リスクの低い施術が人気のベイザー脂肪吸引!

「自分の力ではもうどうしようもない!」というほど凝り固まってしまった脂肪!「プロの手を借りて脂肪吸引をして一度リセットできたら!」と考えたことのある人も多いことでしょう。でも、脂肪吸引はリスクや痛み、費用の面など心配なことが多く、なかなか踏み切れないと思っている人もいるかもしれませんね。そんな人に朗報です!最近人気のベイザー脂肪吸引は、リスクが低い脂肪吸引として注目されています。
pixta_19544689_M

ベイザー脂肪吸引とは?従来型と何が違う?

脂肪吸引というと、以前はカニューレと呼ばれる管を体内に挿入し、そのまま脂肪を掻き出しながら除去するという方法で行われていました。しかし、現在では脂肪吸引の技術が進歩し、より一層安全で身体への負担の少ないベイザー脂肪吸引が行えるようになりました。このベイザー脂肪吸引とは、脂肪組織にのみ反応する超音波のベイザー波によってまず脂肪を乳化、遊離させ、脂肪部分のみを吸引カニューレで取り除くという施術方法です。従来型の脂肪吸引の場合は、脂肪部分以外の繊維組織まで傷つけてしまうというリスクが少なからずあり、その結果、術後に内出血や腫れを起こしたり、痛みも強かったりするというデメリットがありました。ところが、このベイザー脂肪吸引では、皮膚と筋肉をつないでいる繊維組織や血管を傷つけることなく脂肪細胞だけを浮遊させ、取り除くことができるので、内出血や痛みなどの副作用がかなり少ないことが特徴です。このように、繊維組織が温存されているため、繊維組織の収縮がスムーズに行われ皮膚のたるみを引き起こさずに美しくタイトニングが実現できるというポイントもあります。また、従来型では皮膚の浅い部分では脂肪吸引を行うと皮膚がデコボコになってしまうことがあり、部位によっては施術ができないというケースもありました。しかし、ベイザー脂肪吸引では、そうした部位の脂肪除去も可能になっています。

ベイザー脂肪吸引のメリットは?ほかの施術法と比較してみると?

従来型の脂肪吸引と比較すると、劇的に進歩していることがわかるベイザー脂肪吸引ですが、脂肪吸引技術にはほかにもいろいろな種類がありますよね。そうしたものと比べてもメリットが大きいのでしょうか。まず、旧型超音波によって脂肪を乳化し、掻き出す方法と比較してみましょう。この方法も内出血や、痛み、術後の日常生活の制限などは少なかったのですが、術後の硬さを感じるというデメリットがありました。効果の面でもベイザー脂肪吸引ほどではなかったようです。また、脂肪細胞を縮小させ、脂肪層と筋肉層のあいだに水の隙間を作って、脂肪を除去するボディジェットという方法もあります。これは、ベイザー脂肪吸引ほどの効果は期待できないものの、副作用の少なさという点ではベイザー脂肪吸引に引けをとりません。ベイザー脂肪吸引が70万円から90万円ほどと言われるのに対し、ボディジェットは80万円程度ですから、費用の点でもそれほど違いは見られないようです。さらに、カーボメットと言われる脂肪融解注射は、脂肪を特殊な薬液で溶かし縮小させるという痩身方法です。副作用はほとんどなくダウンタイムが少ないのがメリットですが、5回以上施術を受ける必要がある上に、セルライトや部分痩せに適しているようです。一回で効果を実感したい人や、広範囲の脂肪除去を望むのであればベイザー脂肪吸引の方が良いかもしれませんね。ちなみに脂肪融解注射の費用は、一回の施術につき2万円から5万円ほどかかるようです。
pixta_16901688_M

最も効果を期待できる、安全性の高い脂肪吸引はベイザー脂肪吸引!

今回は、ベイザー脂肪吸引と従来型の脂肪吸引や、そのほかの痩身法を比較しましたが、ベイザー脂肪吸引はリスクが少なく、効果も圧倒的に高いことが感じられたのではないでしょうか。費用はそれなりですが、安全性には変え難いですよね。もちろん、費用は、施術する部位や難易度、クリニックによっても異なるので一概には言えません。ベイザー脂肪吸引は理論上、皮下脂肪の90%を除去する能力がある、痩身効果の最も高い施術法といわれています。「一度ついてしまった脂肪はどうにもならない」と諦める前に、プロの手を借りて美しくなる方法を検討してみるのはいかがですか。


ライター情報

Leave A Reply