全身脱毛の効果はいつから?実感できる回数や期間を解説

 
お電話の受付時間11:00~20:00 0120-963-866WEBでのご予約・お問い合わせはこちら
  • 0120-963-866 11:00~20:00
  • ご予約・お問い合わせ

メニューボタン

MENU

  • TOPページ
  • 脱毛がはじめての方へ
  • 脱毛照射部位一覧
  • 料金
  • ISEAのあんしん脱毛
  • クリニック紹介
  • スタッフ紹介
  • 脱毛基礎知識
  • よくある質問

2019年8月28日

全身脱毛の効果はいつから?実感できる回数や期間を解説

image

 

薄着の季節や異性との出会いなど、ふとしたときに気になる全身のムダ毛。
全て脱毛する場合、効果を実感できるまでにはどのくらいかかるのでしょうか。
全身脱毛の効果を実感できる回数や期間、脱毛方法による違いを解説します。

 

 

1.効果的な脱毛方法と1回の効果


脱毛をするときに知っておきたいのが、毛の成長・生え変わりのサイクルである「毛周期」。
毛が成長する「成長期」、成長が止まり抜け落ちる「退行期」、発毛を停止している「休止期」、
全ての毛がこのサイクルを繰り返しています。

 

haircycle

 

実はこの効果が発揮されるのは「成長期」の毛に限られます。
ただし、毛の成長サイクルは全ての毛で同じではないため、退行期や休止期を考慮して、時期をずらして脱毛を行う必要があります。

全ての毛は毛周期に従って成長を繰り返していますが、毛周期は約2ヶ月サイクルです。

成長期の毛は毛全体の約20%のみであるため、1回で約20%を脱毛できると考えてよいでしょう。
さらに、毛の成長の司令塔であるバルジ領域に熱を伝導する蓄熱式の脱毛機を用いることで、
さまざまな肌質や毛質の患者様に対応できます。

 

 

2.脱毛効果が分かる回数と期間の目安

一般に広く普及している脱毛方法として、レーザーを用いた医療脱毛・エステ脱毛があります。
医療脱毛とエステ脱毛では、脱毛に対する考え方や脱毛機の出力が異なるため、脱毛効果も異なります。
それぞれの脱毛方法のメカニズムと効果を確認しておきましょう。

 

2-1医療脱毛

医療脱毛のひとつであるレーザー脱毛は、レーザーの「黒い色だけに反応する」特質を生かした脱毛法です。
そのため黒くて太い毛ほど反応しやすく、メラニン色素の少ない産毛には反応しにくく効果を実感するのに時間がかかります。

【医療脱毛のメカニズム】

医療脱毛メカニズム

具体的には、反応しやすいのは脇・腕・脚・Vライン、反応しにくいのは顔やうなじといった産毛の多い部位です。

レーザーを照射すると、レーザーの熱が毛根のメラニン色素に吸収されて周囲に伝導し、毛母細胞が破壊されます。
成長期の毛は約20%であるため、1度に約20%を脱毛するならば、すべての毛100%を脱毛するには5回で完了する計算になります。
毛周期やコンディションはひとりひとり異なるため、結果には個人差があるため、ひとつの目安として考えておきましょう。

毛量や満足する仕上がりには個人差はありますが、毛周期に合わせて数カ月に1度の照射を続けることで、
最低3回ほどで効果が表れるのを実感できるでしょう。
おおよそ自己処理が不要になる目安は医療脱毛で5回、2ヶ月に1回の照射で1年程度となります。

 

2-2エステ脱毛

医療脱毛に並び、エステ脱毛も有名ですが、エステ脱毛は脱毛ではなく「一時的な減毛・抑毛」を目的としています。
そもそも毛根を破壊する行為は医療行為であるため、エステサロンでは脱毛を行うことができません。

【エステ脱毛のメカニズム】

エステ脱毛メカニズム

医療脱毛よりも脱毛機の出力が弱く、永久的な脱毛効果は得られませんが、一時的に毛量を減らすことは可能です。
エステ脱毛で自己処理が不要になるまでの目安は約10~14回、期間にして約2~3年程度です。

 

3.安全に効果的に脱毛を行うためにできること

脱毛の効果を確実に実感するために、施術の前後や日常のケアについて紹介します。

○保湿

乾燥はあらゆる肌トラブルの原因となります。
レーザーの照射刺激により痛みや炎症を引き起こしてしまうリスクを低減するためにも、脱毛箇所の保湿を徹底しておきましょう。顔と同様、化粧水や乳液、クリームなど、肌に水分を補い油分で保護しましょう。

 

○紫外線対策
日焼けにより肌のメラニン色素の量は増加します。
照射したレーザーがメラニン色素を多く含んだ日焼け後の肌に反応してしまうと、
熱が毛に伝わらないだけでなく、やけどのリスクがあります。
うっかり日焼けしてしまった場合、医療機関であれば日焼けの程度や安全性を見極めて脱毛できるかどうか判断ができます。
場合によっては施術を断られることもありますが、安全に施術を行うことが肌トラブルを回避する最善策です。
日焼け止めを塗る、日傘をさすなどの習慣を心がけましょう。

 

○毛抜きを行わない
レーザーが毛母細胞にダメージを与えるという性質上、毛抜きにより反応する毛を失うと脱毛効果が得られません。
当院でも、脱毛中は毛抜きによる自己処理を控えていただいております。

 

○毛周期に合わせて脱毛に通う
脱毛効果は成長期の毛に適切な出力で照射することで得られます。
表面に出ている毛は約20~30%なので、毛が生えそろう数ヶ月の間隔で照射を行いましょう。
こまめに施術を受けても、短期間で効果が得られるわけではありません。

 

 

4.日常ケアと定期的な照射で全身脱毛の効果を高めよう

全身脱毛は脱毛方法にもよりますが、効果を実感できるまでの
おおよその回数は医療脱毛で約5回、エステ脱毛で10~14回、
期間は医療脱毛で約1年、エステ脱毛で2~3年程かかります。
いずれの方法を選択するにせよ、良い肌状態を保ち、効果的に施術が受けられるよう、日々のセルフケアを継続しましょう。
毛周期に合わせた施術予約がとれ、自宅や職場から無理なく定期的に通える機関で、十分なカウンセリングやアドバイスを得ながら、納得のいく仕上がりを手に入れましょう。

脱毛基礎知識一覧へ戻る