美しいラインを手に入れたい!脂肪吸引をするなら知っておきたいメリットとデメリット

女性なら誰しも、多かれ少なかれ、美への願望を心に秘めているのではないでしょうか。体のラインを美しくするためには、痩せることが必要となりますが、無理なダイエットは、体型維持が難しかったり、見た目に成果が現れなかったりすることもあります。そこで、美しい体を手に入れる脂肪吸引のメリットを、デメリットと併せてご紹介します。
pixta_3132504_M

楽に痩せることができる!リバウンドもしない!?脂肪吸引の魅力的なメリット

痩せたいと思ってダイエットを始めても、なかなか長く続けることができず、憧れのラインを手に入れることができないという人もいるかもしれません。また、無理なダイエットで体調を壊してしまったり、やっと痩せても、すぐにリバウンドしてしまったりといった悩みを持っている人もいることでしょう。
脂肪吸引の場合、手術により体から脂肪を吸引します。痩せる方法や技術はいくつかありますが、その中でも最も早く確実に痩せることができる方法であると言われていて、これこそがこの方法の大きなメリットとなっています。何日も続けて運動をしたり、食事制限を行ったりといった苦労なく、痩せることが可能です。また、脂肪細胞の数自体を減らす脂肪吸引は、リバウンドをしにくい体を作ることができます。ただし、脂肪細胞をゼロにするというわけではありませんので、過剰な食事摂取やほとんど体を動かさないような生活をしている場合には、リバウンドの可能性はあります。
脂肪細胞を吸引管で吸引していくという方法を取る脂肪吸引は、自分が痩せたいと思っている場所の脂肪をピンポイントで減らすことができます。自分が気になっている部分や、通常のダイエットでは成果が出にくい箇所などの脂肪を減らし、スリムなラインを作ることが可能です。

痩せるためにはお金がかかる!?脂肪吸引のデメリットの一つ、費用問題

脂肪吸引に興味がある人にとって、気になることの一つが費用ではないでしょうか。健康保険を使うことができない自由診療による施術であり、クリニックごとに料金を自由に設定できるシステムとなっているため、施術方法やクリニックによって、とても高額な費用が掛かる場合もあります。
ただし、この高額な費用の中には、安全性を大切にするための金額が含まれています。手術や麻酔を行う専門医の人件費や、リスクを減らすための事前の検査費用と検査設備への投資費用などです。例えば、手術を行う際に、1人の医師が麻酔の手術の合間に手術を扱う場合と、麻酔事故防止のために専門の麻酔医と執刀医を2人用意する場合とでは、単純に計算してみても、人件費は2倍となります。また、術前の検査をどれだけしっかりと行うかによっては思わぬ命の危険を引き起こす可能性もある、麻酔手術のための設備への投資額は、クリニックによって、異なるため、その負担が患者の費用に影響を与える場合もあります。
脂肪吸引の施術を行う前には、費用を安く済ませたいか、医師や施術のレベルを多少落としても自由や希望が通る便利さがポイントか、高い費用を払わなくてはいけなくても安全で安心の施術を受けることが大切か、しっかりと考えて、クリニック選びをすることが重要です。
pixta_5044661_M

施術は怖い!?脂肪吸引手術のリアル!術後ってどんな感じ?

脂肪吸引の施術を行うと、後で痛みが残ることも多くあります。体に傷を付ける手術をするため、麻酔や痛み止めの効果が薄れると、どうしても痛みを感じるようになってしまいます。施術方法にもよりますが、だいたい、1週間から2週間、痛みが続き、腫れや内出血は、2~3週間ほど残る場合が一般的です。特に、術後の3日間は激しい痛みを感じることがあるため、施術日の後にはゆっくりと体を休めることができるように、余裕を持ったスケジュールを立てておく必要があります。
脂肪吸引手術の方法には、さまざまな種類があるため、その手術方法や、担当する医師によっては、仕上がりに、大きな差が出やすいというデメリットがあります。特に、全身麻酔を行う場合には、デリケートな器官に影響を及ぼすこともあるため、実際に、医療事故が起きているケースもあります。仕上がりの良さと命の安全性を考えるなら、医師や、手術体制などがどのようになっているのかをしっかりと調べて、経験豊富で安全体制が確立している病院やクリニックを選ぶことが大切です。


ライター情報

Leave A Reply