脱毛が失敗することってあるの?

 
お電話の受付時間11:00~20:00 0120-963-866WEBでのご予約・お問い合わせはこちら
  • ご予約・お問い合わせ
  • 0120-963-866 11:00~20:00

2017年2月1日

脱毛が失敗することってあるの?

驚き

 

 

脱毛を考えている皆様で心配なのが【失敗】じゃないでしょうか?

脱毛は決して安くはない買いものですから失敗は避けたいですよね。

 

今回は脱毛にはどのような失敗があるのか、失敗を避けるためにはどうしたらよいのかを説明させて頂きます。

 

 

  • 脱毛にはどんな失敗があるの?

 

○毛が抜けない失敗

これは照射の出力が弱すぎた場合、毛が抜けないという失敗が起きてしまいます。

通常永久脱毛をする際、患者様個人の肌質、毛質などを見て出力を決定します。経験が豊富な施術者であれば適切な出力で照射することができるのですが経験の浅い施術者であると判断が適切でなく失敗してしまう場合があります。

 

○毛が一か所だけ抜けていない失敗

これは『照射漏れ』が考えられます。永久脱毛は人の手で行うため、稀に照射漏れが起きてしまうことがあります。ワキなど比較的に照射しやすい部位は問題ないのですが、顔やひじなど凹凸がある部分は照射漏れが考えられます。

この対処法としては、照射漏れの再照射などの対策を行ってくれるクリニックを選ぶことで失敗を回避できます。

 

○毛がまだらに抜ける失敗

これは失敗というより毛質の問題です。はたからみたら同じ部位に生えている毛は全て同じに見えますが、毛質は一本一本違います。

同じ部位の毛でも産毛のように弱い毛もあれば、しっかりしている毛も存在します。残ってしまった毛は次の照射の際に出力を上げて照射するため、気にする必要はありません。

 

○ヤケドの失敗

こちらは照射の際の出力が高すぎるとヤケドになってしまいます。

また日焼けした肌はヤケドのリスクが高まるため出力を弱くして照射するか、照射をお断りすることがあります。

ヤケドに関しては施術者の技術不足だけではなく、毛質によっても起こりうる失敗なのでヤケドに対する処置等も無料で行ってくれるクリニックを選ぶことをおすすめ致します。

 

 

以上のことは患者様からすると【失敗】に感じますが、脱毛のリスクであると思います。

良心的なクリニックであれば永久脱毛におけるリスクをきちんと説明した上でリスクヘッジを行いつつ施術をしてくれますので、『永久脱毛は絶対安全です!失敗はありません!』というようなクリニックは避けた方が良いかもしれません。

 

 

  • 脱毛にはどんな失敗があるの?~番外編~

 

○ ○○脱毛に勘違いして失敗

現在ではエステ脱毛に始まり、脱毛ローションや脱毛石鹸、スレッディング(糸脱毛)など色々な脱毛方法があります。

永久脱毛が出来るのはクリニックでの医療レーザー脱毛のみなのですが、それを知らずにほかの脱毛方法で永久脱毛を目指す方がいらっしゃいます。

 

エステ脱毛は一時的な制毛・抑毛効果であり、脱毛ローションや脱毛石鹸で脱毛は不可能です。(期待できるのは抑毛・制毛ですが医学的根拠はありません)スレッディングも糸により毛を抜いているため時間が経てばまた生えてきてしまいます。

 

ムダ毛の処理は女性のエチケットとされているため、ブラジリアンワックスに始まり色々な脱毛方法がありますが、各脱毛方法にどのような効果があるのか、メリットデメリットなどをきちんと理解する必要があります。

 

 

○若気の至りでVゾーンの毛が…

 

エステ脱毛の一時的な制毛・抑毛に対して医療機関での永久脱毛は一度完了してしまうと半永久的に毛が再び生えてくることはありません。

それゆえVゾーンの毛をハイジニーナ(パイパン)にしてしまい、後になって少しは毛を残しておきたかった…!と後悔する方も稀にいらっしゃいます。1度の照射で永久脱毛は完了するわけではないので4~5回目までにVラインのデザインは考える必要があります。

 

 

 

まとめ:脱毛の失敗は起こり得る

 

以上で説明した通り、脱毛は失敗してしまう可能性は0ではありません。その失敗の可能性を説明しつつ、何らかの対策を行ってくれる脱毛機関を選ぶことが重要です。

さらに、最近ではさまざまな脱毛方法があるので脱毛知識も必要かもしれませんね。

脱毛基礎知識一覧へ戻る