効果抜群!顔脱毛のメリットとは?

 
お電話の受付時間11:00~20:00 0120-963-866WEBでのご予約・お問い合わせはこちら
  • 0120-963-866 11:00~20:00
  • ご予約・お問い合わせ

メニューボタン

MENU

  • TOPページ
  • 脱毛がはじめての方へ
  • 脱毛照射部位一覧
  • 料金
  • ISEAのあんしん脱毛
  • クリニック紹介
  • スタッフ紹介
  • 脱毛基礎知識
  • よくある質問

2019年9月9日

効果抜群!顔脱毛のメリットとは?

image

顔脱毛のメリットはムダ毛の処理だけ、と思っていませんか。

顔脱毛には、肌のトーンアップや化粧ノリが良くなるなど、嬉しい美肌効果があります。

顔脱毛の範囲、やり方や必要な期間、顔脱毛と美肌の関係を紹介します。

 

 

1.顔脱毛とは?施術範囲や回数

顔脱毛では、発毛部位や発毛指令部位にレーザーを照射する方法が一般的です。

医療脱毛では、レーザーにより細胞を破壊、永久的な脱毛効果を発揮します。

【医療脱毛メカニズム】

医療脱毛メカニズム

エステ脱毛は細胞にダメージを与え、一時的に減毛が可能です。

【エステ脱毛メカニズム】

エステ脱毛メカニズム

 

顔脱毛の対象部位は「顔」ですが、レーザーで照射できる脱毛範囲は限られています。

脱毛可能な範囲は、額・頬・鼻下・顎。眼球や眉下・眉間は失明のリスクを伴い、
粘膜はヤケドのリスクを伴うため、照射できません。

脱毛機関によっては、顔脱毛の取り扱い範囲が「鼻下のみ」などと限られている場合もあります。

 

顔全体を照射したときに要する時間は30分です。

脱毛完了までの目安は、
医療脱毛は2~3ヶ月ごとの施術で5回、
エステ脱毛は12~18回程度です。ただし、個人差はあります。

 

 

2.顔脱毛のメリット

顔脱毛のメリットは「自己処理の手間やダメージがなくなる」
「毛穴が目立たなくなる」「シミやくすみの改善が期待される」
「肌が明るくなる」「化粧ノリがアップする」「ニキビ予防」など、数多く存在します。

なぜ、それ程のメリットが得られるのか、その理由を紹介します。

 

○自己処理の手間やダメージがなくなる

カミソリによる自己処理を繰り返すと、肌表面の角質を必要以上に削り取ってしまいます。

特に、頬は皮膚が薄いため、自己処理により肌荒れを起こす場合があります。

顔脱毛を完了すれば、自己処理の手間がなくなるだけでなく、肌トラブルのリスクも減らすことができます。

 

○肌が明るくなる

顔には多くの産毛が生えています。

産毛は細くとも黒いため、集まると肌のトーンを暗く見せます。

顔脱毛を完了すると、肌そのものの色が表れるため、肌が明るく見えるのです。

 

○化粧ノリがアップする

顔脱毛を完了すると、肌表面を覆っていた産毛がなくなります。

ファンデーションなどの化粧品と肌との間にあった産毛がなくなれば、
化粧品の肌への密着度が上がり、化粧ノリが良くなることが期待できます。

 

○ニキビを予防できる

ニキビの原因は、毛穴に詰まった皮脂や汚れです。

毛穴に毛がなくなることで皮脂やメイクの汚れがたまりづらくなります。

また、カミソリなどの自己処理によって傷ついた肌は、
ニキビなどのトラブルを起こしやすいものです。
脱毛することによりシェービングの回数(刺激)を減らせるため、ニキビ予防につながります。

 

その他、脱毛時に照射するレーザーの中には、肌のコラーゲンを活性化させる作用があり、コラーゲンの生成を促すことにより、シミやくすみの改善にもつながります。

 

 

3.顔脱毛のデメリット

顔脱毛のデメリットとしては、
「痛み」「毛嚢炎」「硬毛化」「赤み・やけど」が挙げられます。

それぞれの原因と対処法を紹介します。

 

○痛み

脱毛機から発生する熱エネルギーにより、毛の周囲の皮膚にも熱が伝わり、
痛みの原因となります。

ただし、他の部位に比べれば、顔脱毛の痛みはそこまで強いものではありません。
顔の中でも、額や顎の痛みは5段階で1レベル、ほとんど痛みを感じないと言われます。

それでも、皮膚が薄く骨に近いため、骨に響くような痛みを感じることがあります。
頬・鼻下は5段階で2レベル、多少の痛みを感じるかもしれないレベルです。

頬は皮膚が薄く、頬骨付近は骨に響く痛みがあるかもしれません。

 

○毛嚢炎

毛嚢炎とは、毛穴に雑菌が入り感染して起こる炎症です。

見た目は、ニキビに似た赤いぽつぽつとしています。

レーザーの照射後は、一時的に肌のバリア機能が低下するため、
感染が起こりやすく、特に注意が必要です。

毛嚢炎があるときは、悪化防止のため脱毛はできません。医療機関で抗生剤を処方してもらいましょう。

 

○硬毛化

硬毛化は照射後に毛が濃くなる症状です。

頬など産毛が多い部位の脱毛では、硬毛化しやすいと考えられています。

硬毛化が起こった場合は、出力調整をしたり、期間を開けたりといった工夫で乗り切ることがあります。

硬毛化が起きた際は、再照射のサポートがあるかもチェックしておきましょう。

 

○赤み・やけど

レーザーの照射により、肌のバリア機能は一時的に低下します。

特に肌が乾燥状態にあるときは、ヤケドのリスクも高まります。

顔の中で、皮膚が薄く皮脂の少ない頬は、乾燥しやすい部位です。

日頃から保湿や紫外線対策をするのはもちろん、脱毛前後は特にスキンケアを徹底しましょう。

 

注意していても、肌トラブルが起こることはあります。

万が一の場合は、医療脱毛であれば医師が常駐しているため、すぐに診察・処方が可能です。

脱毛の肌トラブルに対する、当院の対応について >

 

 

4.メリット・デメリットを知って後悔しない顔脱毛を

顔脱毛には、毛がなくなる以上に嬉しいメリットが沢山あります。

顔脱毛のデメリットは、どれも致命的なものではなく、対処法が存在します。

日焼けや乾燥は脱毛後の肌トラブルのもとですが、丁寧なセルフケアでトラブルは回避できます。

1日も早く美肌を手に入れるためにも、顔脱毛はおすすめです。

脱毛基礎知識一覧へ戻る