脱毛スプレーの効果と安全性

 
お電話の受付時間11:00~20:00 0120-963-866WEBでのご予約・お問い合わせはこちら
  • 0120-963-866 11:00~20:00
  • ご予約・お問い合わせ

メニューボタン

MENU

  • TOPページ
  • 脱毛がはじめての方へ
  • 脱毛照射部位一覧
  • 脱毛の料金一覧
  • ISEAのあんしん脱毛
  • クリニック紹介
  • スタッフ紹介
  • 脱毛の基礎知識
  • よくある質問

2016年2月18日

脱毛スプレーの効果と安全性

脱毛スプレー

 

皆さん「脱毛スプレー」というものをご存知でしょうか?

「脱毛スプレーって何?」「スプレーで本当に脱毛できるの?」なんて疑問をお持ちの方も多いはず。

 

脱毛スプレーはその名の通り、脱毛したい部分にスプレーを吹きかけるだけで簡単に脱毛できるといわれてるアイテムです。

簡単にムダ毛を処理できると人気を集めていますが、肌へのダメージが大きく、肌トラブルの原因となってしまう場合があります。

 

そこで今回は脱毛スプレーの効果や安全性、肌への影響について説明いたします。

脱毛を検討している方は是非参考にしてみて下さい。

 

脱毛スプレーとは

ムダ毛処理のアイテムとして販売されている「脱毛スプレー」。脱毛したい部分に毛が覆われる適度の量を均一にスプレーし、5~10分経ってからふきとるだけで、ご自宅でも簡単に脱毛ができると注目を集めています。脱毛効果の他、美白・美肌効果が期待できるなんてウワサも。

「これなら簡単、私にもできそう」と興味を持った方もいるのではないでしょうか。

 

脱毛スプレーの仕組み

脱毛スプレーには、「チオグリコール酸カルシウム」という成分が含まれています。これは脱毛クリームなどにも含まれている成分であり、チオグリコール酸カルシウムはアルカリ性の成分で、毛の主成分「たんぱく質」を分解させる性質を持っています。弱酸性である毛とアルカリ性であるチオグリコール酸カルシウムを反応させて毛を溶かし、なくすという仕組みです。

その為、脱毛スプレーは脱毛ではなく除毛効果が得られるといえるでしょう。

 

脱毛スプレーのメリット・デメリット

除毛といえど、脱毛スプレーはとても簡単にムダ毛が処理できるもの。しかし、簡単に除毛できる反面、意外なデメリットも隠れています。

メリット

  • 自宅でできる
  • 時間がかからない
  • 手の届きにくい部分も簡単

デメリット

  • 肌へのダメージが大きい
  • トラブルの原因になる場合がある
  • 除毛であり脱毛の効果は見込めない

などが挙げられます。

 

脱毛スプレーの安全性は?

脱毛スプレーは副作用の心配はないといわれていますが、肌トラブルを起こしてしまう可能性はあります。

スプレーに含まれている成分「チオグリコール酸カルシウム」はまれにアレルギー反応を起こす危険性があります。何故かというと、チオグリコール酸カルシウムは毛だけではなく、皮膚のたんぱく質も一緒に溶かしてしまうからです。

そのため、肌へのダメージは高くなります。お肌が敏感な方だけでなく、今までにアレルギー症状がでたことがないかたでも必ず使用前にパッチテストを行ってください。脱毛スプレーの成分が体に合わないと赤みが出てしまったり、ヒリヒリしたりと肌が炎症を起こしてしまいます。

また、短期間に繰り返し使用することで、肌トラブルまではいかなくとも乾燥を招いてしまったりといったダメージを受けてしまう可能性がありますので、気を付けましょう。

 

脱毛スプレーといえど、効果は除毛

脱毛スプレーだからといって、脱毛効果が期待できるというわけではないので、脱毛効果を期待している方は、一度見直してみる必要があります。自己処理方法の一つではありますが、肌トラブルを避けるためにも頻繁な使用は控え、十分に保湿ケアが必要です。

関連する脱毛基礎知識はこちら

脱毛基礎知識一覧へ戻る