徴です。形が肝臓に似ていることから「肝斑」と呼ばれるようになったといわれています。
頬骨の上や額に発症することが多く、鼻の下や口周りに広がっている方もいます。さらに、季節や体調(疲労や体調不良・生理前など)で濃さが変化していくとも言われています。20代後半から30~40代の女性に現れるケースが多く、特に日本人をはじめとするアジア人によく発症します。その原因は紫外線や女性ホルモン、ストレスといった慢性的な弱い刺激が続くことだと言われています。

肝斑の原因

肝斑に効果的な治療法

イオン導入(ビタミンC導入)

イオン導入(ビタミンC導入)

ビタミンCにマイナスの微弱電流を流すことで真皮層までビタミンCを浸透させ、メラニンの分解・排出、新陳代謝、コラーゲン生成を促します。

詳細はこちら

ジェネシス

ジェネシス

ヤグレーザーと呼ばれるレーザーで皮膚表面の古くなった角質を取り除き、肌にみずみずしさを与えます。回数を重ねるほどに効果は増し、くすみのないキメの整った肌に生まれ変わります。

詳細はこちら

IPL光治療

IPL光治療

皮膚に有害な紫外線領域の光を特殊フィルターでカットし、シミに有用な光の波長のみを選択して取り出す光治療器で、シミの原因メラニンにダメージを与え、メラニン色素を薄くします。

詳細はこちら

肝斑治療の効果を高める施術

グリコール酸ピーリング

皮膚表面の角質を取り除き、皮膚の新陳代謝を活発にするだけでなく、毛穴の角化も抑制。キメが滑らかでくすみの取れたお肌へと導きます。

サリチル酸マクロゴールピーリング

サリチル酸の強力な角質除去(融解)効果で古い角質をしっかりと取り除きます。サリチル酸ピーリングよりもマイルドなので、肌を傷めません。

トラネキサム酸

肝斑の原因の共通点は、弱い炎症が長く(慢性的に)続くこと。炎症が起きると肌の防御反応としてメラニンが活性化されます。こういった炎症を抑える効果のある薬がトラネキサム酸で、体の内側からの肝斑対策です。

ハイドロキノン

「肌の漂白剤」と言われ、強力な漂白作用のある塗り薬です。ハイドロキノンの美白作用は非常に高く、ビタミンCや化粧品に含まれるアルブチンの約100倍の効果があると言われています。

ご予約・ご相談 Reservation&Consultation 受付時間内はお電話でのご予約・ご相談をおすすめします(全院共通)。時間帯によってはかかりづらい場合がありますので、WEBからのご予約・ご相談もご利用ください。

フリーダイヤル 受付時間11:00~20:00 0120-963-866

WEBからのご予約はじめてご来院の方のご予約診察券をお持ちの方のご予約

ご予約・ご相談について 未成年の方へ 各院アクセス

患者様に愛されるクリニックを目指して

東京イセアクリニックは、患者様に愛されるクリニックを目指して、マニュアルではない、ひとりひとりの患者様に合った最適な治療法とサービスを考えていきます。

診療ポリシー

美容外科手術は多くの不安を抱えてご予約される方がほとんど。だから、その一歩を踏み出してご来院いただいたすべての患者様が、これからの長い人生、自信を持って楽しめるよう、全力でサポートしていくことをお約束します。

詳細はこちら
保険診療について

東京イセアクリニックではわきが、眼瞼下垂、陥没乳頭、副乳、でべそなどの症状でお困りの患者様を対象に、美容外科医による保険診療手術を行っています。お悩みの方はぜひご予約・ご来院ください。

詳細はこちら
  • 症例写真の掲載について
  • 交通費・宿泊費補助について

メディア掲載
掲載一覧
美容外科・美容皮膚科 東京イセアクリニックのメディア掲載実績のご紹介です。
取材のご依頼はフォームからお願いいたします。