痩身法の双璧である脂肪吸引と脂肪溶解注射!選ぶならどっち!?

体内の脂肪細胞を除去する脂肪吸引は、効果の高い痩身法として注目されています。ダイエットの大変さが身にしみている方にとっては、大変興味深いものだと言えるでしょう。しかし、脂肪細胞を除去する方法には、メスで体を切るものと注射器を用いるものがあることをご存知ですか?互いにメリットとデメリットがありますので、両者の特徴についてご紹介します。

Portrait of lady surgeon holding surgical instrument isolated on white background

Portrait of lady surgeon holding surgical instrument isolated on white background

メスを使う脂肪吸引のメリットとデメリット

メスを使う脂肪吸引では、体の一部を切開し、そこにカニューレと呼ばれる吸引管を挿入します。ただ、そのまま挿し込んでは皮膚が損傷しますのでカニューレプロテクターを装着しておきます。そして、脂肪細胞を破壊しながらカニューレでそれを吸引していくのです。破壊の方法としては、超音波、振動、ジョット水流などさまざまなものがあります。その中でも、特に最近は、硬い結合組織も柔らかくし、止血効果も期待できるヘイザー波が注目されています。
このようなメスを使う脂肪吸引のメリットは、なんといっても即効性があることでしょう。直接脂肪細胞を吸い上げるわけですから、吸った量だけ体はスリムになっていきます。また、注射による脂肪吸引に比べると、肌にでこぼこのない、きめ細やかな仕上がりが期待できるのも大きな魅力です。
その反面、施術後には長期にわたって皮膚が腫れたり、痛みが続いたりする場合があります。吸引を行う場所によっては、全身麻酔が必要なケースもありますので、大きな事故につながる可能性も否定できません。技術の進歩によってリスクは次第に減少しているものの、その成否や施術後の満足感を分けるのは、未だに医師の腕です。そもため、クリニック選びに慎重を期さなければならないのもデメリットのひとつと言えるでしょう。
pixta_7743063_M

脂肪溶解注射のメリットとデメリット

注射を用いた痩身法は、脂肪溶解注射と言われています。注射器で薬剤を体内に注入し、脂肪細胞を溶かしてしまうというものです。吸引をする必要はなく、溶けた細胞は血中に運ばれ、やがて老廃物として排出されます。
この方法のメリットのひとつは、体にメスを入れる必要がないことです。通常の脂肪吸引でも傷跡が目立たないように気を使ってくれるものの、体を切開することに不安を覚える方は少なくありません。麻酔や出血によるリスクも心配です。その点、脂肪溶解注射は針を刺すだけなので安心です。施術時間も10分から15分程度なので、気軽に行うことができます。
一方、脂肪溶解注射のデメリットは、脂肪を直接吸引する方法に比べて効果が薄いことです。十分な効果を得るには、定期的に注射を打ち続けなければなりません。しかも、この施術には個人差があるので、ほとんど効果が現れなかったというケースもあります。逆に、効きすぎたという場合もあり、肌がデコボコにならないようにデザインを調整することは困難です。
また、妊娠中や授乳中の方、あるいは、糖尿病や自己免疫疾患など、特定の病気にかかっている方は脂肪溶解注射をすることができません。したがって、自分の健康状態は、しっかりと把握しておく必要があります。

自分の事情に合った方法を選択することが大切

結局、メスを使用する脂肪吸引と脂肪溶解注射のどちらの方法を選択すればよいのかというと、これはケースバイケースです。すぐに効果を出したいという人は、脂肪を直接吸引してもらうのが確実ですし、時間がかかってもよいのでリスクを回避したいという場合は、脂肪溶解注射ということになります。
また、極度に肥満が進行している場合、脂肪溶解注射では、目立った効果がでるまでに時間もお金もかかります。あらかじめ、コストについて医師とよく相談した方がよいでしょう。逆に、二の腕だけなどの部分痩せを目的とする場合は、脂肪溶解注射の方がよいかもしれません。ただ、部分痩せだからといって、1回の注射で思い通りに痩せられるとは限らないので過大な期待は禁物です。
このように、自分の事情をよく考え、よりよい選択をすることが大切です。しかし、どうしても決めあぐねるという場合は、気軽に行える脂肪溶解注射から試してみるのもひとつの手ではないでしょうか。


ライター情報

Leave A Reply