• Reserve
  • Instagram
  • Doctor
  • Access
  • 下眼瞼脱脂術のデメリットとメリットを比較

    投稿日:
    2021/06/02
    下眼瞼脱脂術
    鈴木 知佳医師
    著者
    東京イセアクリニック
    形成外科医
    鈴木 知佳

    Shere

    下眼瞼脱脂にはメリット・デメリットがあり、もともとメリットが出やすい場合とデメリットが出やすい場合とがあります。メリット・デメリットを比較し、どのような場合に下眼瞼脱脂が有効かを解説し、下眼瞼脱脂のデメリットに関するよくある質問にお答えします。デメリットを最小限におさえ、納得できる結果を手に入れられるよう、ご自身の状態に合った治療法やクリニックを選びましょう。

    下眼瞼脱脂とは

    下眼瞼脱脂は目の下のたるみ取り治療のひとつで、黒クマ、赤クマの改善も期待できます。メスを使い、下まぶた裏の赤い粘膜部分から目の下のふくらみの原因となる眼窩脂肪を取り除きます。縫合や抜糸はないためダウンタイムは1~2週間と短いのが特徴です。ダウンタイムの症状には個人差はありますが、痛みや内出血、腫れなどの症状があらわれることがあります。

    下眼瞼脱脂術のメリット

    下眼瞼脱脂術のメリットは、メスを入れるため「一度受ければ効果を得られること」、皮膚表面を傷つけないので「見た目には手術あとが残らないこと」、手術を伴う治療のなかでは「ダウンタイムが短いこと」が挙げられます。

    メリット1:一度受ければ効果を得られる

    下眼瞼脱脂はメスを入れる治療です。少しずつあるいは一時的な効果を得る治療法と違い、1回で効果を実感することができます。また、取り除いた分だけ脂肪細胞の数は減少し再生することはないため、元に戻りにくく、1回の手術で半永久的な効果が得られます。

    メリット2:見た目には手術跡が残らない

    下眼瞼脱脂では、まぶたの裏側からメスを入れるため、皮膚表面には傷あとが残りません。切開範囲はわずかで自己治癒力により自然に傷口が閉じるため、縫合や抜糸の必要もありません。高周波メスの使用なく適切な量の眼窩脂肪をバランスよく取り除くため、仕上がりが凸凹してしまうことも避けられます。

    メリット3:ダウンタイムが短い

    下眼瞼脱脂はメスを入れる手術の中では比較的ダウンタイムが短く、腫れや内出血など術後の症状が目立つのは1~2週間です。内出血や、腫れは出現しますが、コンシーラーなどのメイクでカバーすることで目立ちにくくなります。

    下眼瞼脱脂術のデメリット

    下眼瞼脱脂術のデメリットとしては、「もともと眼窩脂肪が少ない人」は効果が出にくいため「適応外」であること、「ダウンタイムには痛みや腫れ、内出血などを伴う」こと、治療によりかえって「小ジワが発生する可能性がある」こと、医師の技術力により「適切な脂肪が取れない場合がある」こと、眼窩脂肪を取ることで「頬骨付近の凹みが目立つ可能性がある」ことなどが挙げられます。

    デメリット1:もともと脂肪がない人は適応外

    下眼瞼脱脂は、目の下の眼窩脂肪が原因のたるみ治療です。眼窩脂肪を取ることで目袋や黒クマを改善することができますが、もともと眼窩脂肪がない場合は効果が見込めません。同じたるみやクマでも、原因が脂肪でなく皮膚のたるみ、黒クマでなく青クマや茶クマの場合は治療対象となりません。

    デメリット2・ダウンタイムには、痛みや腫れ、内出血などがある

    ダウンタイムの症状には痛み、腫れ、内出血などがあります。痛みの感度には個人差がありますが、術後の痛みは鈍痛で、麻酔の痛みよりも軽いものです。術後に鎮痛剤が処方されますので、必要に応じて内服することで軽減できるでしょう。腫れは治癒過程に必ずあらわれる正常な反応です。内出血のあらわれ方は、体質や体調により個人差があります。下眼瞼脱脂では強い症状が出る確率は0.5%程度と少なく、概ね2週間で軽快し、長く続くものではありません。

    デメリット3・小ジワが発生する可能性あり

    もともとシワが多くたるみがある場合は、目の下のふくらみを取ることで更にシワが目立ってしまう可能性があります。下眼瞼脱脂で改善するのは、たるみによって突出した眼窩脂肪でできた目袋やその影です。不要なものを取り出すことで効果を発揮するのであり、不要な要素がなければメリットにはなりません。また、皮膚を切り取ることはしないため、皮膚のたるみを改善することはできません。

    デメリット4・適切な量の脂肪が取れない場合がある

    下眼瞼脱脂の仕上がりは医師の技術に左右されます。医師が技術不足だと、眼窩脂肪の取り残しや取りすぎを起こす可能性があります。眼窩脂肪を取り除く量が少ないと変化が現れにくく、取りすぎると凹みが生じます。上記のデメリットのほかにも解剖学的に眼窩脂肪を取ることで頬骨付近の凹みが目立つ可能性があることも挙げられます。

    デメリットとメリットを比較

    下眼瞼脱脂はメスを入れる治療法です。メスを入れる以上はダウンタイムを伴いますが、下眼瞼脱脂では1~2週間と比較的短く済みます。また、治療に適している人であれば、一度受ければ半永久的な効果は得られますが、適さない人にはかえって小じわが発生するなどのデメリットにつながります。メリットとなるかデメリットとなるかは、患者様の状態とそれを見極める医師の見立てによります。

    下眼瞼脱脂術に適さない人

    下眼瞼脱脂は以下のタイプの人には適しません。

    • 皮膚が薄い人、血行不良によるクマ(青クマ)でお悩みの人
    • 色素沈着によるクマ(茶クマ)でお悩みの人
    • 弛んだ皮膚が余っている人
    • 皮下脂肪が少なくゴルゴラインが目立つ人

    下眼瞼脱脂術をおすすめできる人

    下眼瞼脱脂は、たるみによる眼窩脂肪の突出や影に効果的で、以下の人に適しています。

    • 眼窩脂肪によるふくらみがある人
    • 下まぶたのしわやゴルゴラインが目立たない人

    イセアクリニックの下眼瞼脱脂

    イセアクリニックの下眼瞼脱脂の特徴は、脂肪注入などの余計な施術を行わず、きれいに仕上げられることです。脂肪注入は感染や脂肪壊死、しこりなどのリスクを伴います。技術力のある医師が、適切な量の眼窩脂肪をバランスよく取り除くことができれば、追加の脂肪注入は不要で、身体的・金銭的負担も少なく済みます。また、高周波メスを使わないため、ダウンタイムが短く済むのも特徴です。

    紹介した症例写真の詳しい内容はこちらから

    下眼瞼脱脂に関するよくある質問

    下眼瞼脱脂とデメリットに関わるよくあるよくある質問にお答えします。

    質問1・下眼瞼脱脂で視力が悪くなることはありますか?

    答え

    まぶたの手術なので、眼球に触れることはなく、視力に影響はありません。視力低下の主な原因は筋肉疲労と目の周りの血行不良です。治療との相関性はないのでご安心ください。

    質問2・術後に体の異変があったら対応してもらえますか?

    答え

    施術後1~2週間のダウンタイム期間は、痛みや腫れ、内出血の症状が想定されますが、それ以外に身体に異常がある緊急の場合は24時間体制で電話対応・再診処置を行っています。また、術中に笑気麻酔を使用した場合は、お酒に酔ったような感覚になるので、不安に感じる方もいるかもしれませんが、酸素の濃度が高いため、心臓や脳の働きを正常に保つことができる安全な麻酔です。

    まとめ

    今回は以下の内容について説明をさせていただきました。

    ・  下眼瞼脱脂とは

    ・  下眼瞼脱脂のメリット

    ・  下眼瞼脱脂のデメリット

    ・  下眼瞼脱脂のメリットとデメリットを比較

    ・  イセアクリニックの下眼瞼脱脂

    ・  下眼瞼脱脂のよくある質問

    下眼瞼脱脂はたるみによる眼窩脂肪の突出や黒クマを改善する治療です。眼窩脂肪が目立つなど治療が適している人にはメリットとなり、異なる原因で治療が不要な人にとってはデメリットとなります。医師の技術力が不足していると余計な治療をすすめられることがあり、ダウンタイムが長引くなどのデメリットも増すので注意しましょう。治療による視力への影響はありません。万が一、術後に体調不良を感じた場合は、24時間体制で電話対応や再診を受け付けますので、ご安心ください。

    About the author
    About us

    美容外科・皮膚科
    東京イセアクリニックの
    目の下のたるみ取り専門サイトです。