茶クマでお悩みの方へ

茶クマの症状を改善する治療プラン

茶クマ
  • 目の下の皮膚が色素沈着により、茶色っぽく見える症状です。
    敏感肌やアレルギーによる皮膚疾患の可能性もあります。
  • ジェネシス3回+ハイドロキノン処方97,200円

茶クマの原因である、皮膚の色素沈着を改善する効果が期待できるレーザートーニングで治療を行います。
レーザートーニングとは、茶クマの色素沈着の原因であるメラニンを破壊する効果が期待できます。
茶クマを改善するために、トーニング治療に合わせて日焼けや目を擦る癖の改善などが必要です。
改善が期待できる回数や期間には個人差がありますが、2週間~1ヶ月のペースで治療をしていきます。

※10回コースで治療回数を重ねていくことをお勧めしておりますが、5回コース(¥54,000(税込))もご用意しています。
回数や料金のご相談は診察の際にカウンセラーや医師にご相談ください。

茶クマの原因

茶クマの原因は色素沈着

健康的な皮膚はおおよそ28日間のサイクルでターンオーバーが行われます。
ターンオーバーとは、表皮の一番下の基底層にある表皮細胞が分裂して徐々に押し上げられ、最後は細胞核のない角質に変化してアカとなって剥がれ落ちることです。
茶クマの原因となる色素沈着は、このターンオーバーがメラニンの生成に追いつかなくなり起こる症状です。


茶クマの原因は色素沈着

茶クマの原因となる色素沈着の症状は、紫外線によるものや目をこするなど皮膚の摩擦による刺激からメラニンが生成されている場合があります。
レーザートーニングはメラニン色素の直接を破壊する働きがあり、これにより茶クマの症状を改善することが期待できます。 トーニングは2週間~3週間のペースで照射して頂きます。照射直後は赤み・かゆみ・膨隆疹(ぼうりゅうしん)が出る可能性がありますが数時間で治まり、ダウンタイムはほとんどありません。

茶クマの症状を起こす原因

治療をと合わせて生活習慣で予防を行ったり、ケアを行うことで治療効果を高めることができます。
以下の内容に当てはまる行動は茶クマの症状を引き起こす原因となります。

クレンジングや洗顔の際に強い力で擦っている 紫外線対策を行ってない 目を擦る癖がある 目の周りの保湿を行っておらず乾燥している