HOME > よくあるご質問 > わきがに関する質問

わきがに関する質問

ボツリヌストキシン注入のワキガ・多汗症治療は永久的な治療ですか。
ボツリヌストキシンを注入することで、汗の元になるアポクリン腺や臭いの元になるエクリン腺の動きが抑制されます。 そのため、一度の注射でもニオイと汗の量を軽減させることができます。 効果が限定的(3~6ヶ月・個人差有)なため、継続的な制汗には向きませんが、ピンポイントに時期を限定して制汗したい方にはおすすめの施術です。 また、定期的なボツリヌストキシン注入で持続効果が長くなる場合もあります。
反転剪除法の手術を受けた場合、傷跡は目立ちますか。
脇の下のシワに沿って2~3cm切開をいたしますので、傷跡としては1本の線が残ります。 個人差がありますがいずれは脇の下の線に隠れて目立たなくなります。
ワキガ・多汗症の手術後の傷痕が気になるのですが、症例写真はありますか。
申し訳ございません。 ワキガ・多汗症治療はニオイと汗を改善するための治療ですので、特にお写真をご用意しておりません。 傷跡は脇の下のシワに沿って入ります。 時間の経過とともに目立たなくなりますのでご安心ください。
わきがの手術(反転剪除法)を受けた場合、再発をすることはありますか。
私たちが行う「剪除法(せんじょほう)」という手術では、臭いの発生源となるアポクリン汗腺を除去しますので、ワキの臭いは確実に少なくなります。ただし、どのような手術でも「取りきれない汗腺が残る可能性」はありますので100%と断言することはできません。