クレヴィエルについて

クレヴィエルコントアについて詳しく解説いたします。

クレヴィエルコントアについて詳しく解説いたします。

クレヴィエル注入で
できること

  • 鼻、アゴなどの形成

クレヴィエルとは

●鼻筋やアゴ形成専用のヒアルロン酸 従来のヒアルロン酸注入剤は、もとは欧米で開発された製品です。そのコンセプトは、シワ修正やボリュームUPを目的とするものでした。
そのため、アジア人特有のニーズである、鼻を高くしたり、アゴの形成には不向きなものが多く、注入後に横に広がってしまう問題を抱えていました。
クレヴィエルコントアは、この問題を解決し、高濃度・高密度化することで、広がらず形を維持することが可能です。

●従来のヒアルロン酸よりも持続期間が長い 従来のヒアルロン酸の持続期間が約3か月~6か月に比べ、クレヴィエルコントアの持続期間は約1年~1年半と長持ちです。
クレヴィエルコントアの高密度ヒアルロン酸ゲルはヒアルロン酸を分解する酵素の浸透を抑制します。
そのため、一般的なヒアルロン酸よりも分解速度が遅いことが特徴です。
また、高い弾性と凝集性を持ち、高い抵抗力で外部からの圧力を受けても耐えられるため、効果を長く持続することができます。

  • 効果が現れるまで
    即日
    クレヴィエルコントアは注入直後から効果を発揮します。
  • ダウンタイム
    ほぼなし。内出血が出た場合は約2週間
    クレヴィエルコントアには、ほとんどダウンタイムはありませんが、腫れ・内出血・注入部位周辺の違和感が出ることがあります。いずれも1週間程度で治まりますが、内出血が消えるまでは約2週間程度かかる場合もあります。
  • 持続期間
    約1年~1年半
    クレヴィエルコントア注入の持続期間は約1年~1年半です。注入する部位や、個人差もありますが、クレヴィエルコントアは1年程度をピークに徐々に分解・吸収され、1年半程度経つとほとんどなくなります。効果を持続させるためには継続的な注入が必要となります。注入した部位を強く押したり、何度も触っているとクレヴィエルコントアが吸収されやすくなるので注意が必要です。
  • 通院
    不要
    クレヴィエルコントアは基本的に1回の注入で施術が完了いたしますので、通院の必要はございませんが、注入後1か月以内は無料で再注入を行っております。
    一度注入して様子を見てから、「やっぱりもう少し入れたい」といった場合は無料で再注入をいたします。また、万が一アレルギー反応が出た場合や、入れすぎてしまった場合はヒアルロン酸分解酵素である「ヒアルロニダーゼ」を注入してヒアルロン酸を溶かすことができますので、クリニックにご連絡ください。

クレヴィエルの注入部位

  • 鼻筋を高くし、立体感のある印象の顔立ちにします。

  • アゴ

    アゴを尖らせたり、前に出して立体感のある顔立ちにします。

クレヴィエル注入の料金

クレヴィエル注入の注意点

内出血が出ることがあります クレヴィエルコントアは皮膚に注射針を刺して注入するため、注射針の先が血管に当たって内出血をする可能性があります。内出血は確実に避けられるものではありませんが、イセアでは少しでも内出血を抑える・目立たなくするための取り組みを行っております。

腫れ・むくみ・鈍痛が出ることがあります クレヴィエルは注入後2~3日は腫れることがあります。この腫れは時間の経過と共に治まっていきますのでご安心ください。

妊娠中の方・妊娠の可能性がある方・授乳中の方は受けられません 妊娠している方、妊娠の可能性がある方、授乳中の方は試験による安全性の確認が取れていないため、クレヴィエル注入はできません。該当期間中はクレヴィエル注入を避けましょう。

アレルギーが出る可能性があります 個人差はありますが、体質やヒアルロン酸の種類によって、アレルギー症状が出る可能性があります。アレルギー症状の例として、腫れ、赤み、かゆみなどがあげられます。これらの症状が出た場合、「ヒアルロニダーゼ(ヒアルロン酸分解酵素)」を注入し、ヒアルロン酸を溶かす処置を行います。万が一ご不安なことがございましたら、クリニックまでご連絡ください。