• Reserve
  • Instagram
  • Doctor
  • Access
  • 下眼瞼脱脂の失敗を減らすには?

    投稿日:
    2021/06/25
    下眼瞼脱脂術
    鈴木 知佳医師
    著者
    東京イセアクリニック
    形成外科医
    鈴木 知佳

    Shere

    目の下のクマをとるには「下眼瞼脱脂」という治療法があります。ただし、失敗がないか不安を感じている人もいるでしょう。そもそも、下眼瞼脱脂ではどのような失敗があるのか、失敗を減らすためにどのようなクリニック選びをすべきかを解説します。

    下眼瞼脱脂の失敗例は?

    まず、下眼瞼脱脂の失敗についてどのようなものがあるか、確認してみましょう。

    ■仕上がりが希望と違った

    仕上がりが希望通りでなかった場合、原因として「イメージが医師と共有できていなかった」「医師の技術レベルが低かった」ことが考えられます。

    イセアクリニックでは、術前に医師によるカウンセリングが無料で受けられます。医師による施術の説明や、その施術があっているかどうかの判断、念入りなシミュレーションを行い、不安や悩みをうかがいます。仕上がりイメージに納得がいかない場合は、施術を受けないという選択もお客様の自由です。

    また、技術レベルが低いと、凹み、くぼみ、感染、左右差、皮膚のたるみが目立つこともあります。イセアクリニック銀座院は美容外科では全国に11院しかない「教育関連施設」として認定されたクリニックです。クリニック選びの際は、安心できる技術レベルかどうか、ホームページで症例写真や口コミも確認しておくと良いでしょう。

    ■ダウンタイムの症状がひどかった

    ダウンタイムの症状の出かたには個人差があります。下眼瞼脱脂の術後は、痛み、腫れ、内出血が現れる可能性があり、目立つ症状は約1週間で落ち着きます。直後は失敗したと勘違いするかもしれませんが、術後に起こり得る経過も知っておきましょう。また、術後の過ごしかた次第でリスクを抑え、ダウンタイムを短くすることもできます。術後は患部である目周りの炎症、腫れを避けるため、まぶたを擦ったりスマホやパソコンなどで目を酷使したりせずに過ごしましょう。飲酒や長時間の入浴、激しい運動など血流が良くなるような行為も避けましょう。

    ダウンタイムの過ごし方について詳しくはこちら

    脂肪注入を行うことも失敗する原因の一つ

    クリニックによっては、「よりキレイな仕上がりになる」という前提で、下眼瞼脱脂の治療と同時に脂肪注入を勧めているところもありますが、実は、必要のない施術の可能性があります。そのため脂肪注入は余分な料金を支払うという意味で失敗の原因のひとつになる可能性もございます。脂肪注入を勧めるクリニックは、目の下の脂肪をできる限り取り除いて、脂肪がなくなったところに、ふたたび脂肪を注入して形を整えています。そもそも、仕上がりを想定して適切な量の脂肪を取り除く技術があれば、余分に取り除いたり、再度注入したりといった治療は不要ですので、イセアクリニックでは下眼瞼脱脂と脂肪注入を併用していません。

    また、身体の別の部位から採った脂肪を目周りに注入するということは、メスを入れることによる感染や注入後の脂肪細胞に新たな血流ができるまでの間に、定着しないことによる脂肪壊死が起こったり、脂肪壊死によるしこりの症状が現れたり、といったさまざまなリスクがあります。もちろん、「脂肪注入」という治療が加わることで、費用も高くなってしまいます。

    目の下のたるみには、症状により脂肪注入が必要な人と不要な人がいます。必要のない方に脂肪注入を行うことは、無駄な出費を増やし、リスクを高める可能性があります。治療法は沢山ありますが、患者様自身もよく調べ、カウンセリングなどを利用し「本当にご自身にとって必要な治療かどうか」納得したうえで治療を受ける必要があります。

    下眼瞼脱脂で失敗する人の特徴

    下眼瞼脱脂をして失敗したと後悔する人には、特徴があります。後悔する人の特徴と後悔しないクリニック選びについてご説明いたします。

    ■料金が安いだけで選ぶ

    後悔しないためには、料金を確認することはもちろん、料金に含まれるものを確認しましょう。一見安く見えても、治療に伴う諸費用が含まれていないことがあります。当院では麻酔代、カウンセリング代、痛み止め代、すべて含まれた料金で164,780円(片目・税込)から行うことができます。

    当院の下眼瞼脱脂の料金ついて詳しくはこちら

    ■保証がない下眼瞼脱脂を行う

    後悔しないためには、ご自身が受ける治療に再手術の保証があるか、確認しましょう。術前に仕上がりイメージを医師と共有していても、仕上がりに違和感を覚えることもあるかもしれません。当院では仕上がりや治療効果に自信があるため、あえて再手術保証を付けています。下眼瞼脱脂の治療を、他院を含め初めてうける方に限り、効果にご満足いただけなかった場合に、半年間無料で再手術を受けていただけます。

    ■カウンセリングで医師と意思疎通ができていない

    後悔しないためには、術前のカウンセリングが丁寧か確認しましょう。カウンセリングは、手術についての不安を解消し、医師と仕上がりイメージを共有する場です。治療内容や仕上がりイメージに納得してから、治療に臨みましょう。

    当院のカウンセリングは、納得いただけるまで何度でも無料で受けられます。話しやすい雰囲気づくりはもちろん、医師に聞きづらいことはカウンセラーにも確認できるダブルカウンセリング体制をとっています。

    ■自分に合っていない手術を行う・手術を繰り返す

    後悔しないためには、治療を受ける前に、本当に自分に合っているかどうか確認しましょう。脂肪注入のリスクについても触れましたが、不必要な治療を勧められるままに受けることは失敗のリスクを招きます。また、納得いかないからと再手術を繰り返す人もいます。よりよい結果を手に入れられるよう、ご自身でも調べたうえで、不明な点はカウンセリング時に確認するよう努めましょう。当院では、術前に丁寧なカウンセリングを行い、不必要な治療はおすすめしていません。

    ■医師の技術力が低いクリニックで下眼瞼脱脂をする

    後悔しないためには、医師の技術力が高いか確認しましょう。カウンセリングで、医師と理想イメージを共有しても、技術力が低ければ、イメージと違った結果を招いてしまいます。また、失敗したからと修正治療をする場合は、内出血・腫れのダウンタイム症状が長びくことがあります。医師の技術力が高いか、クリニックのホームページで症例などを確認しておきましょう。

    まとめ

    この記事では以下の内容についてご説明させていただきました。

    ・下眼瞼脱脂の失敗

    ・下眼瞼脱脂で失敗や後悔をしやすい人

    ・下眼瞼脱脂で失敗しないためのクリニック選び

    同じ術式でも、クリニックによりシステムやサービス、医師の技術力は異なります。下眼瞼脱脂を行う際は、失敗の確率を減らして納得のいく結果を手に入れられるよう、慎重にクリニックを選びましょう。

    About the author
    About us

    美容外科・皮膚科
    東京イセアクリニックの
    目の下のたるみ取り専門サイトです。

    ※モニターのご応募はモニター特設ページから
    お願いいたします。