MV

背中から腰にかけて全面に入っている大きなタトゥーを除去する場合、削皮術が最適なプランです。
削皮術では、大きなタトゥーも一度に除去できることがメリットですが、
背中から腰に掛けての大きいタトゥーでは、体の負担を考え、3回~4回に分けて、タトゥーを除去していきます。

削皮術とは

削皮術では、タトゥーが入っている部分の皮膚を削皮専用のカミソリのような医療機器で削り、除去する方法です。
削った部分は時間とともに新しい皮膚が再生されていきますが、元通りの肌に戻るといったことはなく、
ヤケドを負った跡のような皮膚になります。(時間と共にある程度は肌に馴染んでいきます。)

背中一面のタトゥーを除去する場合は、背面を3~4分割し、手術の間隔を約1ヶ月程度あけ、手術を行います。
※タトゥーの形状により、回数が変わります。
背面の分割の方法は上のイラストのようになります。3回の分割の場合は、イラストにある3回目と4回目の範囲を一度に行います。

1回目の料金 300,000円
2回目の料金 180,000円
3回目の料金 108,000円
4回目の料金 108,000円