黒クマでお悩みの方へ

黒クマの症状は、「切らずにトライプラン」のそれぞれの治療方法で治すことができます。
切らずにトライプラン

単一症状プラン アグネスコース

黒クマの症状を改善する治療プラン
  • 目の下の脂肪の膨らみで影になっている部分が、黒っぽく見える症状です。
    眼窩脂肪の膨らみに作用するアグネスを用いた治療方法です。
  • アグネス3回+タイタン1回+ジェネシス1回198,000円(税込)安心のオペ保証付き

眼窩脂肪の膨らみに対し、アグネスを用いて治療を行うことで脂肪を焼灼・蒸散することで改善することができます。
さらに、タイタンとジェネシスを用いて、皮膚の真皮深層から表皮まで、異なる層にアプローチを行います。
これにより皮膚にハリが生まれ、たるみを改善することができます。

  • 所要時間

    最長1時間

  • 通院

    4回or5回

  • ダウンタイム

    最長2週間

  • 完成まで

    約6カ月

外科手術

下眼瞼脱脂術(経結膜法)

黒クマの症状を改善する治療プラン
  • 目の下の脂肪の膨らみで影になっている部分が、黒っぽく見える症状です。症状の原因である、突出している眼窩脂肪を外科手術で摘出して改善する方法です。
    目の結膜部分(アッカンベーをした時に見える結膜部分)を切開し、眼窩脂肪を摘出する処置を行います。
  • 270,000円安心の再手術無料付き

下眼瞼脱脂術(経結膜法)は、目の裏側を切開する方法なので人から見える箇所には傷跡が残りません。
膨らみの原因である眼窩脂肪を摘出して行う方法なので確実に改善することができます。

  • 所要時間

    1時間

  • 通院

    3回

  • ダウンタイム

    1〜2週間

  • 完成まで

    3カ月

黒クマの原因

黒クマの原因は血行不良

黒クマは、目の下の脂肪(眼窩脂肪)が突出していることで影ができ、暗く黒っぽく見えることで起こる症状です。


目を横から見た時の断面図
上記は、目を横から見た時の断面図です。
眼球周囲は眼窩脂肪に包まれ、眼球などの組織を指せているのが眼輪筋です。
黒クマの症状を起こす原因

症状の原因である眼窩脂肪の膨らみは、眼球周囲の支持組織が緩んでが下がり、眼球の下にある眼窩脂肪が前に押し出されることによって突出してしまいます。
眼球周囲の支持組織が緩んで下がる原因は、加齢などによる眼輪筋の衰えで眼球を支えることができなくなることによるものです。

黒クマの原因は加齢によるものや、生まれつき眼球が下に下がりやすい骨格の方もいます。その為、10代からお悩みの方も多くいらっしゃいます。

黒クマの症状を起こす原因

黒クマの原因は加齢や骨格ですが、下記の生活習慣や行動は眼輪筋を衰えさせる要因となってしまします。
予防をするためにも確認をしてみて下さい。

日常生活でパソコン・スマホを長時間使用している 下を向いて本を読む習慣がある 姿勢が悪い 目をこする癖がある