埋没法・二重整形の基礎知識

埋没法

2019.09.11

埋没法は修正することができる! 修正について徹底解説

埋没法 修正

埋没法は修正することが可能です。
以下では、埋没法の修正方法や修正に伴うリスクについてご説明いたします。

1 埋没法の修正方法

埋没法は「二重幅の変更」・「二重の左右差」・「二重ラインのガタつき」・「埋没法の食い込み跡」の修正が可能です。
以下では、それぞれの修正方法についてご説明いたします。

1-1 二重幅を変更する場合

埋没法の二重幅は手術1か月後から変更することができます。以下では、二重幅を広くする場合と、二重幅を狭くする場合についてご説明いたします。

二重幅を広くする場合

二重幅を広くする場合には、抜糸(埋没法の糸を取り除くこと)をせずに修正ができます。まぶたに糸を追加して留めることで、二重幅を広げることができます。埋没法の手術と同じ流れで、医師と二重幅をどれくらい広げるかカウンセリングをし、手術を行います。

二重幅を狭くする場合

二重幅を狭くする場合には、抜糸が必要になります。まぶたに糸がある状態で、新しく糸を留め直しても、広いラインが強調されるので、二重幅を狭くすることができません。抜糸を行う場合は、まぶたの表面を2mm程度切開し、そこから糸を取り出します。

抜糸

抜糸直後は、穴が赤い点になりますが、抜糸後二日程度で穴は塞がり、メイクで隠すことができます。スムーズに抜糸が終了すれば、傷跡は1か月程度でほとんどわからなくなります。しかし、糸が見つけにくく時間がかかる場合は、切開の範囲を広げ抜糸を行うため、色素沈着を起こし、小さいシミのような傷が残る場合があります。予めご了承下さい。

1-2 二重の左右差を修正したい場合

埋没法の修正は片目だけでも修正が可能です。片目だけの修正する場合は、修正が必要ない方のまぶたに合わせて修正致します。埋没法が完成するまでの1か月間は、腫れの影響で左右差が出ている可能性があります。埋没法が完成し、腫れが引いてから修正が必要か判断しましょう。埋没法完成後に、二重に左右差があり気になる方は、ご相談下さい。

1-3 二重ラインがガタついている場合

二重ラインがガタついている場合の修正には、抜糸が必要な場合と、必要でない場合があります。二重ラインがガタついている原因は、埋没法の糸を留めている位置にズレがあるからです。綺麗なラインにするには糸の留める位置を揃える必要があります。幅を狭く留めている位置に揃える場合は抜糸が必要になります。

幅の狭い修正

幅を広く留めている位置に揃える場合には抜糸は必要ありません。

幅の広い修正

1-4 埋没法の食い込み跡が目立つ場合

埋没法の食い込み跡が目立つ場合の修正には、抜糸が必要になります。
1-1で説明した「二重幅を狭く修正する場合」と同様に抜糸を行い、新しく糸を留め直します。

2 埋没法の手術1か月後から修正可能

埋没法の修正は、埋没法の手術1か月後、埋没法が完成してから可能です。
手術後1か月以内は埋没法がまだ完成しておらず、まぶたに腫れや内出血が残っているため修正の正確なシミュレーションができません。そのため、埋没法を修正する場合は、埋没法の手術から1か月が経過してからにしましょう。
しかし、手術後1か月以内で、まぶたから糸が出ている、手術から1週間経っても腫れが全く引かない、などといった症状が出ている場合には、早急にクリニックにご相談ください。

3 修正は他のクリニックでも可能

埋没法の修正は、埋没法を行ったクリニック以外でも行うことができます。当院も、他のクリニックで埋没法を行った患者様の修正を行っています。
埋没法をしたクリニック以外で修正をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

4 埋没法の修正価格

埋没法の修正には費用がかかります。以下では当院の修正価格を例にご説明いたします。

4-1 修正に抜糸が必要ない場合の価格

埋没法の修正に抜糸が必要ない場合は、通常の埋没法の価格になります。

 【価格表

  両目 片目
埋没法ベーシック   保証なし ¥63,800 ¥35,800
埋没法ベーシック   1年保証あり ¥90,700 ¥51,800
埋没法ダブル     5年保証あり ¥123,800 ¥68,800
埋没法プレミアム   5年保証あり¥159,800¥86,800

※価格はすべて税抜です。

当院の埋没法は手術後保証期間以内なら、同一の二重幅に限り、再手術無料の保証をお付けできます。埋没法ダブルとは一般的な埋没法ベーシックに比べて取れにくい方法の施術です。
埋没法プレミアムとは、埋没法ダブルより取れづらく、よりはっきりとした二重のラインを作ることが可能な施術です。

4-2 修正に抜糸が必要な場合の価格

埋没法の修正に抜糸が必要な場合は、留めている糸の点数により価格が異なります。他のクリニックで埋没法を行い、当院で修正を行う場合の価格についても下記でご説明いたします。

【価格表】

埋没法抜糸去(当院施術)1点につき ¥19,800
埋没法抜糸去(他院施術)1点につき ¥29,800

※価格はすべて税抜です。

抜糸が必要な場合の修正には、抜糸去料金と通常料金の両方が必要になります。
他院で2点留めの埋没法を行い、当院で修正を行う場合を例に挙げてご説明いたします。

 【価格例】

計算表

料金がご不明な場合にはお気軽にご相談ください。

5 修正のダウンタイムについて

埋没法の修正にはダウンタイムがあり、ダウンタイム中は内出血・腫れ・痛みといった症状があります。ダウンタイムの長さは、抜糸の有無によって異なります。抜糸が不要な場合は、埋没法の修正手術の後に1週間程度のダウンタイムで二重が完成します。
しかし、抜糸が必要な場合は、抜糸後のダウンタイムが落ち着いてから修正手術を行うため、抜糸後のダウンタイムが1週間程度、埋没法の修正手術後のダウンタイムが1週間程度必要になるため、抜糸が不要な場合に比べ長くなります。

6 修正するリスクについて

埋没法を修正する場合にはリスクがあります。
以下では修正のリスクについてご説明いたします。

6-1 癒着により抜糸が困難になる  

(※癒着とは本来離れている組織同士がくっつくこと)

埋没法の修正に抜糸が必要な場合、埋没法の手術から2か月以上の期間が経過していると、抜糸してもまぶた内の組織が癒着しており、元の状態に戻らない場合があるので、二重幅を狭く修正したい方は早めにご相談ください。
手術から2か月以内に抜糸を行えば、100%近く元の状態に戻すことができます。

6-2 糸によるアレルギー反応が出る

糸は人体にとって、異物ですので200~300人に1人アレルギー反応が起こる可能性があります。アレルギー反応が起きた場合、埋没法の部分にニキビのような症状が出ます。そのような症状が出た場合は抜糸が必要になりますので、クリニックに行き抜糸を行ってもらいましょう。

6-3 眠たそうな印象の目になる

埋没法の二重幅を修正する場合、幅を広くしすぎると眠たそうな印象の目になります。修正で、二重幅を広くする場合には、幅を広げすぎないように行いましょう。

7 まとめ

この記事では以下についてご説明いたしました。

・埋没法の修正方法
・埋没法の手術1か月後から修正可能
・修正は他のクリニックでも可能
・埋没法の修正価格
・修正のダウンタイムについて
・修正するリスクについて

埋没法の修正は、埋没法の手術1か月後に、本当に修正が必要か判断してから行いましょう。


この記事の監修

東京イセアクリニック総院長

吉種 克之

  • 昭和61年

    東京医科大学 卒 昭和大学形成外科 入局
    外科、整形外科、麻酔科 研修後 大学関連病院にて
    形成外科、美容外科 研修

  • 平成7年

    神奈川クリニック勤務 理事、指導医、診察部長 歴任

  • 平成22年

    東京イセアクリニック 診療部長

  • 平成23年

    東京イセアクリニック 渋谷院院長就任

  • 平成27年

    東京イセアクリニック総院長就任 銀座院院長と兼務

関連記事

電話 0120-963-866 カウンセリング
TOPに戻る