タトゥー除去、レーザー治療の跡について

傷跡が残るというデメリットを
包み隠さずお伝えいたします。

切除術・植皮術・削皮術では、
傷跡(手術跡)が残ってしまうデメリットもあります。

こういった手術のデメリットも必ずご説明し、
できる限り傷跡(手術跡)を目立たなくさせるための
努力を行うことが、
タトゥー除去の傷跡に対する考え方です。

切除術、植皮術、削皮術を行う方に
無料で術後の傷跡(手術跡)ケアを
行っています。

イセアではできるだけ跡が目立たないよう、
ドクターやスタッフが日々鍛錬を積み、
傷跡を目立たなくさせるための技術を磨いています。
さらに、術後の傷跡のケアも充実させ、
術後の仕上がりも患者様に
ご満足頂けるよう最善を尽くしています。

タトゥー切除の傷跡

  • Before After
  • Before After
  • Before After
  • Before After

タトゥー切除の傷跡を
目立ちにくくするための
取り組み

筋膜層ギリギリまでメスを入れることのできるテクニック

脂肪層の下にある筋膜ギリギリまで切開し、タトゥーを除去することによって、脂肪層でメスを止めるよりも出血を抑えることができます。出血を抑えることができると必然的に瘢痕(かさぶたのようなもの)が小さくなります。

瘢痕が大きいと皮膚や皮下組織がうまくくっつかずに起こるひきつれ、傷跡が開く、傷跡が治りにくくなるといったリスクに繋がる上に、傷跡が目立つ原因となりますが、小さければリスクは回避できます。脂肪層より更に奥にある薄い筋膜部分にまでメスを入れることは、「もし筋肉に傷を付けてしまったら・・・」とタトゥー切除の経験が浅い医師は思うかもしれません。しかし、リスク回避や後の傷跡の残り方を考えると筋膜部分からの切除は当たり前のことであり、イセアではその技術がある医師だけがタトゥー切除を行っています。

タトゥー切除の
傷跡ケア

イセアの傷跡(手術跡)ケア保証
ステロイド注射5回

手術のスピードや縫合方法が革新的なものであっても切除術である限り、傷跡が残ってしまいます。
しかし、イセアでは傷跡の膨らみを軽減することのできるステロイド注射を無料で行っております。
切除術を行った3ヶ月以降から無期限で5回施術を行い、切除術における傷跡を目立たなくさせます。

タトゥー
PICOレーザー治療の
傷跡

  • Before After

レーザー治療は
傷跡は残らないけど
タトゥーが消えない場合がある

イセアでは確実に除去できる方法への切り替えプランを用意しています

PICOレーザーでは自彫り、一部の機械彫りのタトゥーが除去の対象となります。タトゥーが消えた場合、手術跡等は一切残らず、画期的な治療法ですが、より深い層に墨が入っている場合は、何度レーザーを照射しても消えない場合があります。

イセアでは、見極めのタイミングを2回目の照射後と考えています。消えている反応があれば繰り返し照射を行うことで除去しきれる可能性が高いタトゥーですが、2回照射しても反応が見られない場合は、レーザーでは除去できる可能性が低いタトゥーとなります。

そのため、2回目の照射後、ドクターが診察を行った上で、今後の治療方針を切除術へ切り替えるか、他の手術(削皮術・植皮術)を行うかをご提案させていただきます。当院での手術(切除術・削皮術・植皮術)へ切り替える場合、レーザー治療で掛かった2回目までの料金を手術の料金から引かせていただきます。

タトゥー植皮の傷跡

  • Before After
  • Before After

タトゥー削皮の傷跡

  • Before After

タトゥー植皮・削皮の
傷跡ケア

イセアの傷跡(手術跡)ケア保証
レーザー照射5回

植皮術・削皮術の術後、患部の色素沈着が気になる方には、
無料でレーザー照射5回(無期限)を行っております。