全切開【症例No.232】 - 症例写真

埋没法・二重整形の症例写真

  • 絞り込み検索
  • 経過写真
  • 性別から選ぶ

経過写真

性別から選ぶ

症例写真

メイクなし

Before 全切開【症例No.232】
After 全切開【症例No.232】
Before 全切開【症例No.232】
After 全切開【症例No.232】

吉種Drのコメント

元々二重の患者様でしたが、左の方が二重幅が広く、右の幅を広くして左右をそろえたいと希望されました。目を閉じた状態で目から8mmのラインで皮膚を切開し、全切開法の手術を行いました。眼窩脂肪の垂れ下がりは少なかったため、右だけ少量切除しました。

全切開【症例No.232】
全切開【症例No.232】

経過写真

  • 術前

    全切開【症例No.232】

    全切開法の施術前の状態です。

  • 術直後

    全切開【症例No.232】

    全切開法の施術直後です。まぶたに腫れが出ており、内出血も見られます。

  • 翌日

    全切開【症例No.232】

    施術翌日の写真です。かなりまぶたが腫れており、患者様ご本人も目が開けづらい状態でした。

  • 3日後

    全切開【症例No.232】

    施術から3日が経ちました。腫れ、皮下出血ともにまだ強く出ています。患者様ご本人は、目をしっかり開けると痛みがある状態でした。

  • 1週間後

    全切開【症例No.232】

    施術から1週間が経過し、施術後3日目に訴えられていた痛みはなくなったとのことでした。
    まだ腫れは強い状態ですが、抜糸を行うと腫れも引きやすくなります。創部も綺麗な状態であり、皮下出血も引いてきました。

  • 2週間後

    全切開【症例No.232】

    施術から2週間が経過しました。腫れも引き、痛みもなくなったとのことでした。施術から3か月までは二重の形が変化していきます。

  • 1か月後

    全切開【症例No.232】

    施術から1か月が経過しました。創部は問題なく綺麗な状態です。切開法の場合、3か月程度は腫れが続きますので、まだ二重幅は変化していきます。

  • 3か月後

    全切開【症例No.232】

    施術から3か月が経過しました。1か月後の時点で気にされていた二重幅は落ち着き、患者様ご本人も問題ないとのことでした。創部も綺麗で問題ない状態です。

電話 0120-963-866 カウンセリング
TOPに戻る