Vラインの脱毛

  • 0120-963-866 11:00~20:00
  • ご予約・お問い合わせ

Vライン脱毛Vライン脱毛

オシャレもできて清潔感も上がるVライン脱毛
オシャレもできて清潔感も上がるVライン脱毛

Vラインを脱毛したいけど、人に見られるのは恥ずかしいし、なによりも痛そう・・・
と思っている方も多いのではないでしょうか?
しかし、そう思っている方こそ、ISEAにご相談下さい。
ISEAでは、Vラインの脱毛の際の麻酔が無料、
さらに患者さまが恥ずかしい思いをされぬよう対策を、
自然に整えられる毛量、デザインもご提案しております。

Vラインを脱毛したいけど、
人に見られるのは恥ずかしいし、なによりも痛そう・・・
と思っている方も多いのではないでしょうか?
しかし、そう思っている方こそ、ISEAにご相談下さい。
ISEAでは、Vラインの脱毛の際の麻酔が無料、
さらに患者さまが恥ずかしい思いをされぬよう対策を、
自然に整えられる毛量、デザインもご提案しております。

Vライン脱毛とは

Vラインの脱毛

ISEAのVラインの脱毛では、腰骨から太ももの付け根の上にかけて全て脱毛します。
このVラインの範囲については、クリニックにより様々で、太ももの付け根部分のみをVラインとしている場合もありますので、注意が必要です。
あまり人目に付く部分ではありませんが、オシャレな下着や水着を着るときに自己処理をする方も多く、また、デリケートな部分を清潔に保つことを目的としてVラインの脱毛をする方が増えています。デザインなども好みによりさまざまな形にすることが出来ます。無毛にするハイジニーナ脱毛だけではなく、毛量を薄くしたり面積を小さくするなど自然な形も人気です。

Vライン脱毛は恥ずかしい 完全個室・隠しながらの照射・ 女性スタッフが施術を行います

Vラインを脱毛したいけど、恥ずかしくて踏み切れないという方もいらっしゃいます。ISEAでは、患者さまができるだけ恥ずかしさを感じずにいられるよう、完全個室での施術、タオルガウンで隠しながらの施術、女性スタッフが施術を行っております。
また、ISEAでは脱毛だけでなく、美容医療にまつわる様々なデリケートゾーンのお悩みにもお応えしておりますので、気になることがございましたら、ぜひご相談下さい。

女性特有のお悩みについてはこちら>>
(東京イセアクリニックオフィシャルサイト)

Vライン脱毛は痛そう麻酔を無料で処方します

Vラインの脱毛はとても強い痛みを感じる部位です。Vラインに生えている毛の毛質は、太く濃い毛である上に、量も多く、密集しています。デリケートな部位であることに加え、人によっては色素沈着を起こしているので痛みが感じやすくなっています。
ISEAでは、Vラインの脱毛をお申込みいただいた患者さま全員に無料で麻酔を処方しております。笑気麻酔もしくは、表面麻酔を使用し、施術を受けていただくことが可能ですので、痛みに弱い方もご安心下さい。

ISEAの痛みへの取り組みについてはこちら>>

どんな形がいいか分からない 人気の形は小さい逆三角形、 人気の毛量は地肌が見えるくらいの薄さ

Vラインの形をお悩みの方も多いのではないでしょうか。整えたいけどどうしたら良いか分からないという方もいらっしゃいます。
今一番人気のある形は小さい逆三角形です。ショーツや水着に隠れる程度の大きさの逆三角形に整えます。また、併せて毛量を半分くらいに減らされる方も多くなっています。
毛量を減らす場合は、2~3回までVライン全てを照射し、4~5回で形を整えていくことがベストです。その他にも様々な毛量や形に対応いたしますので、お気軽にご相談下さい。

肌トラブルが不安 万が一、肌トラブルが起きた場合、 無料で治療します

Vラインの脱毛に限らず、脱毛にはリスクがあります。万が一、肌トラブルが起きてしまった場合、ISEAでは治療費や薬代などは一切いただかず、治療、薬の処方をさせていただきます。ご帰宅された後でも何か気になることがありましたら、クリニックにお電話下さい。

脱毛のリスクへの取り組みについてはこちら>>

また、Vラインはデリケート部分でもあるため、自己処理は十分にお気をつけ下さい。保湿を心がけること、また照射後の生えかけはかゆみが生じる場合があるので、電動シェーバーでこまめに処理していただくことをおすすめしています。

Vラインのデザイン

VIOデザイン脱毛について VIOデザイン脱毛について

Vラインの脱毛は他の部位にはないデザイン性も求められます。
ISEAでは熟練の女性スタッフが、患者さまのご希望のデザインに限りなく沿えるよう、施術を行っております。
ご希望の形や毛量がある場合は、事前に施術スタッフにご相談下さい。患者さまと確認しながら、マーキングを行い、照射して行きます。形を整える場合は、2、3回目までVライン全体を照射することをオススメしています。1回目から形に沿って照射してしまうと、毛が生えている部分と生えていない部分の境界線がハッキリとしてしまうため、不自然になってしまう可能性があるからです。全体を照射したときは、無毛(ハイジニーナ)期間があるため、気になる方はスケジュールに併せてご予約下さい。

Vラインの脱毛について

Vラインの脱毛の施術時間

Vラインの脱毛の所要時間は約20分です。ライトシェア・デュエットの冷却機能付き小さい照射口のハンドピースもしくはメディオスターを使用して行います。Vラインにジェルを塗布し照射、ジェルの拭き取り、炎症止めの軟膏を塗布して終了です。
麻酔を使用する場合、笑気麻酔は上記の時間に含まれていますが表面麻酔は30分程度で効果のピークを迎えるため施術の30分前に自宅で塗布するもしくは30分前にクリニックにお越し頂きご自身で塗布して頂いたあとに待合室でお待ち頂いております。

Vラインの脱毛の痛みレベル

Vラインの毛の濃さと太さ、肌の敏感さからVライン脱毛の痛みレベルは全身の中でも最も痛みが強い部位ですので、麻酔を使用する方も多くいらっしゃいます。
ISEAではVラインを含む部位をご希望の方は、表面麻酔もしくは笑気麻酔を無料で処方させていただきます。
痛みが原因で脱毛を諦めてしまった方もぜひご相談下さい。

Vラインの脱毛のリスク

Vラインの脱毛にリスクはほとんどありません。ただし脱毛直後に稀に赤く浮腫みのような腫れを生じる方がいらっしゃいますが時間とともに改善されます。毛嚢炎などは起きにくい部位ですが脱毛後は清潔を保つようにして下さい。

『脱毛のリスクへの取り組み』はこちら『脱毛のリスクへの取り組み』はこちら
照射時の格好

Vラインは毛が濃く脱毛効果が表れやすい分、赤みの炎症も起こしやすいです。施術後は炎症止めの軟膏を塗布していますが、それでも赤みが引かない場合はご自宅用にお渡しする炎症止めの塗布をおすすめ致します。またVラインはデリケートな部位のため施術後は清潔を心がけて下さい。

Vラインの脱毛で気をつけること

Vラインの脱毛で気をつけること

Vライン脱毛時は仰向けで行い、目の保護のためアイシールドを付けさせて頂いております。下半身のお召し物は下着を含めて脱いで頂き当院のタオルガウンを着用して施術を行います。少しでも患者様の恥ずかしさが低減されるように照射部位以外は隠しながら照射を行います。

Vラインは生理期間中の照射をご遠慮頂いております。せっかくご予約を頂いてもキャンセルして頂くことになってしまいますので、ご予約の際はお気を付けください。

Vラインの脱毛に関するQ&A

Vラインの脱毛に関するQ&A

無毛ではなく毛を少なくしたいのですが可能ですか?
照射回数を少なくすることで量の調整も可能です。

はい、可能です。毛量の調整も行っておりますので脱毛前にご相談ください。

Vラインをすると一時的に無毛状態になるのでしょうか?
照射した部分は無毛の状態になります。

Vラインの脱毛をされるすべての方に最初は全照射をおすすめしております。毛量調整をご希望される方も最初の1~2回はVラインを全体照射することによって自然な毛量調整ができるためです。抵抗がある方は脱毛前にお申し付けください。

ハート型やたまご型など流行りの形にすることは可能ですか?
はい可能です。

はい可能です。小さいハンドピースで照射するためご希望のデザインで脱毛することが出来ます。

痛みが心配です。
麻酔の処方が可能です。

ISEAではVIOを含むプランに無料で笑気麻酔もしくは表面麻酔を付けさせて頂いておりますので痛みが不安な方も安心して施術を受けて頂けます。

Vラインの料金

ISEAの患者さまの体験談