MV

YAGレーザー治療はこんな方におすすめ

目立つ傷跡を残したくない

YAGレーザーはメスを入れない治療になるため、手術跡のような傷跡が残りません。

体にメスを入れたくない

YAGレーザーは、タトゥー部分にレーザーを照射する治療になります。
体にメスを入れることに抵抗がある方、手術が怖い方などにおすすめの治療法です。

ダウンタイムを短くしたい

レーザー治療では、水ぶくれやかさぶたができることはありますが、絶対安静が必要であったり、再診が必要な施術ではありません。そのため、ダウンタイム中のお休みが取れない方にも適しています。

イセアのYAGレーザー治療3つのポイント

麻酔・アフターケア物品・薬・無料対応

イセアでは、レーザー治療の麻酔・アフターケア物品・薬を無料としています。
レーザー治療は複数回の照射が必要な治療法です。回数を重ねると費用は高額になってしまいますが、イセアでは患者様の負担をできるだけ軽くできるよう、治療以外の費用を全て無料にしております。

  • 麻酔代

    局所麻酔を行うレーザー治療では、局所麻酔と笑気麻酔を無料としております。
    ※笑気麻酔は局所麻酔時の痛みを緩和するために使用いただけます。

  • アフターケア物品

    術後は患部に軟膏の塗布と保護テープの交換をご自宅で行っていただきます。保護テープは必要がなくなるまで無料でお渡しいたします。

  • 術後の薬代

    術後はご自宅で軟膏の塗布を1週間ほど続けていただきます。軟膏等の薬代も全て無料でお渡しさせていただきます。

レーザー治療でタトゥーが消えなかった場合 手術の料金30%~60%

レーザー治療では、手彫りのタトゥー(刺青)は皮下組織にまで墨が入っているので、深い層までレーザーの熱と衝撃が届かず、消えない場合があります。
レーザー照射後、除去が難しいとなった場合、イセアでは手術(切除術・植皮術・削皮術)への切り替えの際、レーザー治療で掛かった2回目までの費用を手術の料金から引かせていただきます。

イセアのタトゥーレーザー治療の料金プラン

1cm×1cm 10,800円 モニター募集中!!

タトゥーレーザー治療とは

タトゥーのレーザー治療とは、タトゥーの墨に沿ってレーザーを照射し、
墨を熱と衝撃で破壊、徐々にタトゥーを薄くし、消していく方法です。

タトゥー除去で用いるレーザー治療とは、黒色に反応し、熱を発するレーザーを使用した治療法です。
黒色に反応したレーザーは熱と衝撃により、色素を細かく粉砕します。
この細かく粉砕された色素は、体の中の貧食細胞が体外へ排出してくれる他、肌のターンオーバーにより、体外へ排出されます。一度で全ての色素が粉砕されるわけではないので、繰り返しの治療が必要となります。

レーザー治療の問題となる点は、皮下組織までレーザーの熱と衝撃が届かない点と、貧食細胞により体外に排出されなかった色素が残るという点です。

この二つの要因により、レーザー治療では全てのタトゥーが除去できない可能性があります。

タトゥーが消えるまでのスケジュール

カウンセリング

まずはカウンセリングを行います。
施術を担当するドクターが実際にタトゥーを拝見し、レーザー治療をおすすめできるかどうかを判断します。基本的には、自彫りのタトゥーがレーザー治療に向いているタトゥーで機械彫り・手彫り(刺青)はレーザー治療には向いていませんので、別の術式をおすすめする場合があります。

タトゥー除去LINEカウンセリングはこちら
手術

カウンセリング内容にご納得いただけましたら、施術のお申込をいただき、治療を開始します。
予約状況によっては、当日に照射ができる可能性があります。

レーザー治療の場合は、まず笑気麻酔・局所麻酔を行った後、照射を行います。
タトゥーの大きさにより施術時間は異なりますが、30分以上の時間をいただきます。
治療後は軟膏を塗布し、患部を保護したら終了です。

レーザー治療は回数を重ねる必要がある治療です。
2回目の照射は皮膚の回復状況をみながら約3ヶ月の間隔を空けて照射していきます。

カウンセリング

まずはカウンセリングを行います。
施術を担当するドクターが実際にタトゥーを拝見し、レーザー治療をおすすめできるかどうかを判断します。基本的には、自彫りのタトゥーがレーザー治療に向いているタトゥーで機械彫り・手彫り(刺青)はレーザー治療には向いていませんので、別の術式をおすすめする場合があります。

タトゥー除去LINEカウンセリングはこちら
手術

カウンセリング内容にご納得いただけましたら、施術のお申込をいただき、治療を開始します。
予約状況によっては、当日に照射ができる可能性があります。

レーザー治療の場合は、まず笑気麻酔・局所麻酔の麻酔を行った後、照射を行います。
タトゥーの大きさにより施術時間は異なりますが、30分以上の時間をいただきます。
治療後は軟膏を塗布し、患部を保護したら終了です。

レーザー治療は回数を重ねる必要がある治療です。
2回目の照射は皮膚の回復状況をみながら約3ヶ月の間隔を空けて照射していきます。

タトゥーレーザー治療の痛み

タトゥー切除において、痛みを感じるタイミングが2回あります。

痛みを感じるタイミング

しかし、この2つの痛みは麻酔を使用することで緩和されます。


痛みのタイミングと程度
  • 麻酔時の痛み
  • 照射時の痛み
笑気麻酔の使用で痛みを軽減

笑気麻酔とは、吸入式の笑気ガス麻酔です。笑気ガスを鼻から吸うと酔っ払ったような気分になり、痛みを緩和させることができますので、局所麻酔のチクッとする痛みも緩和できます。

局所麻酔の使用で無痛治療

照射中も強い痛みを伴いますが、局所麻酔が効いているので痛みを感じません。

笑気麻酔とは、吸入式の笑気ガス麻酔です。笑気ガスを鼻から吸うと酔っ払ったような気分になり、痛みを緩和させることができますので、局所麻酔のチクッとする痛みも緩和できます。

照射中も強い痛みを伴いますが、局所麻酔が効いているので痛みを感じません。

タトゥーレーザー治療のダウンタイム

通院

レーザー治療では、再診はありません。
しかし、YAGレーザーではタトゥーを除去するために5回以上の照射が必要となります。レーザー照射の間隔は2ヶ月以上が目安となります。

生活

患部を水に濡らすこと、石鹸や入浴は術後1週間は避けてください。
照射後は、約1週間防水テープで保護します。剥がれた場合は、ご自身で軟膏処置とテープ交換をしてください。

症状

照射後数日間は、ヒリヒリとした痛みや熱感、痒みが続くことがあります。

タトゥーレーザー治療のリスク・副作用

色素沈着

色素沈着は外部の刺激から皮膚を守るための防衛反応です。時間の経過で薄くなっていきます。

メラニンが生成されることにより起きるのが色素沈着です。
メラニンはメラノサイトという組織が紫外線やレーザーなどの外部の刺激から皮膚を守るために生成するものです。
術直後は色素沈着が起こりやすくなりますが、時間が立つにつれて薄くなっていくものです。

ケロイド

ケロイド体質の方に起こり得る症状です。ケロイドの症状がみられた場合、無料でステロイド注射を行います。

ケロイドは遺伝性の要因で起こることが多く、ケロイド体質の方にみられる症状です。
こういった照射した部分のふくらみなどケロイドの症状がみられた場合は、無料でステロイド注射を行い、処置していきます。

色素沈着

色素沈着は外部の刺激から皮膚を守るための防衛反応です。時間の経過で薄くなっていきます。

メラニンが生成されることにより起きるのが色素沈着です。
メラニンはメラノサイトという組織が紫外線やレーザーなどの外部の刺激から皮膚を守るために生成するものです。
術直後は色素沈着が起こりやすくなりますが、時間が立つにつれて薄くなっていくものです。

ケロイド

ケロイド体質の方に起こり得る症状です。ケロイドの症状がみられた場合、無料でステロイド注射を行います。

ケロイドは遺伝性の要因で起こることが多く、ケロイド体質の方にみられる症状です。
こういった照射した部分のふくらみなどケロイドの症状がみられた場合は、無料でステロイド注射を行い、処置していきます。

無料LINEカウンセリング