たれ目形成【症例No.211】 - 症例写真

埋没法・二重整形の症例写真

  • 絞り込み検索
  • 経過写真
  • 性別から選ぶ

経過写真

性別から選ぶ

症例写真

メイクなし

Before たれ目形成【症例No.211】
After たれ目形成【症例No.211】

吉種Drのコメント

以前他院で二重の全切開法、目頭切開の施術を受けられている患者様です。以前、他院で皮膚の内側からのたれ目形成の施術も受けられたとのことでしたが、変化が感じられなかったため、再度たれ目形成をご希望されました。当院のたれ目形成は皮膚の外側から行うことをご説明し、傷跡が残ることもご了承いただいた上で施術を行いました。
手術では、目尻の下側を切開して下制筋(かせいきん)を縫い縮め、余分な皮膚を切除しました。

たれ目形成【症例No.211】
たれ目形成【症例No.211】

経過写真

  • 術前

    たれ目形成【症例No.211】

    たれ目形成の施術前の状態です。

  • 術直後

    たれ目形成【症例No.211】

    たれ目形成の施術直後の写真です。腫れや内出血が見られます。目尻の下に1週間程度糸がついたままの状態となります。鼻のオペも同時に行ったため、肌色のテープが貼ってあります。

  • 1週間後

    たれ目形成【症例No.211】

    目尻の抜糸を行いました。腫れ・内出血が見られますが、徐々に落ち着いていきます。摩擦や日焼けには注意が必要です。

  • 1か月後

    たれ目形成【症例No.211】

    約1か月が経過しました。まだ多少赤みがありますが、創部はきれいな状態です。

  • 3か月後

    たれ目形成【症例No.211】

    手術から3か月が経過しました。まだ多少赤みが残っていますので、今後も日焼けには注意が必要です。術前の写真と比べると、目尻側の縦幅が広がったことがわかります。

電話 0120-963-866 カウンセリング
TOPに戻る