埋没法・二重整形の痛み

埋没法・二重整形の
痛み

当院では、埋没法や
二重整形をはじめとした
目の整形手術の「痛み」の
対策をしています。

目の整形の手術の痛み

埋没法や二重整形をはじめとした目の整形では、「手術が痛そう」「どんな痛みがあるのか不安」という声が多く見受けられます。目の整形の手術の際にどのような痛みがあるのか、当院が痛みに対してどのような対策を取っているかご説明していきます。

●局所麻酔をすれば手術中は完全に無痛です

「手術中はずっと痛いのではないか」という誤解をされることもありますが、手術の前に局所麻酔を行うため、手術中は完全に無痛です。
局所麻酔とは、部分的に痛みを感じないようにする麻酔のことです。埋没法や切開法といった二重整形の手術では、まぶたに局所麻酔の注射を打ちます。二重整形以外の目の整形手術においても、目頭切開であれば目頭、目尻切開であれば目尻など、必要な箇所に局所麻酔の注射を打ちます。
局所麻酔が効いてくると、まぶたを引っ張られている・押されているなどの感覚はありますが、痛みの感覚がなくなるため、無痛状態で手術を受けることができます。

局所麻酔の注射の痛みは
どれくらい?

局所麻酔は注射で行うため、注射の針を刺すときにチクッとした痛みを感じる場合があります。痛みの感じ方には個人差があり、例えば、予防接種や歯の治療での局所麻酔の痛みのように、チクッと感じる方もいれば、全く痛みを感じなかったという方もいらっしゃいます。
しかし、当院ではこれまで「局所麻酔が痛みに耐えられず手術ができなかった」という患者様はいらっしゃらないため、耐えられないほどの痛みではないといえるでしょう。

●当院には局所麻酔の痛みを緩和する方法があります

前述のように、局所麻酔の痛みは耐えられないほどの痛みではありませんが、当院では局所麻酔の痛みをできる限り緩和できるように、以下の取り組みをしております。

表面麻酔

痛みへの取り組み1

痛みへの取り組み1

表面麻酔

局所麻酔の注射を打つ際、目元に触れられると抵抗感を感じることがあります。事前に目薬タイプの表面麻酔をすることで、局所麻酔を打つ際の抵抗感を軽減することが期待できます。

細い注射針

痛みへの取り組み2

痛みへの取り組み2

細い注射針

局所麻酔の注射針は太ければ太いほど痛みを伴うため、イセアの目元の局所麻酔では34Gという極細の注射針を使用しています。34Gの直径は約0.18mmであり、一般的なシャープペンの芯よりも細い針です。細い注射針には、痛みの軽減だけでなく、内出血を抑えるという目的もあります。

笑気麻酔

痛みへの取り組み3

痛みへの取り組み3

笑気麻酔

「局所麻酔の注射が怖い」という恐怖感を感じられる方には笑気麻酔をおすすめしています。(¥3,000/税別)
笑気麻酔とは、鼻から笑気ガス(亜酸化窒素)を吸い込む麻酔です。笑気麻酔を吸っている間は酔っぱらっているような感覚になり、痛みや恐怖感を和らげることが期待できます。
笑気麻酔をご希望の方はカウンセリング時にご相談ください。

術前のクーリング

痛みへの取り組み4

痛みへの取り組み4

術前のクーリング

術前に目元に保冷剤を当て、クーリングを行います。目元を冷やすことによって痛みを感じづらくします。

目の整形で全身麻酔を
使わない理由

稀に、「手術が怖いから、全身麻酔で意識がない間に手術を終わらせて欲しい」とご希望の方がいらっしゃいます。しかし、目の整形では基本的に全身麻酔は使用いたしません。目の整形では、手術後に目を開けたり閉じたりしていただき、問題なく動かせるか、二重幅は適切か等を医師が確認する必要があります。全身麻酔で意識を失った状態ではこのような確認ができないため、目の整形においては、意識を保ったまま手術を受けることができる局所麻酔が適しています。
二重整形と全身麻酔について詳しくは下記をご覧ください。

二重整形と全身麻酔について

目の整形の術後の痛み

埋没法や二重整形をはじめとした目の整形では、術後2~3時間が経過すると局所麻酔の効果が切れて、ジンジンとした鈍痛を感じるようになります。術後の痛みは必ず起こり得ることなので、痛みが出ても心配をする必要はありません。術後の痛みが出た場合の対処法についてご説明していきます。

●当院では無料で痛み止めを処方しております。
痛み止め

当院では術後に無料で痛み止めをお渡ししております。麻酔が切れて痛みを感じるようであれば服用してください。気にならない程度の痛みであれば、無理に服用する必要はありません。

●冷やすことで痛みを軽減することができます。
氷のう

痛み止めを飲んでも痛みが気になる場合や、痛み止めを飲むほどではないが多少痛みがあるといった場合には、冷やすことで痛みを軽減することができます。冷やす場合は、保冷剤や氷嚢(ひょうのう:袋に氷水を入れたもの)等を清潔な布やガーゼで包み、優しく目元を冷やすようにしてください。
1回数分程度、起きている間はできるだけこまめに冷やすことで、腫れや内出血を軽減する効果も期待できます。「冷やしすぎて痛い」と感じる場合は冷やしすぎですので、気持ちの良い程度の冷たさで冷やすようにしましょう。

手術後の痛みはいつまで続く?

術後の痛みは長くても1週間程度で治まります。
術後の痛みがいつまで続くかにも個人差はありますので、1日で痛みが引く方もいれば、1週間続く方もいらっしゃいます。なるべく目元は触らないようにしお過ごしください。洗顔等で目元を触る際は優しく触るように心がけましょう。
もし、1週間以上経過しても痛みが続くようであれば、クリニックにご相談ください。

痛みの不安は
カウンセリングにて
ご相談ください

ダウンタイムの症状や経過について、ご不安なことはカウンセリングにてご相談ください。
当院のカウンセリングは何度でも無料ですのでお気軽にご予約ください。

目元の整形診療メニュー

イセアが選ばれる
6つの理由

電話 0120-963-866 カウンセリング
TOPに戻る