• Reserve
  • Instagram
  • Doctor
  • Access
  • 下眼瞼脱脂術後のマツエクはいつから?マツエクをつけたまま施術できない?

    投稿日:
    2021/06/02
    下眼瞼脱脂術
    鈴木 知佳医師
    著者
    東京イセアクリニック
    形成外科医
    鈴木 知佳

    Shere

    いつもマツエクをしている人は、マツエクを外した状態だと物足りなく感じるのではないでしょうか。マツエクをつけたまま下眼瞼脱脂を受けられるか、術後にマツエクをつけられるか、メイクはしてもよいか、する場合の注意点やリスク、ダメな場合の理由、他の美容整形だとマツエクできるかなどの疑問、下眼瞼脱脂術後の目元に関するよくある質問への回答にお答えします。一日も早くきれいな目元を手に入れるために、術前・術後のポイントをおさえておきましょう。

    下眼瞼脱脂の術後はいつからマツエクをしてもいい?

    下眼瞼脱脂は目の下のたるみ取りのために、下まぶたの裏の粘膜からメスをいれて、突出した眼窩脂肪を取りだす治療です。上まぶたには直接触れないため、原則として、下眼瞼脱脂術後の上まつ毛のエクステ装着に制限はありません。ただし、下まぶたの腫れがある場合は、わずかでも患部に刺激を与えないよう、腫れがおさまるまでの1週間程度は上まつ毛のエクステ装着も避けたほうが無難です。

    下まつ毛のエクステの装着は下まぶたに直接刺激が加わるため、上まぶたよりも時間が経過してから、術後1か月以降から可能です。つけまつ毛もマツエクと同様と考えてください。

    直後のマツエクがNGな理由

    下眼瞼脱脂では、下まぶたの内側の粘膜に傷ができます。マツエクの施術では、皮膚に直接接着剤(グルー)を塗り、エクステをつけます。接着剤は皮膚に刺激を与えることがあり、接着剤が傷口から入ってしまうと炎症を招き、腫れが長引く可能性があります。ダウンタイムの症状を抑えるためにも、術後のデリケートな患部や周囲には、極力刺激を与えないようにしましょう。

    術後にマツエクをするときの注意点

    術後にマツエクをしてよい時期かどうかは、簡単には判断できません。マツエクサロンでは国家資格である美容師免許を持つスタッフが施術をしてくれますが、毛髪に関するプロではあっても、医療的な専門知識は持っていません。そのため、多くのサロンでは、下眼瞼脱脂術後3か月経過した頃、ダウンタイムの症状が落ち着いて完成してからのマツエク装着を推奨しています。直後にマツエクを装着したい場合は、医師の判断を仰ぎましょう。

    マツエク以外のメイクは?

    目元への刺激という点では、マツエク以外のメイクにも配慮が必要です。ファンデーションやチーク、リップなどのメイクは翌日から可能ですが、洗顔の際はふき取りタイプのクレンジングシートを用いるなどし、患部を濡らさないように注意してください。傷口にメイク汚れなどが付着してしまうと、感染の原因になり腫れにつながります。アイシャドウやアイライン、マスカラなどのアイメイクは1週間後から可能です。その際も、強く擦るなど、刺激を与えることのないよう注意が必要です。傷口は縫合しなくても自然に塞がりますが、表面が塞がっても皮膚内部はデリケートな状態です。メイクを行う場合、術後1か月間は無理のない程度にとどめてください。

    他の美容整形後のマツエクはどうなの?

    下眼瞼脱脂以外の美容整形でも、治療前後のマツエクは少なからず目周りへの刺激となるので注意が必要です。例えば二重術の場合、個人差はありますが、術後の腫れは糸で結ぶだけの埋没法なら1週間、メスを入れる切開法なら2週間程度あらわれます。術後のマツエク装着は埋没法でも切開法でも1か月後からが無難です。

    マツエクをつけたまま下眼瞼脱脂術は受けられない?

    下眼瞼脱脂術前のマツエク装着は、直接施術に支障がでたり、傷の治りに影響したりということはありません。ただし、下眼瞼脱脂術中、長いまつ毛があると手術部位が隠れてしまい、医師が治療を行う際の邪魔になってしまうため、手術部位がよく見えるようにまつ毛をテープ固定させていただきます。結果として、せっかくつけたまつ毛が数本とれてしまう可能性があります。マツエクをつけたままの治療をご希望の方は、ご了承ください。

    マツエク以外のメイクは?

    下眼瞼脱脂で切開する部分は粘膜側ですが、手術は清潔な状態で行う必要があるため、術前にメイクを落としていただき、さらに目元の消毒を行います。術中にメイクをしたままだと、メイク汚れや付着した雑菌などが患部から侵入して炎症を起こしかねません。また、術後、目元を擦る行為も患部への刺激となってしまいます。刺激は炎症や感染をまねき、腫れにつながり、完成までの過程を妨げてしまいます。美しい目元に仕上がるよう、ご協力をお願いします。

    下眼瞼脱脂に失敗しないためのポイントは?

    下眼瞼脱脂の仕上がりは医師の技術力に左右されます。経験豊富な医師がいるか、症例実績が掲載されているかなどをホームページ等で確認し、納得できるクリニックを選びましょう。

    治療前後のマツエクやメイクをはじめ、術後の生活など、疑問に思うことはカウンセリングで何度でもご相談いただけます。疑問を放置したまま、完成までにトラブルをまねかないよう、納得するまでご相談ください。

    イセアクリニックの下眼瞼脱脂

    下眼瞼脱脂は突出した眼窩脂肪を取ることで目の下のたるみやクマをとる治療法です。イセアクリニックの下眼瞼脱脂の特徴は、患者様の目元の状態が下眼瞼脱脂に向いているかどうかを見極め、適切な量の眼窩脂肪を取り出して、追加の脂肪注入などの余計な施術を行わず、きれいに仕上げられることです。余計な治療を行わないことで、身体的・金銭的負担も少なく済みます。また、高周波メスを使わなくとも極力出血を抑えながら施術を行うため、結果としてダウンタイムを短くし、傷あとが残りにくいのも特徴です。

    紹介した症例写真の詳しい内容はこちらから

    下眼瞼脱脂に関するよくある質問

    下眼瞼脱脂に関するよくある質問にお答えします。

    コンタクトレンズはいつから使用できますか

    答え

    コンタクトレンズは術後1週間より装着可能です。
    下眼瞼脱脂術は、下まぶたの裏側の粘膜部分からメスを入れて眼窩脂肪を取りだします。術後1週間程度は腫れがあらわれることがあります。患部や周囲に刺激を与えることで、腫れなどの症状が強く出る可能性があるため、極力刺激を与えないようにしましょう。

    腫れや内出血は目立ちますか

    答え

    下眼瞼脱脂のダウンタイムの症状は痛み、腫れ、内出血で誰にでも現れます。目立つ症状は1~2週間ですが、あらわれかたには個人差があります。目元のメイクは術後1週間ほど控えていただきますが、それ以外の部位は翌日からメイクが可能です。内出血はコンシーラーなどのメイクでカバーすることができます。

    まとめ

    今回は以下の内容について説明をさせていただきました。

    ・下眼瞼脱脂の術後はいつからマツエクをしてもいい?

    ・マツエクをしたまま下眼瞼脱脂を受けられない?

    ・下眼瞼脱脂に失敗しないためのポイントは?

    ・イセアクリニックの下眼瞼脱脂

    ・下眼瞼脱脂に関するよくある質問”

    下眼瞼脱脂後のエクステ装着は、少なからず目元に刺激を与えます。上まつ毛では制限はありませんが、腫れがある場合は術後1週間後から、下まつ毛は1か月後から可能です。術前にマツエクをしていてもかまいませんが、治療中に数本とれてしまう可能性はあります。術前のメイクは清潔保持のために落としておきましょう。術後のメイクは翌日から、アイメイクは1週間後から可能で、内出血はメイクでカバーすることができます。下眼瞼脱脂に失敗しないために、医師の技術力があり、余計な治療をせずダウンタイムを長引かせないクリニックを選ぶこともポイントです。

    About the author
    About us

    美容外科・皮膚科
    東京イセアクリニックの
    目の下のたるみ取り専門サイトです。