切らない二重整形 埋没法

切らない二重整形 埋没法

埋没法とは、医療用の針と糸を使ってまぶたを固定し、二重にする方法です。
二重整形 埋没法

埋没法とは、糸でまぶたを固定し、
切らずに10分程度で
二重にする方法です。

こんな方にオススメ こんな方にオススメ

  • 二重にしたいが、メスを入れるのは抵抗がある
  • 短時間で手軽に二重にしたい
  • なるべく安く二重にしたい
  • ダウンタイムがあまり取れない
  • 自然な二重にしたい

埋没法とは

埋没法とは、メスを使わず、短時間で二重のラインを作る方法です。まぶたを医療用の糸で留めるだけなので、いずれ取れる可能性がありますが、切開法に比べてダウンタイムも少なく、手軽に自然な二重のラインを作ることができます。

二重整形の種類

二重整形には大きく分けて「埋没法」と「切開法」の2つがあり、患者様のご希望や、まぶたの状態によってお選びいただきます。

埋没法とは (切らない二重整形)

埋没法は、まぶたを糸で留める方法で、以下のような方におすすめです。

  • ・メスで切開することに抵抗がある
  • ・ダウンタイムをなるべく短く済ませたい
  • ・料金を抑えたい

切開法とは (メスで切る二重整形)

切開法は、まぶたにメスを入れて切開し、不要な脂肪や皮膚を除去して縫合する方法で、以下のような方におすすめです。

  • ・半永久に二重にしたい
  • ・幅の広い二重にしたい
  • ・埋没法で取れた経験がある

埋没法の種類

埋没法には大きく分けて「瞼板法(けんばんほう)」と「挙筋法(きょきんほう)」の2つあり、それぞれ糸を留める場所が異なります。
当院では、患者様のまぶたの状態を見て、どちらの方法が適しているか判断しています。

瞼板法(けんばんほう)

まぶたの皮膚と瞼板(けんばん)を連結させる方法です。

【メリット】

固定が強固
眼瞼下垂を起こす可能性が低い

【デメリット】

瞼板に糸をかけることにより、瞼板内の血管網が破壊され、酸素供給がなくなる可能性がある。

挙筋法(きょきんほう)

まぶたの皮下と眼瞼挙筋(がんけんきょきん)を連結させる方法です。

【メリット】

糸の結び目が埋もれにくい
まぶたの裏に糸が出ない

【デメリット】

筋肉のため柔らかく、不安定な固定になる
一時的な眼瞼下垂を引き起こす可能性がある

埋没法のメリット

  • ・約10分程度の手術で二重になれる
  • ・切開法に比べてダウンタイムが短い
  • ・傷跡が目立たない
  • ・やり直したり、元に戻すことができる

埋没法のデメリット

  • ・糸が取れて元に戻ってしまう可能性がある

埋没法の手術方法

埋没法の手術方法1

まずは二重の仕組みからご説明します。
こちらは目を閉じた状態のまぶたを横から見た時の様子です。
まぶたには眼瞼を補強する瞼板(けんばん)と、まぶたを引き上げる眼瞼挙筋(がんけんきょきん)があり、この2つを挙筋腱膜(きょきんけんまく)という組織が繋いでいます。

埋没法の手術方法2

こちらは目を開けた状態です。
目を開けると眼瞼挙筋が収縮し、瞼板が持ち上げられます。
この時、まぶたの皮膚が挙筋腱膜と連結していると皮膚が折りたたまれて二重まぶたになり、連結していないと皮膚が折りたたまれないため一重まぶたになります。

埋没法の手術方法3

埋没法では、人工的にまぶたの皮膚と瞼板を糸で留めることによって皮膚が折りたたまれ、二重まぶたになります。

埋没法の手術方法4

患者様のまぶたの厚さやご希望のデザインによって、糸の結び目の数が変わります。
イセアでは患者様お一人お一人に適した点数を一律料金でお留めいたします。

埋没法の症例写真

当院で埋没法の施術を受けられた患者様の施術前と、施術から1か月後の写真です。

  • 20代女性 薄くラインが残っているところで埋没を希望された患者様の、施術前と施術から3か月後の症例写真です。

    埋没症例写真1
    埋没症例写真1
  • 20代女性 普段アイプチで作っているラインより広い幅を希望された患者様の、施術前と施術から1か月後の症例写真です。

    埋没症例写真2
    埋没症例写真2
  • 20代女性 自然な二重幅を希望された患者様の、施術前と施術から1か月後の症例写真です。

    埋没症例写真3
    埋没症例写真3
    埋没法詳細説明 埋没法詳細説明

埋没法の症例動画

当院で埋没法の施術を受けられた患者様の経過をまとめた動画です。
腫れや内出血の出方には個人差がありますので、あくまでご参考程度にお考え下さい。

埋没法を受けた患者様の経過

埋没法と涙袋形成を受けた患者様の経過

埋没法のダウンタイム

ダウンタイムとは

人間の身体は手術を受けると必ず腫れるようにできています。
それは目元の整形手術でも同様で、人によって程度は違いますが、術後は必ず腫れ内出血痛みを伴います。
それらが落ち着き、通常通り日常生活が送れるようになるまでの期間を「ダウンタイム」と言います。
埋没法のダウンタイムは約1週間ですが、最終的に二重が完成するまでは約1か月かかります。
完成するまでは二重幅が安定せず、腫れているため「思っていたより幅が広い」と感じる方も少なくありません。

  • 手術時間 手術時間

    10分

  • ダウンタイム ダウンタイム

    1週間

  • 完成まで 完成まで

    1ヶ月

  • 術後の通院 術後の通院

    不要

※術後の経過によっては日数が前後する場合や、通院が必要になる場合もございます。

イセアの特徴 イセアの特徴

  • 完成後1ヶ月間二重幅変更無料! 完成後1ヶ月間二重幅変更無料!

    埋没法は手術から約1か月が経過すると二重が完成します。二重が完成してから「もう少し幅を広げたい」などご希望がございましたら、1か月以内は無料で再手術をいたします。

  • 何点留めでも一律料金! 何点留めでも一律料金!

    埋没法は、患者様のまぶたの状態やご希望のデザインによって「2点留め」や「3点留め」など留める糸の数が変わります。留める糸の数に応じて料金が変動するクリニックもありますが、イセアでは患者様1人1人のまぶたに適した点数を一律料金でお留めいたします。

  • 術後3年間同一幅での再手術無料! 術後3年間同一幅での再手術無料!

    埋没法は、まぶたが厚い方やまぶたに刺激が加えられた場合、取れる可能性があります。そのため、イセアでは3年保証つきプランをご用意しております。3年保証つきプランをお選びいただいた方には、3年間同一の二重幅に限り無料で再手術をいたします。「取れるのが心配」という方には3年保証つきプランがおすすめです。

イセアの取り組み

イセアではダウンタイムをなるべく短くするために、以下の4つの取り組みをしております。
術後、患者様がダウンタイムに悩まず快適に過ごせるよう、努力を惜しまず日々研究を重ねています。

  • 笑気麻酔

    細い糸による施術

    イセアでは、2種類の糸をご用意しております。糸が取れることが心配な方には通常の糸を、腫れが心配な方にはより細い糸をおすすめしております。それぞれのメリットとデメリットをきちんとご説明し、ご理解いただいた上でお選びいただけます。

  • 針の比較

    細い注射針の使用

    太い針を使用するとその分痛みが伴い、目元にギュッと力が入ってしまうことがあります。イセアでは34Gという細さの注射針を使用することで目元の力みを和らげると共に、内出血の軽減を目指しております。

  • クーリング

    術前のクーリング

    術後の内出血を抑えるため、手術前にまぶたを冷却して毛細血管を収縮させています。

  • 痛み止め

    痛み止めの処方

    術後に痛み止めをお渡ししております。(痛み止め代は手術料金の中に含まれております)

埋没法の痛み

イセアの埋没法では表面麻酔・局所麻酔・笑気麻酔の3つの麻酔と、術後にお渡しする痛み止めをご用意しております。

術前の痛み 術前の痛み

まぶたに局所麻酔の注射の針を刺す際にチクッとした痛みがあります

表面麻酔

局所麻酔の痛みを和らげる

表面麻酔

局所麻酔の注射針を刺す時の痛みを軽減するために使用する麻酔です。施術の前に目薬タイプの表面麻酔を点眼します。

笑気麻酔

手術の恐怖心を和らげる

笑気麻酔

ご希望の方には、別料金で笑気麻酔をお付けすることができます。笑気ガスを吸っている間は酔っぱらっているようなふわふわした感覚になり、恐怖感や痛みがまぎれる効果が期待できます。笑気麻酔は喘息を誘発する可能性があるため、ご希望の場合は過去の疾患など、予め担当スタッフにご相談ください。

術中の痛み 術中の痛み

局所麻酔が効いている間は痛みがありません。

局所麻酔

術中の痛みを取り除く

局所麻酔

手術中の痛みを感じないようにするため、まぶたの表と裏に局所麻酔の注射をします。注射針を刺す際に強く痛みを感じる方もいらっしゃいますが、局所麻酔が効くと手術中は全く痛みを感じることはありません。当院では局所麻酔の痛みを和らげるため、34Gという細さの注射針を使用しております。

術後の痛み 術後の痛み

術後2~3時間後に麻酔が切れ、鈍痛がする場合があります

痛み止め

術後の鈍痛を和らげる

痛み止めの処方

術後に痛み止めをお渡ししております。

埋没法の手術の流れ

  • 洗顔

    洗顔

    まず初めにメイクを落としていただきます。クレンジング、洗顔料はクリニックでご用意しております。

  • 写真撮影

    写真撮影

    カルテに保存するため、術前に写真撮影を行います。撮影した写真はカルテに保存する以外の用途では使用いたしません。(モニターの方を除く)

  • マーキング

    マーキング

    術前に改めてデザインを確認した上で、マーキングを行います。

  • 表面麻酔

    表面麻酔

    目薬タイプの表面麻酔を点眼します。

  • 局所麻酔

    局所麻酔

    まぶたの表と裏に局所麻酔の注射を打ちます。

  • 消毒

    消毒

    目元を消毒します。

  • 施術

    施術

    医療用の針と糸でまぶたを数か所留めます。手術時間は麻酔を除いて約10分程度です。

  • アフターケア

    アフターケア

    術後はパウダールームにてお帰りのご準備をしていただきます。パウダールームにはブラシ・ドライヤーをご用意しております。(メイクは翌日までお控え下さい。)

術後の生活

術後の生活については下記をご参考になさってください。
ただし、こちらはあくまで目安ですので、術後の経過によって日数が前後することがございます。予めご了承ください。

  • メイク メイク

    メイク

    翌日からOK

  • 洗顔 洗顔

    洗顔

    翌日からOK

  • シャワー シャワー

    シャワー

    翌日からOK

  • 入浴 入浴

    入浴

    翌日からOK

    ※長時間の入浴は避けて下さい

  • スキンケア スキンケア

    スキンケア

    翌日からOK

  • コンタクト コンタクト

    コンタクト

    翌日からOK

  • まつエク まつエク

    まつエク

    1ヶ月後からOK

  • 目薬 目薬

    目薬

    翌日からOK

  • 飲酒 飲酒

    飲酒

    翌日からOK

  • 運動 運動

    運動

    翌日からOK

埋没法のカウンセリング

イセアでは実際に施術を受ける前に、ドクターがしっかりとお話を伺い、入念にシミュレーションを行います。
どんな仕上がりになるのか、患者様とドクターのイメージにズレが無いようしっかりと共有し、
ご納得いただいた上で施術を行いますのでご安心ください。

何でも聞けるカウンセリング

何でも聞けるカウンセリング

イセアでは、「ドクターが怖くて聞きたいことが聞けなかった」「カウンセリングが淡々としていた」ということがないよう、お話ししやすい環境づくりと丁寧なカウンセリングを心掛けております。不安なこと、疑問に思ったこと、何でもお聞きください。また、ドクターの診察とは別にカウンセラーがお話を伺う時間も設けております。ドクターに聞きそびれたことや聞きにくいことがございましたら、カウンセラーにお伝えください。カウンセリングは無料です。ご納得いただけるまで何度でもお応えいたします。

二重のシミュレーション

ご自身の目で
直接シミュレーションします

ブジーと呼ばれる専用の細い棒をまぶたに当て、鏡を見ていただきながらご希望の二重ラインを再現します。「もう少し幅を広く」「もう少し幅を狭く」など、患者様のイメージをお伝えください。

イセアのドクター

日本形成外科学会認定 専門医、日本美容外科学会(JSAS)認定 専門医、日本美容外科学会(JSAPS)会員 吉種克之

東京イセアクリニック総院長

吉種克之

日本形成外科学会認定 専門医

日本美容外科学会(JSAS)認定 専門医

日本美容外科学会(JSAPS)会員

日本形成外科学会認定 専門医、日本美容外科学会(JSAPS)会員 立雅恵

形成外科医

立雅恵

日本形成外科学会認定 専門医

日本美容外科学会(JSAPS)会員

埋没法の料金

万が一糸が外れた場合の再手術無料保証がついていないプランです。

両目

¥69,000

(税込)

片目:¥39,000

麻酔費 痛み止め費 二重幅変更
(1か月以内)
再手術保証
(3年間)

学生プランを利用した場合

両目

¥59,000

(税込)

片目:¥34,000

モニタープラン(最大20%OFF)を利用した場合

両目

¥55,200

(税込)

片目:¥31,200

医療ローンを利用した場合

支払回数

万が一糸が外れた場合、3年間無料で再手術する保証がついたプランです。

両目

¥80,000

(税込)

片目:¥45,000

麻酔費 痛み止め費 二重幅変更
(1か月以内)
再手術保証
(3年間)

学生プランを利用した場合

両目

¥70,000

(税込)

片目:¥40,000

モニタープラン(最大20%OFF)を利用した場合

両目

¥64,000

(税込)

片目:¥36,000

医療ローンを利用した場合

支払回数

通常の埋没法より更に取れにくく、万が一糸が外れた場合も3年間無料で再手術する保証がついたスペシャルプランです。

両目

¥120,000

(税込)

片目:¥67,000

麻酔費 痛み止め費 二重幅変更
(1か月以内)
再手術保証
(3年間)

通常の埋没法とココが違います

埋没法ダブルは、通常の埋没法で留める糸を補強するように留めるため、固定力が強く、厚いまぶたでもしっかり留められる方法です。
さらに、取れにくいだけでなく、万が一取れてしまった場合も3年間無料で再手術ができる保証をお付けいたします。
戻ってしまうのが心配な方、まぶたの厚い方、埋没法をしたけど元に戻ってしまった方などにおすすめの方法です。

埋没法ダブル

学生プランを利用した場合

両目

¥110,000

(税込)

片目:¥62,000

モニタープラン(最大20%OFF)を利用した場合

両目

¥96,000

(税込)

片目:¥53,600

医療ローンを利用した場合

支払回数

埋没法の保証

二重幅の変更保証

二重幅の変更保証

埋没法の手術を受けた患者様の中には、「カウンセリングの時はこの二重幅でいいと思ったけど、実際やってみたらもっと広い方が良かったかも…」など、手術後に二重の幅を変更したいと思われる方もいらっしゃいます。
イセアでは、埋没法の手術を受けるのが初めての方に限り、術後1か月が経過してから1か月以内であれば、二重幅変更の再手術が可能です。
埋没法は完成までに約1か月かかります。完成するまでは二重幅が安定せず、腫れているため「思っていたより幅が広い」と感じる方も少なくありません。術後の腫れが落ち着き、完成してからじっくりお考えください。

保証期間 術後1か月が経過してから1か月以内
保証対象 埋没法の手術が初めての方
二重幅 変更可能

保証対象施術

  • 埋没法(保証なし)
  • 埋没法(3年保証つき)
  • 埋没法ダブル(3年保証つき)

糸が取れた場合の再手術保証

糸が取れた場合の再手術保証

埋没法はいずれ取れる可能性のある手術です。
イセアでは、万が一外れてしまった場合、同一ラインのみ3年間無料で再手術できる「3年保証つき」のプランをご用意しております。
ご不安な場合は3年保証つきプランをおすすめいたしますが、不要の場合は保証なしプランもご用意しております。

保証期間 術後3年間
保証対象 3年保証つきプランをご契約の方
二重幅 最初の手術と同一ラインのみ対応

保証対象施術

  • 埋没法(3年保証つき)
  • 埋没法ダブル(3年保証つき)

よくある質問 よくある質問

以前切開法で二重にしたのですが、埋没法で修正することはできますか。

一度切開をされている方でも、埋没法での修正は可能です。ただし、まぶたの状態によっては難しい場合もございますので一度カウンセリングにお越しください。

埋没法で、二重ではなく奥二重にすることはできますか。

可能です。ご希望のラインを担当医にお伝えください。

数年前に他院で二重埋没法手術を受けました。再度埋没法を受けたいと考えていますが、昔の糸を取り除くのでしょうか。

まぶたに残った糸は除去の必要がない場合もございますが、抜去する必要がある場合は別途料金が発生いたします。

埋没法はどれくらい持ちますか?

埋没法の持続期間はお一人お一人異なります。

埋没法の糸を外したら元のまぶたに戻りますか?

術後2か月以内に糸を外せば、ほぼ元のまぶたに戻ります。
2か月以上経過している場合、瘢痕(はんこん)という組織によって皮膚が癒着し、ラインが残ることがあります。

埋没法をしたことによって二重の癖がつくことはありますか?

埋没法の手術から2か月以上が経過して糸が取れた場合、組織が癒着してまぶたに薄いシワが残ったり、完全に元のまぶたに戻らないことはあります。
埋没法の糸が取れると、徐々に二重のラインが薄くなり、元のまぶたの状態に戻っていくため、糸が取れる前と同じ二重のラインをそのまま維持することは難しいでしょう。

埋没法が取れた気がします。取れかけの場合どのような状態になりますか?どうしたらいいでしょうか?

埋没法の糸が取れたり緩んだりした場合、ある日突然二重のラインが消えるというより、徐々に二重のラインが薄くなったり、日によって二重幅が安定しなくなります。
糸が取れたり緩んだ状態から二重のラインが元に戻ることはありませんので、二重のラインを維持させたいのであれば再度手術を受けていただく必要があります。
まぶたに糸が残っていても問題はありませんので、再手術を希望しない場合はそのままにしておいて大丈夫です。

二重整形で取れない方法はありますか?

埋没法は糸で留める方法のため、糸が緩んだり取れたりすると二重のラインが薄くなったり取れる可能性があります。
より取れにくい埋没法をご希望の場合は「埋没法ダブル」をおすすめしております。埋没法ダブルは、通常の埋没法で留める糸を補強する形で留めるため、固定力が強いのが特徴です。

埋没法より取れにくい方法を希望されるのであれば、切開法をおすすめいたします。 小切開法について詳しくはコチラ>
全切開法について詳しくはコチラ>

二重整形で「絶対に取れない」と言い切ることはできませんが、当院では患者様のまぶたに適した方法をご提案いたしますので、カウンセリングにてご相談ください。 無料カウンセリング予約はコチラ>

埋没法をしたら幅が広すぎてしまい後悔しています。やり直すしかないのでしょうか?

埋没法の手術から1か月未満であれば、まだ幅が狭まる可能性があるので様子を見ましょう。埋没法は完成するまでに約1か月がかかり、それまでは腫れを繰り返すため、二重幅が想定より広くなったり、日によって二重幅が異なる場合があります。
術後1か月以降であれば、大きな幅の変化はほとんどありませんので、幅を変えたいのであれば再度手術が必要です。再手術をする場合は、術後1か月以降2か月以内をおすすめします。

埋没法の手術を受けたことがバレたくありません。何かごまかし方はありますか?

埋没法の手術を受ける際は、無理をして二重幅を広くしすぎると、腫れやすく不自然に見えやすくなるため、ご自身に合った幅を選ぶことが大切です。
術後は翌日からメイクが可能なため、メイクでごまかしていただくか、腫れが引くまで眼鏡をかける方もいらっしゃいます。
また、当院では片目ずつ埋没法の手術を行うことも可能ですので、腫れが落ち着くまで片目ずつ眼帯をしていただくなどの方法もございます。カウンセリング時にご相談ください。

埋没法の手術後はどれくらい腫れますか?ピークはいつ頃ですか?どんな経過になるか知りたいです。

患者様の体質等により、腫れ方に個人差はありますが、泣いた後のように目元がむくみ、想定よりも二重幅が広く感じたり、二重幅に大きく左右差を感じたりすることがあります。
術後2~3日が腫れのピークであり、そこから徐々に落ち着いていきます。1週間程度である程度の腫れは落ち着きますが、1週間後以降も腫れを繰り返すため、二重幅が安定するのは術後約1か月が経過した頃です。
当院では、術後の経過の症例写真を多数掲載しておりますので、ご参考になさってください。 埋没法の症例写真はこちら>

埋没法の手術を受けた後、腫れがひどく、なかなか引かないのですが、早く治す方法はありますか?

術後2~3日は氷や保冷剤を清潔なタオル等でくるみ、目元を冷やしてください。ただし、冷やしすぎると凍傷になったり、組織の回復が遅れることもありますので、1回につき10分程度に留めてください。
また、血流が良くなると腫れやすくなるため、血流が良くなる行為(入浴、飲酒、運動等)は控えましょう。
頭の位置を心臓より高くすることを心がけ、起きている時は椅子に座ったり、寝る時も枕の位置を高くしましょう。

埋没法の手術を受けた後、二重が落ち着くまではどれくらいかかりますか?食い込みがいつまで続くのか気になります。

二重が落ち着くまでは約1か月かかります。
腫れや内出血が目立つのは1週間程度ですが、その後も腫れを繰り返すため、食い込みが気になったり二重幅が日によって変わることがあります。
そういった状態が落ち着き、二重幅が安定するまでは約1か月かかります。

埋没法の手術を受けた後、感染症が起きるとどのような症状になりますか?

埋没糸を結んだ部分に細菌がつくと、ものもらいのように糸付近が赤く隆起し、痛みを感じることがあります。
抗生剤を服用していただいても改善が見られないようであれば、糸の抜去が必要ですのでクリニックにご連絡ください。

埋没法の手術はどれくらい痛いですか?どんな痛みですか?

埋没法は手術の前にまぶたの裏と表に局所麻酔の注射を打ちます。
局所麻酔はチクッとした痛みを感じることがありますが、当院では局所麻酔前にクーリングを行い、極細の注射針を使用しておりますので、「我慢できる程度の痛みだった」と答える方がほとんどです。
局所麻酔の痛みが心配な方には、鼻からガスを吸い込んでリラックスできる笑気麻酔をお付けすることをおすすめしています。
局所麻酔が効いてくると手術中は一切痛みを感じなくなります。

埋没法の抜糸で失敗することはありますか?

埋没法の糸は、下記のような理由により糸が取り切れない場合があります。
・埋没法の執刀医ではない医師が抜糸を担当した場合、どこに糸があるのか把握しづらい
・前の手術から年月が経過している場合、糸が見つけにくい
・埋没糸の色が抜けて透明になっている場合、糸が見つけにくい

また、糸を取り切れた場合であっても、前の手術から年月が経過している場合、組織が癒着し二重のラインが完全に消えない場合があります。
手術から2か月以内に抜去するのであれば、ほぼ元の状態に戻るでしょう。

埋没法の手術はどれくらい内出血が出ますか?

内出血の出方には個人差がありますが、内出血が出た場合、二重のライン上や二重幅に出る方が多いです。内出血が出た場合、目立たなくなるまでには1~2週間程度かかります。埋没法の場合は翌日からメイクが可能ですので、内出血が出た部分をアイシャドウやコンシーラー等で隠すことが可能です。
内出血をなるべく出さない対策として、手術時に目元に力を入れないよう笑気麻酔でリラックスしていただいたり、手術後に術後回復促進剤の服用をおすすめしております。詳しくはカウンセリング時にお気軽にお尋ねください。

  • 男性の患者様にもご来院いただいております。 男性の患者様にもご来院いただいております。
    男性の患者様にも
    ご来院いただいております。
  • カウンセリングはご家族やご友人に同席していただくことも可能です。 カウンセリングはご家族やご友人に同席していただくことも可能です。
    カウンセリングはご家族やご友人に
    同席していただくことも可能です。

0120-963-866

※上記タップでお電話がかけられます

受付時間:11:00~20:00

電話 0120-963-866 カウンセリング
TOPに戻る