メスを使う脂肪吸引と切らない脂肪吸引、その違いとは?

脂肪吸引手術は興味あるけど、手術は怖い、痛みが心配、という人は多いですよね。
仕事が忙しくてあまり休みの取れない人や、脂肪吸引施術をしたことを周りの人には気が付かれたくない人もダウンタイムの間の生活が心配な人は多いと思います。実は脂肪吸引手術にはメスを使って切開し、カニューレを挿入して脂肪吸引手術を行うもののほかに。「メスを使わない脂肪吸引」と呼ばれる施術方法があることをご存じでしょうか。メスを使った脂肪吸引とメスを使わない脂肪吸引ではどちら効果的でどのような違いがあるのか、気になりますよね。そこで今回はメスを使った脂肪吸引と切らない脂肪吸引の違いについてご紹介したいと思います。

メスを使う脂肪吸引の特徴と効果とは?

まず一般的にメスを使って行う脂肪吸引とは従来式の脂肪吸引術と最新の脂肪吸引術言われるベイザー脂肪吸引術の2種類があります。まず従来式の脂肪吸引術では、皮膚の皺に沿って目立たない場所からカニューレを挿入し、そのままごしごし脂肪を掻きだす方法です。比較的安価ですが内出血や腫れ、痛みなどが大きく、ダウンタイムが長いことがデメリットでした。部位によっては脂肪除去が困難だったり、医師の力量によって仕上がりが大きく左右されたりするためデメリットも大きい手術方法と言えます。これに比べて最新のベイザー脂肪吸引術は皮下脂肪の層に麻酔液を注入し、ベイザー波と呼ばれる超音波の高周波振動で脂肪細胞を遊離させ、線維細胞を傷つけることなく脂肪細胞のみを除去することが可能になりました。内出血がほとんどないためダウンタイムも短く、従来型では不可能だった部位まで含め、皮下脂肪の90%が除去可能部分となりました。線維細胞を傷つけないため皮膚がたるむ心配がなく肌にハリがある美しい仕上がりも特徴です。

Look at my perfect figure. Close up of slim waist of young woman standing in white panties. Isolated and copy space in left side

切らない脂肪吸引の特徴と効果とは?

一方切らない脂肪吸引と呼ばれているものには脂肪融解注射やスリムスペック、ウルトラアクセント、テノールなどがあります。脂肪融解注射は特殊な薬液を脂肪層に注入し、脂肪細胞を縮小させる施術方法で、内出血や痛みがほとんどなく、ダウンタイムがほとんどないのが特徴です。ただし、確実な効果を実感するためには最低でも5回以上施術を受ける必要があり、短期間で即効性を期待する人や、大きな範囲での施術には向いていません。スリムスペックはセルライトに効果的な機器で、セルライトを体外衝撃波で粉砕します。ウルトラアクセントは脂肪細胞だけに共振する特殊な超音波で脂肪細胞を破壊し、溶解した脂肪細胞を高周波によってリンパや血管に排出します。テノールは高周波を使った機器で、血行促進、線維芽細胞の活性化を促し、たるみを改善し、新陳代謝を上げる効果が期待できます。いずれの施術も皮膚を切り裂く必要がないため痛みがなく、ダウンタイムがないので日常生活を送りながら痩身を目指すことが可能です。

10_3

脂肪のつき方や量によって施術方法を決めるのがおススメ!

それほど脂肪が多いわけではないけどボディラインが気になる、部分痩せをしたいという人はまずは切らない脂肪吸引術を受けてみることもおすすめです。痛みがなく、腫れや内出血が起こらないので周りの人に知られることなくこっそり理想的なボディを手に入れられます。悩みに応じて対応する機器も違ってくるので事前に興味がある機器をチェックしておきましょう。切らない脂肪吸引はより手軽に行える半面効果も穏やかなので、太ももや背中、お腹まわりなど比較的広範囲な場所の脂肪吸引を希望している場合は、切るタイプの脂肪吸引術が確実な結果を期待できそうです。自分の体型の悩みにはどのような施術が向いているのか、どのような施術をすれば期待する効果を実感できるのかをまずは医師と相談の上じっくり決めてみて下さいね。


ライター情報

Comments are closed.