• Reserve
  • Instagram
  • Doctor
  • Access
  • 目の下のたるみ取り整形の4種類と選び方について

    投稿日:
    2021/11/24
    整形 目の下のたるみ取り 選び方
    鈴木 知佳医師
    著者
    東京イセアクリニック
    日本形成外科学会 認定専門医
    鈴木 知佳

    Shere

    目の下のたるみ取りの美容整形の種類とそれぞれの選び方をご紹介します。代表的な治療法である下眼瞼脱脂(下眼瞼切開法・経結膜脱脂)、PRP(自己多血小板血漿)療法、ヒアルロン酸注入の概要とメリット・デメリットを挙げ、比較しながら解説します。

    目の下のたるみ取り整形とは

    目の下のたるみの原因は、目の下にある眼窩脂肪の突出や余った皮膚によるものです。加齢や生活習慣、あるいは遺伝により、目周りを囲む眼輪筋や眼窩隔膜が衰えると、眼窩脂肪を支えきれなくなります。支えきれず前に飛び出ると、たるみが生じます。たるみの下は段差が生じて影となり、黒クマがあらわれます。目の下のたるみ取り整形には、飛び出した眼窩脂肪やたるんだ皮膚を除去する方法や、たるみの下の段差を埋めて影をカモフラージュする方法があります。

    下眼瞼脱脂(下眼瞼切開法)

    下眼瞼脱脂は、目の下の膨らみ、たるみ、クマの原因となる眼窩脂肪を取り除き、たるみを解消する治療法です。

    下眼瞼切開法は、下眼瞼脱脂の術式のひとつです。下瞼の皮膚表面からメスを入れるのが特徴で、“経皮脱脂”とも呼ばれます。眼窩脂肪の突出に加え、皮膚のたるみがある場合に適応になります。患部に局所麻酔の注射を行った後、下まぶた表面を切り開き、突出している眼窩脂肪を適量取り出します。傷口を縫合して、1週間後に抜糸をします。ダウンタイムは約2週間、腫れ、痛み、内出血などの症状があらわれます。イセアクリニックでは、両目・385,000円/片目・220,000円でご用意しております。

    メリット・デメリット

    下眼瞼切開法のメリットは、効果が永久的であること、皮膚のたるみの根本的な解決法はこの手術でしか得られないことです。基本的に、眼窩脂肪の再発はありません。デメリットは、ダウンタイムが経結膜脱脂よりは多いのと、抜糸が必要なことと、見えるところに傷ができることです。傷は、はじめは赤く腫れますが、3~6か月かけて白く目立ちにくくなります。

    下眼瞼脱脂(経結膜脱脂)

    経結膜脱脂も、下眼瞼切開法と同じ“下眼瞼脱脂”の術式のひとつです。下眼瞼切開法が下瞼の皮膚表面から切開したのに対し、経結膜脱脂では下瞼の裏・粘膜側からメスを入れるのが特徴です。皮膚のたるみがある場合に適応になりません。

    患部に局所麻酔の注射を行い、下まぶたの裏側の粘膜部分(結膜)を切り開き、突出している眼窩脂肪を適量取り出し(脱脂)ます。傷は自然に塞がるため、抜糸は不要です。イセアクリニックでは、両目・275,000円/片目・165,000円でご用意しております。

    メリット・デメリット     

    経結膜脱脂のメリットは、効果が永久的であること、傷跡が見えるところにできないこと、他の外科手術に比べ、ダウンタイムがかなり短く済むことです。デメリットは、注入治療などにくらべれば、少なからずダウンタイムがあることです。とは言え、ダウンタイムは1~2週間程度で、痛み、腫れ、内出血などの症状がありますが、時間の経過とともに落ち着きます。

    PRP(自己多血小板血漿)療法

    下瞼に多血小板血漿を注入し、肌の張りを取り戻す治療法です。
    患者様ご自身から血液を採取し、血小板を取り出して下瞼に注入します。血小板は、肌の張りや弾力に欠かせない繊維芽細胞の成長を促します。注入後1~2ヵ月経つと肌に弾力が生まれ、効果は2年ほど持続します。採血と注射をするだけなので、傷は注射針を刺した穴のみで、すぐに塞がります。ダウンタイムは小さな腫れや内出血が現れることはありますが、数日~1週間程度でおさまります。料金体系はクリニックにより異なりますが、30,000円台から受けることができます。

    メリット・デメリット

    PRP療法のメリットは、メスを使わずに済むこと、短時間で済ませられること、ヒアルロン酸注入より長持ちすること、自己組織であること、当日から洗顔やメイクができること、ダウンタイム症状が軽いことなどが挙げられます。デメリットは、効果が永久的ではないこと。時間の経過とともに、2年程度で元に戻ってしまいます。

    ヒアルロン酸注入

    ヒアルロン酸注入は、たるみをカモフラージュする方法です。目の下のたるみの下にできた段差にヒアルロン酸製剤を注入することで、たるみを目立たなくすることができます。ヒアルロン酸は人体にもともと含まれる成分で、注入後は徐々に体内に吸収されます。そのため、効果は永久ではありません。

    狙った部位へ注射をするだけなのでダウンタイムはほとんどなく、小さな腫れや内出血が数日~1週間現れる程度です。目元のヒアルロン酸注入の効果は、製剤の種類にもよりますが、3カ月から1年程度続きます。イセアクリニックでは、ニューラミス¥99,000(両目・税込)¥55,000(片目・税込)/ジュビダームビスタ¥132,000(両目・税込)¥77,000(片目・税込)でご用意しています。

    メリット・デメリット

    ヒアルロン酸注入のメリットは、メスを使わずに済むこと、短時間で済ませられること、当日から洗顔やメイクができること、ダウンタイムが軽いことが挙げられます。また、万が一入れすぎたり結果にご満足いただけない場合はヒアルロニダーゼで溶かせることです。デメリットは、効果が半永久的でなく、徐々に元に戻ってしまうことです。

    目の下のたるみ取り整形の選び方

    目の下のたるみ取り整形の選び方は、患者様の優先したいことを明確にしたうえで、美容外科医にご相談頂けたらとてもスムーズでございます。

    ただ、明確にするのが難しい場合もございますので、お気軽にご相談下さい。
    「メスを入れたくない」「傷を残したくない」「半永久的な効果を得たい」など、患者様の優先したいご希望を可能な限り考慮させて頂きます。

    実績のあるクリニックでの下眼瞼脱脂がおすすめ

    下眼瞼脱脂の仕上がりは、医師の技術に左右されます。カウンセリング力、デザイン力、技術力のある医師のもとで治療を受けましょう。出血を抑えて適量の眼窩脂肪を取り出すには、高い技術が求められます。症例を見るときは、左右差がなくバランスがよいか、傷跡が目立たないか、ダウンタイムの程度なども含め確認し、クリニックや医師を選びましょう。

    目の下のたるみ取りに関するよくあるご質問

    目の下のたるみ取りに関するよくあるご質問にお答えします。

    目の下のたるみ取りはどのくらい持つ?

    答え

    目の下のたるみ取りの効果は、下眼瞼脱脂であれば半永久的に持続します。原因となる眼窩脂肪や皮膚を取り除くため、根本的な治療になります。メスを使用しないPRP療法ヒアルロン酸注入などの持続は製剤によって異なり、時間と共に元に戻ってしまいます。

    目の下のたるみ整形の相場はいくら?

    答え

    目の下のたるみ整形の料金は、クリニックにより異なります。料金表示は治療費のみの場合、診察代、針代、麻酔代、アフターケア代を含む場合・含まない場合など様々です。イセアクリニックの料金はすべて込みで以下の通りです。

    【下眼瞼脱脂】両目・275,000円/片目・165,000円(税込)

    【下眼瞼切開】両目・385,000円/片目・220,000円(税込)

    若くても目の下のたるみ整形の対象になりますか?

    答え

    加齢だけでなく、生まれつき目の下の脂肪が多い人はたるみやすいです。一度緩んでしまった眼窩隔膜・眼輪筋、また突出してしまった眼窩脂肪は少しずつ悪化してしまいます。一度無料カウンセリングにてご相談ください。

    まとめ

    今回は以下の内容について説明しました。

    ・目の下のたるみ取り整形とは

    ・下眼瞼脱脂(下眼瞼切開法)

    ・下眼瞼脱脂(経結膜脱脂)

    ・PRP(自己多血小板血漿)療法

    ・ヒアルロン酸注入

    ・目の下のたるみ取り整形の選び方

    目の下のたるみ取り整形の代表的な4種類と選び方を解説します。突出した眼窩脂肪を除去する下眼瞼脱脂(下眼瞼切開法・経結膜脱脂)、たるみの下の段差を埋めて影をカモフラージュするPRP(自己多血小板血漿)療法・ヒアルロン酸注入があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。治療を選ぶときは、手術や傷、半永久的な効果についてのお考えやご希望をもとに、医師に相談するとよいでしょう。仕上がりには医師の技術が影響するため、実績のあるクリニックがおすすめです。

    About the author
    About us

    美容外科・皮膚科
    東京イセアクリニックの
    目の下のたるみ取り専門サイトです。