• Reserve
  • Instagram
  • Doctor
  • Access
  • 鼻プロテーゼの術後はマスクを着けても大丈夫?

    投稿日:
    2021/06/09
    プロテーゼ隆鼻術
    鈴木 知佳医師
    著者
    東京イセアクリニック
    形成外科医
    鈴木 知佳

    Shere

    こんにちは。東京イセアクリニック形成外科医の鈴木 知佳です。

    鼻プロテーゼの術後の鼻周りは医療用テープのみの場合もあればギプス等で固定され、術後の腫れが表れることもありますが、できればギプスやテープ、腫れは目立たせず術後であることは隠しておきたいものです。

    鼻周りを隠すにはマスクが便利ですが、術後にマスクを着用しても大丈夫なのでしょうか。鼻プロテーゼ後にマスクをする場合の注意点や、マスク以外に気を付けること、よくある質問に対する回答を紹介します。

    鼻プロテーゼでマスクをしても基本的にはOK

    鼻プロテーゼの術後はマスクをしても基本的に問題はありません。実際、イセアクリニックでも、手術当日お帰りの際に、ご希望の方には無料でマスクをお渡ししています。

    術後、患部を固定するために、鼻を覆うように医療用テープを貼ります。テープは術後5~7日ごろの再診時まで付けたままにしておいてください。テープの範囲はマスクで隠すことができる大きさです。また、術後のダウンタイムには、腫れや内出血、むくみなどの症状が表れ、内出血は鼻付近~目元まで広がる場合があります。ダウンタイムの症状は約2週間、腫れたり治まったり安定しない状態から症状が落ち着き完成するまでは約3か月です。症状には個人差があり、目立つ場合もあるので、余裕を持ったスケジュールで手術を受けていただきたいところですが、メイクとマスクをすることで、術後の鼻周囲を隠しやすくなり、日常生活に戻りやすくなります。

    鼻プロテーゼでマスクをする際の注意点

    鼻プロテーゼの術後にマスクをする際は、以下のことに注意をしましょう。

    ⚫︎圧力をかけないようにする

    ⚫︎清潔なマスクを使う

    まず、「圧力をかけないようにする」ことが大切です。鼻プロテーゼ術では、鼻の穴の中からメスをいれ、鼻筋の骨の膜を剥がして、その膜の下にプロテーゼを入れます。プロテーゼはボルトなどで固定されているのではなく、骨の膜の中に納まっている状態です。時間の経過により安定しますが、術後の不安定な状態で強い力が加わると、ずれてしまうリスクもあります。きれいな鼻を手に入れるために、術後5~7日目の再診まではテープ固定で安定させ、術後2週間はメガネをかけたり鼻をかんだりといった患部の負担となる行為も避けましょう。

    次に、「清潔なマスクを使う」ことです。鼻プロテーゼはメスを使った治療法のため、傷口から細菌が侵入し感染を起こすリスクが伴います。イセアクリニックでは、感染リスクをゼロに近づけるため、院内や医療器具の清潔を保つことなどの取り組みを行っていますが、皮膚の組織内や空気中には常に細菌が存在します。患部に触れる、患部を濡らす、患部にメイクをするなどの行為はもちろん、不潔なマスクを使用することも感染につながります。感染を起こすと腫れや痛み、発熱の症状となって表れます。感染を放置すれば、皮膚がひきつる、破れる、プロテーゼが飛び出る、皮膚が凸凹するなどといったことにもつながります。術後は感染予防として抗生物質を処方しておりますが、ご自身でできる感染対策として、抗生物質の内服はもちろん、清潔なマスクの着用を是非お願いします。

    鼻プロテーゼでマスク以外にも気を付けること

    鼻プロテーゼの術後は、マスク以外にも気を付けたいことがあります。それが、以下の2つです。

    ⚫︎飲酒・喫煙・激しい運動は控える

    ⚫︎過剰な塩分摂取は控える

    飲酒・喫煙・激しい運動は控える

    ダウンタイムの症状はある程度マスクやメイクで隠すことができますが、血流がよくなるとダウンタイムが長引く、あるいは症状が強く出ることがあります。血流が良くなる飲酒や入浴は約1週間、運動は約1か月間避けてください。また、喫煙は術後の回復に必要な血中の酸素や栄養素の運搬を妨げます。きれいな仕上がりになるように、完成までは禁煙を心がけましょう。

    過剰な塩分摂取は控える

    ナトリウムは水を引き込む性質があり、過剰な塩分摂取はムクミを招きます。外食や加工食品、漬物などには塩分が多く含まれており、過剰摂取になりやすい傾向があります。食事はなるべく手作り、薄味で、ハーブやスパイスを活用するなどの工夫をしましょう。また、野菜にはカリウムが多く含まれており、ナトリウムの排泄を助けてくれるので、意識して摂取したい食材です。ダウンタイムの症状を短くできるよう、食事にも注意が必要です。

    鼻プロテーゼとマスクに関するよくある質問

    鼻プロテーゼとマスクに関する、よくある質問にお答えします。

    Q.鼻プロテーゼ直後のギプスはマスクで隠れますか?

    A. 鼻プロテーゼ術の後は、ギプスやテープで固定を行います。テープの場合はマスクで十分隠すことができます。

    ギプスやテープは術後の幹部の不安定な状態を保護し固定するために使用されます。ギプスは主に骨を切る手術などに使用することが多いです。プロテーゼの場合、骨膜は剥がしますが骨を傷つけることはなく、注意事項をお守りいただければ、日常生活はテープ固定で過ごすことができるでしょう。ライフスタイルに合わせてご相談しながら、固定も考えていければ良いでしょう。

    Q.鼻プロテーゼ後、マスクはいつから着けられますか?

    A.鼻プロテーゼの術後、マスクはすぐにお着けいただけます。イセアクリニックでは、手術当日お帰りの際に、ご希望の方にマスクをお渡ししています。マスクによる圧迫を避けるため、サイズのきついものなどは避けてください。感染リスクを抑えるために、清潔なものを使いましょう。

    まとめ

    この記事では、以下の内容について、紹介いたしました。

    ・鼻プロテーゼ後にマスクをつけても基本的には大丈夫な理由

    ・鼻プロテーゼ後にマスクをする際の注意点(圧力をかけないようにする・清潔なマスクを使う)

    ・鼻プロテーゼ後にマスク以外で気を付けること(飲酒・喫煙・激しい運動は控える・過剰な塩分摂取は控える)

    ・鼻プロテーゼに関するよくある質問

    鼻プロテーゼ術の後は、当日お帰りになるときからマスクをしても問題ありません。マスクによりテープ固定を隠すことができます。ただし、プロテーゼがズレないようマスクで圧迫しないこと、感染リスクを抑えるために清潔なマスクを使用することなどを心がけましょう。ダウンタイムの症状を長引かせないために、術後の生活にも注意が必要です。

    About the author
    About us

    美容外科・皮膚科
    東京イセアクリニックの
    鼻の整形専門サイトです。

    ※モニターのご応募はモニター特設ページから
    お願いいたします。