• Reserve
  • Instagram
  • Doctor
  • Access
  • 鼻尖形成後のメイクはいつからできる?

    投稿日:
    2021/06/09
    鼻尖形成・鼻尖縮小
    鈴木 知佳医師
    著者
    東京イセアクリニック
    形成外科医
    鈴木 知佳

    Shere

    こんにちは。東京イセアクリニック形成外科医の鈴木 知佳です。

    鼻先をシャープにして団子鼻を解消する鼻尖形成。術後、いつも通りのメイクができる時期や、鼻尖形成後に理想の完成を妨げることのないよう、メイクをする上で気をつけたいことやメイク以外で注意すべきことについて説明します。鼻尖形成に関するよくある質問への回答にもお答えします。

    鼻尖形成後のメイクは施術直後から可能

    鼻尖形成後のメイクは手術直後から可能です。鼻尖形成では鼻の内側のみ、鼻の内側と両鼻の穴の間を切る方法の二通りあります。また必要に応じ脂肪を除去したり耳介軟骨を挿入したりして縫合し、術後に鼻先と耳の後ろの軟骨採取部位を医療用テープで固定します。

    外側に傷のない鼻にテープをするのは、不安定な術後の鼻を固定し保護するためです。メイクをする場合は、デリケートな手術部位は避け、固定テープが剥がれないように注意してください。メイクの範囲は、手術部位以外に留めてください。アイメイク、チーク、口紅などは可能です。

    鼻付近のメイクは抜糸後から

    鼻の内側を切った傷を縫った糸は術後自然に吸収されます。両鼻の穴の間の傷を縫った糸は抜糸が必要になります。抜糸ができ、テープ固定を外したら、手術部位もメイクすることができます。

    鼻尖形成後のメイクで気を付けること

    鼻尖形成後のメイクで気を付けることは、以下の2点です。

    ⚫︎再診・抜糸前に患部を濡らさないようにする

    ⚫︎刺激を与えすぎないようにする

    再診・抜糸前に患部を濡らさないようにする

    術後5~7日後の再診では、鼻の固定テープを外し、耳介軟骨を採取している場合は抜糸を行います。再診前にメイクを落とす場合は、手術部位に貼った固定テープを濡らさないようにしましょう。テープが濡れると剥がれやすくなったり、皮膚が蒸れて菌が繁殖しやすくなったりします。感染を起こすと、傷の治りが悪くなり、痕が残ることがあります。基本は、手術した部位を避けて泡を乗せて洗います。鼻より高い位置にあるアイメイクを落とすときには、ふき取りタイプのメイク落としを利用するなど工夫しましょう。万が一、テープを濡らしてしまったら、きれいなタオルでふき取り自然に乾かします。

    刺激を与えすぎないようにする

    抜糸後は、鼻を含めて顔全体を洗って大丈夫ですが、術後1か月間くらいは擦らないように注意しましょう。術後の患部はデリケートです。刺激によって傷が開いたり、軟骨を挿入している場合は動いたりずれてしまったりといったリスクがあります。強く押したり、ぶつけたりといったことはもちろん、メイク落としの際も、丁寧にやさしく洗うことを心がけましょう。濃いメイク、落ちにくいメイクの場合は無理に擦らず、メイクの濃さに応じたクレンジング剤を使い分けることで、力を入れずにメイクを落としやすくなります。

    鼻尖形成後、メイク以外に注意することは?

    鼻尖形成後は、メイク以外にも日常生活における注意が必要な点がいくつかあります。

    シャワーは当日可、入浴は抜糸後から

    鼻尖形成術後は当日からシャワーを浴びることができます。ただし、メイク同様、患部は濡らさないようご注意ください。髪を洗う際はシャンプーハットやドライシャンプーをとり入れるなど、鼻や軟骨を採取した部位を濡らさない工夫をしましょう。

    なお、入浴は循環がよくなることで腫れにつながる可能性があるため、術後は5~7日後の再診で糸や固定テープが外れるまで控えてください。

    飲酒、激しい運動は避けましょう

    ダウンタイムの腫れはある程度マスクやメイクで隠すことができますが、血流がよくなることでダウンタイムが長引いたり、症状が強く出ると、隠しきれないこともあります。飲酒や激しい運動をすると、入浴と同様、血流が増加します。術後1週間程度は控えましょう。飲酒はむくみも招くため、患部の腫れにもつながります。激しい運動同様、負荷の大きい体力仕事も控えておいた方がよいでしょう。

    鼻尖形成は実績のあるクリニックがおすすめ

    鼻尖形成の仕上がりは医師の技術力に左右されます。治療をしても変化を感じられない、元に戻ってしまう、仕上がりが不自然な形になるというのは、技術力不足によるものです。経験豊富な医師がいるか、症例実績が掲載されているかなどを確認し、信頼できるクリニックを選びましょう。

    鈴木が執刀した症例をいくつかご紹介いたします。

    鼻尖形成(耳介軟骨移植)・鼻翼縮小・プロテーゼ隆鼻術を行なっております。

    紹介した症例写真を詳しくみる

    鼻尖形成(耳介軟骨移植)・鼻翼縮小を行なっております。

    紹介した症例写真を詳しくみる

    鼻尖形成(耳介軟骨移植)・鼻翼縮小・プロテーゼ隆鼻術を行なっております。

    紹介した症例写真を詳しくみる

    鼻尖形成とメイクに関するよくある質問

    鼻尖形成についてのよくある質問にお答えします。

    Q.内出血や腫れはメイクで隠れますか?

    A. 内出血はファンデーションやコンシーラーなどでカバーすることができます。術後は鼻をテープ固定しますが、テープ固定した鼻付近は再診で医師がテープを外してから、それ以外は当日からメイクできます。腫れはマスクをすることでも、隠すことができます。ただし、ダウンタイムの症状には個人差があり、余りにも腫れがひどいと隠しきれないこともあります。治療を受ける際は、術後お休みがとれるように、ある程度余裕を持ったスケジュールを組んでおくことが望ましいでしょう。

    Q. 傷は目立ちますか?

    A. 傷ができるのは鼻の穴の内側または、鼻の穴と鼻の間、軟骨採取部位です。鼻の内側であれば傷は見えませんが、耳は髪型によっては見える場所です。テープ固定を外し抜糸が済んだ後の傷は、はじめは赤く、半年から1年ほどかけて薄くなり、やがて白く平らに落ち着きます。傷が目立たなくなるまでは、帽子をかぶったり、髪形を工夫したりして隠すことができます。

    まとめ

    この記事では、以下の内容についてお伝えいたしました。

    ・鼻尖形成後のメイクは施術直後から可能

    ・鼻付近のメイクは抜糸後から

    ・鼻尖形成後のメイクで気を付けること(抜糸前に患部を濡らさないようにする/刺激を与えすぎないようにする)

    ・鼻尖形成後、メイク以外に注意することは?(シャワーは当日可、入浴は再診・抜糸後から/飲酒、激しい運動は避けましょう)             

    ・鼻尖形成とメイクに関するよくある質問(内出血や腫れはメイクで隠れますか?/傷は目立ちますか?)

    鼻尖形成後のメイクは術後当日からできます。内出血などはコンシーラーで隠すことができます。ただし、患部は再診・抜糸後からで、それまではメイク落としやシャワーのときなども患部を濡らさないように注意しましょう。術後の幹部はデリケートで強く圧迫したり擦ったりすると形が崩れてしまう可能性もあるため、強く触れることは避けましょう。

    About the author
    About us

    美容外科・皮膚科
    東京イセアクリニックの
    鼻の整形専門サイトです。