脱毛とシミは関係あるの?

  • 0120-963-866 11:00~20:00
  • ご予約・お問い合わせ

2017年2月1日

脱毛とシミは関係あるの?

シミ

 

女性の天敵といえば【シミ】。いくらコンシーラーなどで隠すにしてもやっぱりシミは無いに越したことはないですよね。

「脱毛をするとシミが増える…?」なんてウワサもあるので脱毛を考えている方にとっては不安だと思います。

 

ですが、脱毛に使われるレーザーや光は紫外線は含まれていないのでシミが出来ることはありません。

シミが増えたと感じる方もいらっしゃいますが、それは脱毛によってターンオーバーが促され眠っていたシミが表面に出てきた場合です。

 

そこで今回は脱毛とシミの関係についてご説明させて頂きます。

不安を取り除けるようご説明させて頂きますので是非参考にしてみて下さいね。

 

シミの原因とは

シミがメラニン色素の集合体ということは皆様なんとなくご存知ですよね?

紫外線により角化細胞(ケラチノサイト)が異常に刺激されると、色素細胞に「メラニンを生成しなさい」という指令が出続けてしまい、過剰にメラニンが生成されてしまいます。

 

またホルモンは直接、色素細胞にメラニンを多く作らせます。通常であればメラニンは肌のターンオーバーと共に消えるのですが、過剰に作り出されたメラニン色素は、ターンオーバーで排出しきれずに残ってしまうのです。

過剰にメラニンが分泌されていない場合でもターンオーバーが乱れてしまうとメラニンがうまく輩出できなくなってしまいます。

 

原因は加齢だけでなく、ホルモンバランスの乱れやストレス、過剰な摩擦・圧迫などがあげられます。

 

シミがあると脱毛できない?

シミの程度によって脱毛が出来ない場合があります。

多くに脱毛器はメラニン色素に働きかけて脱毛していくので、メラニン色素の集合体であるシミにも作用してしまうのです。

それがヤケドの原因になってしまうので避けて照射する場合があります。

 

もちろんシミの程度によってはそのまま照射することも可能なので医師の判断が必要です。

 

脱毛をするとシミができる?

脱毛に使われるレーザーや光は紫外線は含まれていないのでシミが出来ることはありません。

万が一シミが増えたと感じるのであれば脱毛によってターンオーバーが促され眠っていたシミが表面に出てきた場合です。遅かれ早かれ、いつかは表面に出る予定のシミということですね。

この場合のシミは時間とともに薄くなっていくので問題はありません。

 

ひとつ注意しなければならないのはヤケドが原因によるシミです。

脱毛のリスクの一つである【ヤケド】をそのままにしておくとシミとして跡に残ってしまいます。ですから、ヤケドをした場合は早めの適切な治療が必要です。

 

脱毛選びの際はヤケドに対する処置をしっかりしてくれるクリニックを選びましょう。

イセアでは万が一のヤケドの処置も無料で行っています。

 

自宅でシミのケアがしたい!

レーザーやピーリングなどクリニックでのシミ治療は即効性はありますが、お値段ゆえに躊躇してしまう事もありますよね。また予防の意味として自宅でのシミ予防がしたい!という方におすすめな化粧品選び方をご紹介します。

ただ『美白』と謳っている商品を購入するのではなく、厚生労働省が認可した「薬用美白成分」が入っている事が重要です。

 

具体的にはアルブチン・ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・ハイドロキノン・トラネキサム酸・エラグ酸・コウジ酸・カモミラET・マグノリグナン・ルシノール・リノール酸・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)などがあげられます。ハイドロキノンやルシノールは皮膚科などでも処方しているのでベーシックなものです。

 

ですが市販しているものと皮膚科で購入するものは濃度が違うので効き目も当然違います。

高い効果を求めるのであれば皮膚科で処方してもらう事をおすすめ致します。

 

まとめ:シミがあっても脱毛は可!けど予防を忘れずに

女性の天敵であるシミは紫外線から肌を守ることで防ぐことが出来ます。脱毛によってシミが出来る事はないので安心して脱毛してください。

また、シミがあっても脱毛することは出来ますが、程度によっては避けて照射する場合もあります。

日頃からのシミ予防でいつまでもキレイなお肌でいたいですね。

脱毛基礎知識一覧へ戻る