• Reserve
  • Instagram
  • Doctor
  • Access
  • 鼻孔縁形成

    鼻孔縁形成(びこうえんけいせい)は、
    正面から見て目立つ鼻の穴を
    目立たないようにする手術です。

    About

    鼻孔縁形成について

    鼻孔縁形成

    鼻孔縁形成(びこうえんけいせい)は、正面から見て目立つ鼻の穴を目立たないようにする手術です。
    正面から見て目立つ鼻の穴とは、鼻先はそれほど上向きではなく、鼻の穴の縁が上に上がっているために鼻の穴が見える状態です。鼻孔縁形成では、耳の裏側をメスで切開して耳介軟骨(じかいなんこつ)を採取し、鼻の穴の内側を切開して採取した軟骨を移植します。これにより、鼻の穴の縁を引き下げることができるため、鼻の穴が目立たなくなります。
    鼻の穴が目立つ理由にはいくつかありますが、鼻先が上を向いていることによって鼻の穴が目立つ場合は鼻中隔延長(びちゅうかくえんちょう)によって鼻先を下に向け、小鼻が横に張り出していることによって鼻の穴が目立つ場合は鼻翼縮小(びよくしゅくしょう)によって小鼻の横幅を狭めるという方法があります。

    リスク・副作用:血腫・感染

    Method

    鼻孔縁形成の手術方法

    • 鼻孔縁形成の手術方法 STEP1
      STEP1

      左右どちらか片方の耳に局所麻酔の注射をします。
      麻酔が効いてきたら、耳の裏側からメスを入れ、皮膚とくっついた状態で耳介軟骨を採取します。(軟骨のみを採取することもあります)
      採取した軟骨は適切な大きさ・薄さに加工します。

    • 鼻孔縁形成の手術方法 STEP2
      STEP2

      鼻に局所麻酔の注射をします。
      両側の鼻の穴の内側を、メスで切開していきます。

    • 鼻孔縁形成の手術方法 STEP3
      STEP3

      切開部分から鼻の穴の縁に向かって剥離を行い、ポケットを作ります。

    • 鼻孔縁形成の手術方法 STEP4
      STEP4

      ポケット部分に採取した複合組織片(皮膚・耳介軟骨)を移植し、医療用の糸で縫合します。糸は5~7日後に抜糸します。

    Downtime

    鼻孔縁形成のダウンタイム

    鼻孔縁形成のダウンタイムは約2週間程度です。
    ダウンタイム後も、腫れを繰り返したり、安定しない状態が続くことがあります。それらが落ち着き、完成するまでには3か月程度かかります。

    Life

    鼻孔縁形成の術後の生活

    • メイク

      メイク

       当日からOK

      ※患部は避けてください

    • 洗顔

      洗顔

      当日からOK

      ※患部は濡らさないでください

    • シャワー

      シャワー

      当日からOK

      ※患部は濡らさないでください

    • 入浴

      入浴

      抜糸翌日からOK
    • スキンケア

      スキンケア

      当日からOK
    • コンタクト

      コンタクト

      当日からOK
    • 飲酒

      飲酒

      1週間後からOK
    • 喫煙

      喫煙

      1週間後からOK
    • 鼻をかむ

      鼻をかむ

      2週間後からOK
    • まつエク

      まつエク

      翌日からOK
    • 運動

      運動

      2週間後からOK
    • 眼鏡

      眼鏡

      当日からOK
    Pain

    鼻孔縁形成の痛みへの取り組み

    • 笑気麻酔

      局所麻酔の痛みを取り除く

      笑気麻酔は笑気ガス(亜酸化窒素)を鼻から吸引する麻酔です。笑気麻酔をすることで、酔っぱらったようなふわふわした感覚になり、痛みを和らげることができます。
      鼻の整形では、局所麻酔の注射針を刺す際の痛みを緩和する目的で使用します。

    • 局所麻酔

      術中の痛みを取り除く

      局所麻酔は対象部位に直接注射をし、痛みを取り除く麻酔です。
      局所麻酔が効いていれば施術中に痛みを感じることはありません。
      対象部位に直接注射針を刺すため、チクッとした痛みを感じます。

    • 静脈麻酔

      点滴をし、眠った状態で
      施術を
      受けることができます

      静脈麻酔は点滴によって眠った状態で施術を受けることができる麻酔です。麻酔の投与を中止すれば速やかに覚醒することができるため、入院の必要もなく体への負担も少ないのが特徴です。
      施術に対して恐怖心の強い方は静脈麻酔をお選びいただいております。

    • 全身麻酔

      執刀医と麻酔科医の2名体制で
      患者様の安全に努めます

      全身麻酔は点滴によって眠った状態で施術を受ける麻酔です。
      全身麻酔は全身の筋肉を弛緩(しかん=ゆるむこと)させるため、自力で呼吸することができなくなります。そのため、全身麻酔を行う際は酸素マスクを用いて人工呼吸を行います。
      イセアでは執刀医と麻酔医の2名体制で手術を行い、麻酔医が常に呼吸や血圧等を確認し、患者様の安全に努めます。

    Doctor

    ドクター紹介

    東京イセアクリニック院長 吉種 克之
    東京イセアクリニック院長
    日本形成外科学会認定 専門医
    吉種 克之
    YOSHITANE KATSUYUKI