デリケートゾーンのかゆみとアンダーヘア

 
お電話の受付時間11:00~20:00 0120-963-866WEBでのご予約・お問い合わせはこちら
  • 0120-963-866 11:00~20:00
  • ご予約・お問い合わせ

2017年2月13日

デリケートゾーンのかゆみとアンダーヘア

デリケートゾーン

 

おそらく女性の方は一度は経験したことがあるであろう「デリケートゾーンのかゆみ」。

恥ずかしくて誰にも相談できない、病院に行くのも気が引けてしまうなんて方も多いのではないでしょうか。

 

かゆみの原因は様々ですが、アンダーヘアが関係していることが多く考えられます。

また、デリケートゾーンのかゆみの原因として、まず考えられるのは「ムレ」だといえます。

 

そこで今回はデリケートゾーンのかゆみとアンダーヘアの関係性についてご説明させて頂きます。

かゆみにお悩みの方は是非参考にしてみて下さい。

 

かゆみとアンダーヘアは関係してる?

アンダーヘアのかゆみの原因はさまざまですが、アンダーヘアが関係している事も多く考えられます。

 

デリケートゾーンのかゆみの原因として、まず一番考えられる原因は「ムレている」ということです。

デリケートゾーンはいつも下着や衣類に覆われているため、他の部分と比べ通気性が悪く、ムレやすいと考えられます。また、アンダーヘアが長すぎたり、濃いという理由でムレが発生している場合もあります。

その他にも生理用ナプキンやおりものシートなどもムレの原因です。生理中はいつも以上にムレやすい為、こまめに交換を行いましょう。

 

デリケートゾーンのかゆみの原因

雑菌の繁殖によりデリケートゾーンにかゆみが生じてしまうこともあります。生理中やおりものなどが、どうしてもアンダーヘアに付着してしまって雑菌が繁殖してしまい、かゆみの原因となってしまうことがあるのです。

 

その他にも下着によるデリケートゾーンの締め付け・カンジタ膣炎・性感染症などによるかゆみが考えられます。

自分で対処できるかゆみと、薬を処方してもらわないと対処できないかゆみがあるので、ご不安な場合は一度病院に行かれることをおすすめ致します。

 

アンダーヘアは処理したほうがいい?

かゆみの原因がアンダーヘアにもあるなら、処理したほうがいいの?と思った方もいるはずです。

結論から言うと、長すぎたり、毛が濃い方はアンダーヘアの処理をオススメします。

 

しかし、デリケートゾーンは自己処理の仕方を間違えてしまうと肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が考えられます。

カミソリでアンダーヘアの処理をすると、カミソリは直接刃が肌にふれるため、毛と一緒にデリケートゾーンの皮膚の角質までも削ってしまい、かゆみの原因にも繋がります。

はさみで切るというという方法もありますが、毛を尖らせてしまいチクチクしてしまい、それもかゆみに繋がります。そのため、自己処理の際はVIO専用の電機シェーバーやヒートカッターをおすすめ致します。

 

また最近では、クリニックやエステサロンでデリケートゾーンの脱毛をする方も増えてきているので、自己処理に不安がある方はこちらもオススメです。

 

 

 

まとめ:デリケートゾーンは清潔な状態を保ちましょう

 

デリケートゾーンのかゆみはアンダーヘアが関係していることが多く考えられますが、原因はさまざまです。

デリケートゾーンにかゆみを感じるたら原因を解明し、早めのケアが大切です。

脱毛基礎知識一覧へ戻る